挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドスケープ・アゲート 作者:紅亜真探

【二】 逃亡 -ユウの過去編-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

64/236

ビジョン

 メーテル神殿、ディアナ大祭主は当年十八歳。
 月女神の神光をその身に宿したといわれる、白髪の聖乙女である。
 顔は青ざめ、乾いた唇はひび割れていたが、意志の強い紫の瞳は、しっかりとした輝きを持って、ユウを見つめている。
 大人びた容姿からつむぎ出された、
「ハイゼンベルグ将軍」
 あどけなさを残した声に、ユウは、少し驚いた。

「この方は?」
「は。彼は……メイサ神殿、ヒュー・カウフマン准神官。猊下をお助けするために、協力を頼みました。ご安心ください、信用できる男です」
「そうでしたか、メイサの……。私のために、世話をかけます」
「いえ、とんでもありません」
 頭を下げる大祭主に恐縮し、クローゼ同様ひざまずいたユウも、大祭主への当然の礼として、手を取った。
 すると、
「あ、だ、駄目だ、ユウ!」
「え……?」
「あ……!」
 細く、可憐な大祭主の身体がぴくりと跳ね、大きくのけぞったのである。

「だ、大祭主様……?」
 固く伏せられた目蓋が痙攣し、左手が、蚊を払うように振り回される。
 強烈な力でつかまれているのは、ユウの手ではない。
 N・Sカラスが収められた、指輪。
「大祭主様……!」
「ふれるな!」
 手を伸ばしかけたユウを、クローゼが制した。
「過去か、未来か。君の、その指輪にまつわる、なにかを見ておられるのだ」
「なに……?」
 手のひらを通し、千里の先も、万象の真理をも見通すという、異能の力。
 世間には公表されていないが、この力こそが、歳若いディアナを大祭主たらしめたのだ。
「普段は封印のため、常に手袋をされているのだが……」
 それは今、テーブルの上にある。
 水差しと、水を張った洗面器が置かれているところを見ると、顔でも洗っていたのだろう。
「どうすれば」
「今は、落ち着かれるのを待つしかない」
 ユウは戸惑いながらも、うなずくしかなかった。
 そうして、いくばくかの、緊張の時間が流れ……。
 ディアナは突然、胸元を苦しげにつかみ、
「ぁ、う……!」
 ゆらり、揺らめいた。
「大祭主様!」
 倒れこんできた身体を、ユウは、胸へと抱き止める。
 見開かれた目が虚空を泳ぎ、焦点を定めるまでには、また、しばらくかかった。

「……あ……」
 ようやく我を取り戻したディアナの額には、汗が光っている。
 荒い息遣いで、指輪から右手を離し、
「ごめん、なさい……」
「いえ……」
「……手袋を……」
 ディアナはクローゼから手袋を受け取り、指を通した。
「大祭主様、なにが……」
 見えたのか、と、尋ねかけた言葉を呑みこんだのは、腕の中のディアナが、ユウの唇をふさぐように、手をかざしたからだ。
 見つめ合う視線の内で、ディアナが、N・Sに関するなにかを見たらしいことを、ユウは直感した。
 そのときである。
「見張りがいねぇ!」
 ドアの外で、何者かが叫んだ。

 戸板が叩かれ、ガチャガチャとドアノブが揺れる。
「鍵ぁかかってる!」
「中、確かめろ!」
「お頭に鍵借りて来い!他の連中も起こせよ!」
 会話を拾っただけでも、声の主は六人。
 その内ひとりが、ヒッポの元へ走ったようだ。
「くそっ……!すまない。俺がもっと、気をつけていればよかった」
 ユウは無駄にした時間を悔やみ、舌打ちした。
「いいえ、私の不注意です。手袋さえしていれば……」
「猊下、責任の所在は後にしましょう。まずは逃げなければ。ユウも、しっかりしてくれ」
「……ああ」
 とはいえ、どうしたものか。
 部屋の出入り口は一ヶ所しかない。隠れられそうな場所も皆無だ。
 つまり、こちらから出ていくか、押しこんでくるのを待つかの、二択。
 どちらにしても、リスクがある。
 頭をかかえたユウが、はた、と思い出した言葉は……。
「……とにかく、動け」
「うん?なに?」
「悩んだときには、とにかく動けだ!」
 ユウは自分に言い聞かせ、ポーチをあさり、手持ちの道具を確認した。
「よし……!」
 床へ耳を当てると、ヒッポはまだ来ていない。
「すぐにここから出よう」
 ディアナとクローゼにいくつか指示を出し、ユウはつかんだ水差しを、力まかせに、床へ叩きつけた。

 磁器の水差しである。
 もちろん粉々に砕け、高音の、けたたましい音が響く。
「あ!おい!やっぱりここにいやがる!」
 ドアの前に集まった五人の手下は、鍵を待たず、狙い通り、扉への体当たりを始めた。
「しまった!」
 などと、わざとらしく叫びつつ、ユウは、ディアナとクローゼをドアの真横へ導く。
 気づかれないよう、そっと鍵を開け、体当たりの振動に合わせて、一気にノブを回すと、
「うわあっ!」
 支えを失った手下五人は、将棋倒しに部屋へなだれこみ、床へ積み重なってしまった。
「行こう!」
 その山を飛び越え、三人は廊下へ飛び出した。

「右から、人が」
 と言えば、ヒッポの手下が右から顔を出す。
「止まって」
 と、立ち止まれば、間一髪、大人数が先の通路を横切っていく。
 クローゼの胸に抱きかかえられ、手袋を外した右手を、前方にかざすディアナ。そこからもたらされる、ヒッポたちの動きと、出口への道順の情報は、正確を極めている。
「おつらくはありませんか、猊下」
「直接ふれているわけではありませんから……。それよりも、将軍に申し訳なくて……」
「いえ、軽いものです」
 床へ積み重なった男たちの醜態を見て、少し溜飲を下げたらしいクローゼは、元気一杯答えた。
 だが……。
 いかなディアナの力であっても、相手の数が減るわけではない。
 ヒッポ一家は大所帯。ユウが噂として聞いただけでも、確か四十人近くはいたはずだ。
 敵をかわせば、かわすほど、背後から迫る足音の数が増えていく。
 長い直線通路で振り返ると、十数人の追っ手が、血走った目で迫っていた。
「振り返るな!走れ!」
「あ、ユウ!」
 ユウはパッと身を返し、二メートルほどの幅の狭い通路に、立ちふさがった。
「上等だぁ!」
「ぶっ殺せ!」
 ユウはポーチからあの発光筒を引き抜き、素早く狙いを定め、紐を引いた。
 鈍い発射音と共に、飛び出した閃光弾は、
「ぎゃ!」
 先頭を走る男の鼻柱に直撃する。
 そして、破裂音。
「うわ!」
「うぎゃあ!」
 強烈な閃光に、男たちの目が潰れた。
 前方を走っていた数人は、飛び散ったクルミの破片を、もろに浴びたらしい。
 両手で押さえた顔面から、血がしたたっているのが見える。
 すぐに方向転換し、走り出したユウの後を、追える者はいなかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ