挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドスケープ・アゲート 作者:紅亜真探

【一】 はじまり -アレサンドロの過去編-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

16/236

 空の弓張り月を眺め、ララ・シュトラウスは不機嫌だった。
 今日こそは熱い湯につかり、柔らかいベッドで寝られると思っていたのだ。
「それがなんで仕事?」
 上からの命令は研究施設及びサンプルの警護。
 魔人砦に現れたという、新たなN・Sを警戒してのようだった。
 だがララにとってはそんなことよりも、奪われてしまった自分の楽しみの方がはるかに重要だったのだ。
 ララはイライラとした手つきで腰のポーチをかきまわすと、キャンディ・バーを一本、無作為に選び取った。
 赤いラベルは、お気に入りのイチゴ味。
「フン」
 まんざらでもない風に包装を剥がし、口にくわえた。
「あーあ。ホント、ついてなぁい」
 言った声は、どこか楽しげだった。

 それと同じ南デローシス城塞内で今、ユウとアレサンドロは耳をそば立たせている。
 城塞といっても元はただの出城。
 補給庫とL・Jの整備施設だけを備えた簡易的なものだと、少なくともユウは思っていた。
 それがどうだろう。
 大格納庫を三棟かかえる巨大軍事基地が、ここにはあった。
 このどこかにN・Sがいる。
「間違いねえな」
 スモックを羽織った技術者らしい男たちの立ち話を盗み聞き、ふたりは目顔にうなずいた。

「では、これで」
 技術者たちが二手に分かれた。
 アレサンドロは、左に折れた男を追う、と手振りで示す。
 それは、頭に白いものがまじった年配の男で、片手に荷物をかかえ持った姿といい、いかにもまだ仕事を続ける様子であったのだ。
 珍しい電気式の照明に照らされた、幅広い石積みの通路を、男は足早に、わき目も振らず進んでいく。
 そうして、十分ほど歩いただろうか。
 男は四つ角を右に折れ、突き当たりの大扉をくぐり、消えた。
 表札はない。
「さて、どんぴしゃであってくれよ」
 アレサンドロは、引き戸を細目に開け、中をのぞき見た。
「……チッ」
「どうした?」
「ハズレだ」

 ふたりは薄暗い部屋、いや、倉庫に足を踏み入れた。
 天井は高く、二階吹き抜けになっている。
 大小様々な空のケージが、それも何百と並んでいた。
「あそこから上がっていっちまった。まだ奥があるみてえだな」
 アレサンドロがあごで示した先には、なるほど、上階へ伸びる階段と通路がある。
「追うか?」
「そうだな」
 ふたりは足を踏み出した。
 と、そこへ、
「その前に、扉を閉めてください」
 突如、低い、男の声がしたのである。
「!」
 驚いたふたりが振り向き、開いたままの扉を確認するも人影はない。
 ユウは通路にも顔を出してみたが同様である。そのままそっと戸を閉めた。
「どうも」
 再び、どこからともなく、声が言った。
「余計な騒ぎは、ごめんですので」
「誰だ」
「誰というほどのことはありません。気にせず、先へどうぞ」 
 声は別段感情もなく、淡々としている。
「はいそうですか、ってなわけにはいかねえだろ」
「ホウ。何故です。騎士を呼ぶような真似はしません。私はなにも見なかった。なにも聞かなかった」
「それを信用しろってのか?」
「はい」
 アレサンドロはひとつ、大げさにため息をついた。
「どうも面倒なことになっちまったな」
「同感です」
「とりあえず、顔を見せねえか?」
「それは、残念ながら……」
「理由は」
「さ、身体的なものとでも言いましょうか。どうしてもと言うなら、そちらからどうぞ。五一二号ケージです」
「ケージ……?」
 ユウとアレサンドロは顔を見合わせ、ホルダーから光石灯を外した。

 五〇九、五一〇……。
 頭文字「五」は、二メートル四方はある、かなりの大型ケージに割り振られているようだった。
 中はやはり、どれも空である。
 ただ、五一二だけは違った。
 そこにいたのは白く、丸々とした……、
「鳥……?」
「灯りは消してください。光は苦手です」
 首が百八十度ぐるりと回り、正面を向いた。
 体高五十センチはあろうかというそのフクロウは、目をしばたたかせ、開いた口がふさがらない様子のふたりに、
「気持ちはわかります」
 事も無げに言ったのだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ