挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドスケープ・アゲート 作者:紅亜真探

【三】 決起 -アレサンドロの未来・前編-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

123/236

すべて、風に乗せて

 殺した。
 俺がアレサンドロを殺した。
 言ってくれたんだ。俺を弟だと言ってくれたんだ。
 それが嬉しくて、俺もアレサンドロを、ずっと兄さんみたいに思ってたと伝えたかった。
 それなのに、どうしてこうなった。
 どうしてこうなった!


 ……ザザと、倒れたスナイパーの襟元から、無線のノイズが広がった。
『こちらアントン、応答せよ』
「……」
『……ベルタ?ドーラ?』
『……ベルタだ』
『ドーラ、応答しろ、ドーラ』
 ユウの耳は、呼びかける声を拾ってはいた。拾ってはいたが、その音が、はっきりとした意味を成さなかった。
 わかるのは、その誰だかを名乗る声の主が、ハサンとクジャクらしいということのみ。
 責めるなら、いっそ俺を殺してくれ。
 そう思うだけで、ユウは無線を取ろうとはしなかった。
『……まあいい。仕事は終わりだ。戻るぞ』
『いいのか?』
『構わん。大方、頭をかかえて泣きわめいているのだろう。奴が死んだと思いこんでな』
 ……思いこむ?
『俺はN・Sで降りる』
『雪を刺激せんように……とは、君に言うまでもなかったな』
『フ、フ』

 なんだ、なにを言っている。
 なにがおかしい。
 アレサンドロが死んだというのに、なにがおかしい。
 ……いや。
 ハサンはなんと言った。
 思いこみ?
 思いこみとは……どういう意味だった……。

「あ……!」
 ユウは、ハッと顔を上げた。
「まさか!」
 と、崖に走り寄り、危険もかえりみず身を乗り出す。
 丁度そのとき、谷を挟んだ対面の雪影からN・Sクジャクが現れ、
「アレサンドロ!」
 その向かう先に、あの老人たちに囲まれたアレサンドロの姿があったのだ。
 笑っている。
 生きている。
 ユウは神に感謝することも忘れ、転がるように、元来た道を駆け出した。

 ……さて。
 そのユウの姿が遠ざかったところで、身をひそめていた木の裏から音もなく歩み出た男がいる。
 もし誰かが目撃していたとしたら、なんと思っただろう。
 それは、ハサンだった。
 ハサンといえば、先ほどクジャクと通信をかわしていたようだったが、
「……フン」
 と、わずかに口元をゆるめたその背には、白いケースに包まれたスナイパーの通信機が負われている。
 とすると、先ほどの会話も、この場所でおこなわれていたということか。
 その、ただのいたずら心とも思えない行動の意味は……おそらく、ひとつしかないだろう。
 いざというとき、ユウを、自決という愚かな結末から救うため。
 ハサンは、ユウの身を案じたのだ。
 ただ、それがユウのためなのか、アレサンドロのためなのか、はたまた自分自身のためなのか。答えは誰にもわからない。
 ハサンは満足げに髪をなでつけ、ユウのあとを追って、ゆるゆると坂を下り始めた。


「アレサンドロ!」
「おう、怪我はねえか?」
「そんなことはどうでもいい。そっちは」
「ああ、なんとかな」
 アレサンドロは、地上に差し出されたN・Sクジャクの手のひらに腰かけ、自らの手で止血を続けていた。
 ユウに銃創の程度はわからないが、血に濡れた手を握らせてもらうと、温かい。
 ようやく、アレサンドロの無事が現実味を帯びて感じられた。
「もう……駄目かと思った」
「ああ、俺もだ。あの音のあと、あいつが降ってきてな」
「あいつ……?」
 あごをしゃくってみせるアレサンドロにつられて視点を動かすと、
「あ……!」
 十メートルほど先に、最後のスナイパーが倒れ伏している。
「どうも、テリーがやったみてえだな。肝が縮んだぜ」
 アレサンドロは傷の痛みに耐えながら、苦笑いした。
「俺が……俺が悪いんだ。俺が失敗して……!」
「いや、そういう意味じゃねえ。お前がなにをしたか知らねえが、俺のために人ひとり斬ってきた、それはわかってるぜ」
 大きな指が、ユウの頬に飛んだ返り血をぬぐう。
「ああ、でも……」
 と、ユウが尚も言いかけるのへ、
「ユウ」
「?」
「お互い無事だったら、なんて言うんだった?」
「え……?」
「もう、よしとしようぜ」
「……」
「な?」
「……すまない」
「俺こそな。おかげで助かった」
 ふたりは拳を突き合わせ、互いの生還を心から喜んだ。

 と、そのときだ。
「おーい」
 響いてきたのは軽快なモーター音と声。
 見ると、谷の切れ間からホバーバイクが滑ってくる。
「テリーだ!」
 そしてハンドルを握っているのは、あれ以来、マンムートと行動を共にしていたジョーブレイカーである。
 ホバーバイクは幾度かバウンドをくりかえしながらN・Sの脇へ寄ると、勢いよく転回して、止まった。
「テリー!」
「おっと待った、彼氏さん。まずは旦那だよ。旦那、大丈夫?」
「今のとこはな」
「また無茶したんでしょ」
「いや、馬鹿やった感じだ」
「どう違うのさ」
 苦笑したテリーは、木箱に詰めこんだ医療用具をトランクスペースから降ろし、それをアレサンドロの手元で開いてみせた。
 その動作の中には一切の慌てた様子もなく、テリーがもし、珍しく負い革とスコープを装着したライフルを肩に吊っていなければ、まるで日常のひとコマのように見えただろう。
「あいつは、やっぱり、お前の仕業か」
「まぁ、ね……でも別に、感謝されることじゃないよ。俺は、自分のミスを穴埋めしただけ」
「ミス?」
「大将には三人って言ったんだけど、そうじゃなかったからね。ホント、気づいたときにはどうしようかと思ったよ。……ね、これで足りる?」
「十分だ」
「手伝うよ。銃の傷なら何回か見てる」
「頼む。とりあえず応急処置でいい」
「了解」
 さすが言うだけあって、テリーは手際よくアレサンドロの太腿を消毒し、ラップを巻いてみせた。
 そのテリーに、ユウはどれほど感謝しても、し足りない。
 本人はミスの穴埋め、などと言っているが、『四人目』は、どうあがいてもテリーでなければ処理できなかったのだ。
 いや、そもそも仲間にいなければ……そう考えると、ゾッとする。
「俺のこと見直した?」
「え?」
「そんな顔してたよ」
「……だから」
「そういうことは自分で言うな」
「う……」
「アッハハハ、そういうところがララちゃんのお気に召すんだろうなぁ、彼氏さんって」
 これには、アレサンドロまでが声を上げて笑った。

 さて、ユウに遅れること数分。
 こちらも谷底へ戻ったハサンは、くだんのスナイパーの遺体を改め、ジョーブレイカーに二、三質問を投げかけたのち、感嘆のため息をはいた。
「どうした」
 と、クジャクがのぞきこむと、目に入ったスナイパーの首元に、直径三センチほどの、なにか円形をしたものが下がっている。
 クジャクの顔色が、サッと変わった。
「千五百メートルだそうだ」
「なんだと……?」
「まったく、恐るべき業だな」

 ハサンにそう言わしめたもの、それはコインである。
 エリートスナイパーのみが許された、ネイラーズ、そしてコインシューターの称号。
 所属する者は、皆それに一方ならぬ誇りを持ち、任官された際に授けられる通称ケンベルコインを、名誉の象徴、勝利のジンクスとして持ち歩く。
 その、ケンベルコインである。
 本来ならばその裏表には、グライセン帝国章とスナイパーの守護神、風神フーンを表す木の枝とが浮き彫りにされているはずだが、今、倒れ伏した若きスナイパーの首にかけられたコインの中心には、えぐるような弾痕が開けられていた。
 それがテリーの狙撃によるものであることは、今更言うまでもないだろう。
「それほどの距離から……これを」
「フフン。奴もまた、コインシューターだったわけだ」
 ハサンは、どこか厳かな手つきで、それをスナイパーの懐中へ落としこんでやると、静かに立ち上がった。
「止血は終わったか?」
「ああ、行けるぜ」
「結構。ではリーダー君は、ホバーバイクで皆を先導してくれ。操縦は……」
「俺はちょっと残るよ」
 テリーが言った。
「あ、別に変なことしようってんじゃないよ。でも……祈ったりぐらいは、してあげたいじゃない」
 誰もが、その想いに異を唱えようとはしなかった。
 そうなのだ。
 敵味方に分かれ、いともたやすく命を賭け合ったかのように見えるスナイパーたちだが、どれもかつては同部隊、テリーの戦友であったのだ。
 それぐらいは、かける情があってもいい。
「俺も残る。手を貸したい」
 ユウも名乗り出た。
「いいだろう、ではフクロウ君にも残ってもらえ。用が済み次第カラスで戻ればいい。バイクの操縦はジョーブレイカー君。私とクジャク君でしんがりを務める。……どうかな、リーダー君?」
「ああ、それでいい」


 人々の大移動が始まった。
 ユウとテリーは、再び出口のバリケード役へと戻っていた年寄りたちからモチを受け取り、しばし、その列を無言で見送った。
 太陽と新雪の照り返しとで、遠近感を狂わせるほどの白に染め上げられた世界。やはり、暗闇を脱したばかりの人々はまぶしげに目を覆い、しかし嬉しげに、坂を下っていく。
 ここからマンムートまでは、約二キロ。
 スナイパーの弔いをゆっくりと済ませても、カラスの翼ならばすぐに追いつけるはずだ。
「行こう」
 列が見えなくなったところで、ユウはN・Sを呼び出した。
 すると、どうしたことだろう。
 当のテリーはライフルを構えると、一発、おもむろに天へ向かって弾丸を放ったのである。
 ダン。
 銃声が、鋭いこだまとなって響き渡る中、テリーはボルトハンドルを操作し、空の薬きょうを捨てた。
「テリー?」
「俺たちの流儀でね、魂が、空に飛んでいくように」
 ダン。
 再び、弾が飛んでいく。
 当然、遺体を集め、埋葬するものだとばかり思っていたユウは驚いた。驚いたが……こういう供養があってもいい。それらしいのが一番だ。
 ユウの口からは自然と風神の神文がつむぎ出され、音も想いも弾丸も、すべてが蒼空を渡る風にすくい取られていった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ