挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドスケープ・アゲート 作者:紅亜真探

【一】 はじまり -アレサンドロの過去編-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

27/236

チンピラと眼鏡

「おい、もう逃げられねぇぞ」
 それは、いら立った、若い男の声であった。
「出て来やがれ!いるのはわかってんだ!」
 と、蹴りつけられたらしい戸板が激しくきしみ、かんぬきが鳴る。
 無論すでに、
「あいつら起こしてくる」
 アレサンドロは奥の寝室へ向かった。
 残されたユウは、つかんだ太刀の鯉口を切り、いざとなれば迎え撃つ覚悟で、戸口の前に立った。
「おい、ぶち破るぞ、コラ」
 ……やってみろ。
 腰を落とし、扉を見すえるユウの瞳に、闘志がふくらんだ。
 ……が。

「聞いてんのか!シュトラウス!」

「!」
 違う。
「違う、アレサンドロ。これは、人違いだ」
「なに?」
 モチとヤマカガシを床下へ放りこんだアレサンドロが、駆け戻ってきた。
「人違い?」
「俺たちじゃない。こいつが探してるのは、シュトラウスだ」
「シュトラウス?知らねえな」
 ユウも同様である。
 しかし、そうこうしている間にも、
「出てこいや!」 
 外の男はわめき、扉を蹴り続けている。
「やれやれ、とにかく、話してみるか」
 でなければ、本当にぶち破りかねない。
 首をかき、アレサンドロはひとつ、咳払いをした。

「どなたです?」

 途端、静かになった。
 優しげに作られたアレサンドロの声に、明らかに動揺している。動揺が、広がっている。
「これは……ひとりじゃねえな」
 アレサンドロが、つぶやいた。

「テメェこそ、なにモンだ」
 男が言う。
「ここの住人です」
「あぁ?」
「なんのご用でしょう」
 すると、なにやら言い争う声が聞こえ、今とは別の男が、
「夜分遅くに、すまないが……」
 話を継いだのだ。
 ユウとアレサンドロは、思わず、顔を見合わせた。
 先ほどのつれ合いとは到底思えない、落ち着き払った口ぶり。
 ふたりの胸に、一抹の不安がよぎった。
 はたして……、

「私は、聖鉄機兵団、紋章官ヴィットリオ・サリエリ」

 ……まさか、としか言いようがない。
 アレサンドロを見ると、口は固く結ばれ、眉が、ぐっと寄っている。
 鞘を握るユウの手に、力がこもった。
「聞きたいことがある。外に出たまえ」
「……少し、お待ちを」
 言うが早いかアレサンドロは、ユウを引き寄せた。
「出るしかねえな」
「俺も行く」
「いや、……いや、そうだな。お前はあれを持って出ろ」
「閃光弾か」
「なにもなけりゃあ、それでいい。だが、もし俺が首を二回叩いたら、あれを奴らの目の前に放って、すぐにここへ逃げこめ。心配ねえ。ここには出口が山ほど掘ってある。きっと逃げられる」
「わかった」
「頼むぜ」

 手早く打ち合わせを済ませ、支度を整えると、ふたりは丸めてあった毛織物を、マントのごとく羽織った。
 これは、居間で眠るアレサンドロの、毛布として用意してあったものである。
「幸運を祈ります」
 床の跳ね上げ戸から、頭だけ出したモチが、小さく言った。
 その隣では、ヤマカガシの大きな目玉も、不安げに揺らいでいる。
「心配ねえさ」
 自分に言い聞かせるように再び言ったアレサンドロは、水がめの水を音を立てて飲み下し、口をぬぐった。
 ユウは、細く、長く、息をはき出した。

 表に出たふたりを待ち受けていたのは、日中のような明るさと、各々、手に光石灯を掲げた、数十人の騎士だった。
 これほどの人数が近づいていたことに何故、気づかなかったのか。
 そんな苦々しい胸の内をひた隠しに隠し、ふたりは前へ進み出た。
 値踏みするような目つきでこちらを眺める紋章官は、年の頃三十前後。銀縁眼鏡の、涼やかな顔立ちをしている。
 対して、
「こちらは、グライセン帝国、聖鉄機兵団軍団長がひとり、ギュンター・ルドル・ファン・ヴァイゲル将軍閣下であらせられる」
 金の胴鎧を身にまとい、組み立て椅子にふんぞり返る将軍は、ユウから見ても若く、暴力的で高圧的な、抜き身の刃のような男であった。
 さっきの、チンピラが……。
 さすがのユウも、驚きを隠せない。
 紋章官サリエリは続ける。
「閣下の御前であることをわきまえ、問いに答えるように」
 ユウとアレサンドロは、頭を垂れた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ