挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドスケープ・アゲート 作者:紅亜真探

【一】 はじまり -アレサンドロの過去編-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

26/236

グラッパ

 それから終日かけて、意気投合したモチとヤマカガシは、閃光弾の改良に取り組んだ。
 ヤマカガシの専門分野は、その通り、化学である。
 N・Sの開発にも、躯体ではなく、核を中心とする内部機関の担当として携わっていたもので、金属粉、しかも硬貨に着火、発光させるという、この突飛な思いつきが、彼の興味を一気に引きつけたらしい。

 ふたりはまず、導火線に火薬を混ぜこみ、着火性能と燃焼時間を安定させることに成功した。
 その後、一フォンス硬貨の燃焼実験を繰り返し、さらには外殻を、今のままクルミか、クヌギのどんぐりか、はたまたトチの実かで迷っていたようだが、これは結局、加工のしやすいクルミでいいだろうという結論に落ち着いた。
 ちなみに、開発に費やした十フォンスは、今回すべて、ユウの懐から出ている。
「おかげで、いいものができました」
「ふたりのおかげで、だろうが」
「ホウ。これは失礼を」
 ヤマカガシが、シシシ、と笑った。
 そうして和気あいあいと夕食を済ませ、外はすでに、深夜さながらの闇が降りている。
 これからがモチの活動時間ではあるが、さすがに睡眠時間が足りないようで、
「今日はこれで」
 モチは、ヤマカガシと共に寝室へ消えた。

「すっかり、仲よくなっちまったな」
「ああ、よかった」
「よかった?」
 ユウがうなずく。
「昨日モチが、もう野生には戻れないと言ってたんだ。だから……」
 ああして、野のフクロウたちの代わりに、モチが仲間だと思える者が多く現れるのは、ユウも嬉しかった。
 やはりモチには、幸せになってもらいたいと思う。
 モチがそうだと言ってくれたように、ユウも、モチのことが好きなのだ。
 そうか、とアレサンドロは、グラスに注いだグラッパ・ブランデーを、ちびり舐めた。
「あいつも気の毒だよな。どっちつかず、ってのもよ」
「他の魔人にも、会いたいと言ってた」
「ふうん」
「いるのか?まだ……魔人は」
「いるぜ。十五年前に生き残った連中なら、何人か知ってる」
「そうか」
「それに……」
「?」
「きっと今でも、どこかで魔人化が起こってる」

 ユウは、ハッと息を呑み、小さくうなった。
 魔人の数が増えるのはいい。
 しかし、
「また……戦になる、のか」
 それが、手放しで喜べない。
 アレサンドロも同様なのだろう。
「目の上のコブだと思われるようになりゃあ、そう、かもな。そこまではわからねえよ」
 吐き捨てるように言い、空のグラスを満たした。
 続けて、ユウにもボトルを差し出すが、こちらは、ほとんど減っていない。
「酒、駄目か?」
「ん」
 ユウは、それをごまかすように、グラスへ口をつけた。
 実は、ユウは酒に弱い。
 ビールでさえ一時間かけて一杯、飲めるか飲めないか、なのだ。
 四十度以上にもなるグラッパなど、考えるだに恐ろしい。
「早く言えよ」
 アレサンドロは笑い、グラスの中身を少量、木製のタンブラーに移した。
「こいつは水割りでもいけるぜ」
「ん……すまない」
「なあに、お前が大酒飲みって方が気味悪ぃさ」
 かなり薄めに作り、口をつけてみると、ぶどうの香りが残る、意外にも飲みやすい酒である。
「美味い……」
 アレサンドロはまた、笑った。

「考えてみりゃ、お前とサシで飲むのも、これが初めてだよな」
 言いながらアレサンドロは、ユウのグラスに残ったグラッパを、ひと口に喉へ流しこむ。
「街に戻っても別行動。互いの寝ぐらも知らねえで、一ヶ月。……ハ、それでよくお前も、俺を相棒だなんて思えたもんだな」
 ユウは、うつむいた。
「俺だって、何度も疑問に思ったんだ」
「じゃあなんで早々に手を切らなかった?俺は最初に言ったはずだぜ。いつ見限ってくれてもかまわねえ、ってな」
「それは……」
 正直、ユウにもわからない。
「本当に、わからねえよな、人生なんて。昨日まで赤の他人だったのが、ちょいとした拍子に運命背負い合ったり、味方だと思ってた奴が、敵に転んだりよ」
 グラスの酒が、ゆらゆら揺れる。
「浮かんだと思や沈み、沈んだと思や浮き……。モチにだって、これから、いい目が回ってくるのかも知れねえ。俺にも、お前にもな」
「ああ……だと、いいな」
 ユウは心底、そう思った。
「まあ、お前くらいになりゃ、神様がドでかい幸運を落としてくれるさ」
「だから、茶化すな」
「ハハ、ハ」

 と、そのとき。

 どすん、と、なにかが、戸板に打ち当たった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ