挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドスケープ・アゲート 作者:紅亜真探

【四】 奮闘 -アレサンドロの未来・中編-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

136/236

狗と女王

 昼間であればわかるのかもしれないが、闇に塗りつぶされた市壁は、どこに『裏口』があるものか見当もつかない。
 その、鉄で補強された壁を四回、そして間を置いて三回少年が叩くと、五メートルほど離れた場所から、サッと明かりがもれた。
「……客が来たのかい」
 顔を出したのは門番だろう。デッキブラシのような髭を蓄えた小男である。
 少年が、おどおどとうなずくと、ユウ、そしてララに一瞥をくれた男は、
「……入んなぁ」
 身体をずらして、三人を招き入れた。
「う……」
 猛烈に、酒のにおいがこもっている。
 テーブルと椅子の他には、薪ストーブと酒樽しかないその小屋の隅で、四人の男が陶製のジョッキを傾け、賭けポーカーに興じているのだ。
 これはジョッシュの手下、というよりも、この街の裏ギルドによって雇われた連中に違いない。用心棒と言えば聞こえはいいが、要は、ひとり頭片道千フォンスという、やや高価な通行料を取る門番の監視役というわけだ。
「お、へへ、女か」
 泥酔した男たちのひそやかな声が耳に入り、ララは知らず、ユウのかげへ身を隠していた。
「大丈夫だ」
「え?」
「大丈夫」
 ララが、思わず見惚れてしまうほどの微笑みである。
「あいつらにはなにもできない。なにかあれば、ギルドの信用が落ちるから」
「……」
「ララ?」
 あまりに答えが理論的すぎたために、ある意味がっかりであった。
 ここで、
「俺がいるから大丈夫」
 などという気の利いた台詞を期待するのは、わがままなのだろうか。
 ……あたしのバカ。前は、こういうところが好きだって言ってたじゃない……。
「ララ?」
「うん……」
「俺もついてる」
「!」
「だから心配ない」
「うん……うん!」
 ララは、数秒前に考えていた恨み言や自戒の念など、すっかり忘れてしまった。


 東裏通り三番地、小熊亭。
 今日の昼間、ララがジョッシュに呼び出された酒場である。
 今夜もまたここに導かれたので、ああ、ここはジョッシュの持ち物だったのか、と、ララはひとり納得した。
 かつてふたりで組んでいた頃は、ただのマネージャー。確かに、えらくなったようだ。
 その、巨大で、きらびやかな正面扉を素通りし、裏口へ続く道に入りかけたとき、
「待て」
 ユウは、重い足取りで先を行く少年を呼び止めた。
「この先にジョッシュがいるんだな」
「あ、ああ」
 少年は、もうすっかり参っている。またなにか無理を突きつけられるのかと、視線すら合わせられない様子だ。
「ここでいい」
「え……」
「ここから先は俺たちだけで行く。帰っていい」
 少年は、やはりきょとんとした。
「で、でも……」
「叱られるだろ?」
「あ……」
「行け」
「う……うう」
 どこか苦しげに顔を歪めた少年は、振り返りもせずに駆けていった。
「お礼ぐらい言ってけばいいのに」
「いいさ。礼を言うのはこっちだ」
「……えへへ」
「?」
「今日のユウって、なんか……できる感じ」
「まったくだ。とんだ女殺しだよなあ」
「……ジョッシュ!」

 ユウは、ひとつ深呼吸をして、裏口から現れたのだろうその男を見た。
 ……なるほど。
 上等な上着に、上質なコート。曇りひとつない革靴。
 身につけているものは非の打ち所がない最上級の品ばかりだが、そのくせ、目はどこか卑しげで、口髭は成金へのコンプレックスをそのまま塗り固めたように見える。
 年の頃は三十五、六といったところか。ちぐはぐな印象を与える外見同様、おそらく内面も、虚勢と虚飾にまみれているに違いない。
 ニヤニヤと薄ら笑いを浮かべたジョッシュは、用心棒らしい男のひとりに目配せをし、逃げた少年のあとを追わせた。
「あんなゴミでも元手がかかってるんでね。このままトンズラされちゃ困るのさ」
「それで、捕まえたらボコボコにするってわけ?」
「そりゃそうだ。そうやって、男は強くなっていくもんだぜ?」
「……あんた、ホントに変わってない」
「お前は変わったなあ、アービング。昔は誰を半殺しにしようが、される方が悪いって顔してたのによ」
「……やめてよ」
「相手が誰だろうと、容赦なくコクピットをえぐり潰す!それが、レッドデビル!」
「やめてってば!」
「あんたにも見せたかったな、こいつの残虐非道ぶりを。そりゃもう一番人気だっ……たはぁ!」
「ユ、ユウ……!」
 電光のごとく走ったユウの左手が、ジョッシュの喉輪に食いこんでいた。
「ま、待て待て、待て、よ……」
 脅しではない、今ここで殺してやるという意思を持った指先が、頚動脈を締め上げていく。
 ふと目をそらし、もうひとりいる用心棒に対して目顔で武器を捨てるよう指示したユウの、その落ち着きぶりに、
「こいつ、今まで何人殺してる……?」
 ジョッシュは内心戦慄した。
 用心棒が剣を捨てると、ユウの指はゆるんだ。
 ジョッシュも、うわべだけの笑いを浮かべてみせた。
「俺が、彼女とここに来た理由、わかるな」
「さあ……とと、待った待った!そいつを今日の興行に出すなと言うんだろ!」
「そうだ」
「しかし、そいつはこっちとしても困る。今日の客の前で、メインイベントをおじゃんにするわけにはいかないんでね」
「そんなのは知ったことじゃない」
「おいおい、裏には裏の事情があるんだ。お前らだってそうだろうぜ、ヒュー・カウフマン」
「……」
 やはり、この男は鎌をかけていたわけではないらしい。噂ではなく、情報としてララのことを知り、手配書にも目を通している。
「わかったら、手を、離せ!」
 ジョッシュは身をひねるようにして、ユウの手から逃れた。
「さ、来な、アービング。客がお待ちかねだぜ」
「い、嫌だったら!」
「なら、このまま騎士団の詰め所に駆けこむか?え、どうなんだ!」
「やってみろ……死ぬのはお前だ」
「は、はは、ここで俺を殺すか?」
「いや、お前が一番恐れてる、裏社会に殺される」
「え……?」
「裏社会は、狗(いぬ)の存在を許さない」
 ジョッシュの口元が、一瞬引きつった。

 と……そこに。
「ちょっと、随分と退屈させるのではなくて?」
「あ、ああ、あ、あ、これは……!」
「さっきのが、最高のイベント?」
「いや、ちょ、ちょっとお待ちを。はは、裏口なぞから出てこられては困りますね。ほら、お召し物が汚れてしまう」

 ……このジョッシュのうろたえぶり。これが噂の、『特別な客』に違いない。
 開け放しにされた裏口からの逆光で、顔かたちは判然としないが、女だ。
 百八十センチはあろうかという長身と、その首まわりに揺れる長い羽根飾りが、一種独特な、そう、まるで女王のような威厳をかもし出している。
 女は、首の長い女物のパイプを指先で一回転させ、トン、とジョッシュの首元を叩いた。
「無駄口は結構」
「は、はは……いや、丁度、今日の対戦相手が来たところです。ほら、この通り」
「ジョッシュ!」
「いや、本当困ってしまいますよ。ご覧の通り鼻息だけは荒いんですが、どうも、この大舞台を前に怖気づいたようで……」
「ふぅん」
 女はのぞきこむように、ララの顔を見た。そして、ユウの顔を。
 光がようやく、女の、細面の横顔を照らし出す。
「あ!」
「んん?……ああ、は、は、は」
「スコルピア!」
「ユーウー」
 細くしなやかな女の腕が、ユウの腰を抱き寄せた。
 少しこけた頬、垂れた目、泣きぼくろ、黒々と塗られた唇。ユウにとっては、よく見知った顔である。
 そして、気に入った者だけにする独特の挨拶。首筋に、スコルピアの吸いつくようなキスが落とされると、ジョッシュとララが同時に固まった。
「ああ、このにおい。思い出すわ。身体が熱くなる」
「ス、スコルピア?」
 と、さらに、しっとりとした唇は首筋をまさぐり、鎖骨まで下りようとする。
 ぐいと突き放すと、スコルピアの口からは悩ましげなため息がもれた。
「またじらすのね。あなたたちはいつもそう。あたしの喜ばせ方を知ってるわ」
「う、ちょっ……」
「やめなって、の!」
「ああッ!」
 ララの突き上げるような体当たりを受け、ドレス姿のスコルピアは、もんどりうって雪山へ倒れた。
「ヒィッ、なんてことを!」
 ジョッシュは、泡を食って助け起こしにかかった。
「だ、大丈夫ですか。さ、つかまって」
「ああ……」
「……レディ?」
「たまらないわ……この、痛み。ぞくぞくする」
「へ?」
「へ、変態!」
「ああ、若いのに、なじることまで知っているのね。好きよ」
「ちょ、ユウ、なにこいつ!」
「ああ、彼女はスコルピア」
「そういうことじゃなくって!」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ