挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドスケープ・アゲート 作者:紅亜真探

【〇】 はじめに

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/236

登場人物一覧 (一部挿し絵つき)

登場人物紹介ページを作っては、というご意見を取り入れ作成してみました。
ネタばれは極力抑えてありますので、本編の前情報としてもどうぞ。
<作品開始時の登場人物>

ユウ (ヒュー・カウフマン)
 二十二歳。本作主人公。
挿絵(By みてみん)

アレサンドロ (アレサンドロ・バッジョ)
 三十歳。主人公の相棒。
挿絵(By みてみん)



<その後の登場人物(五十音順)>


※ あ行 ※※※※※※※※※※※※※※※

エディン (エディン・ナイデル)
 赤い三日月戦線のリーダー。

オオカミ 
 魔人。十五年前に死亡。


※ か行 ※※※※※※※※※※※※※※※

カジャディール 
 メイサ神殿大祭主。

カラス 
 魔人。十五年前に死亡。

ギュンター (ギュンター・ヴァイゲル)
 帝国七将軍のひとり。

クジャク 
 魔人。棒術の達人。

クラウディウス (セロ・クラウディウス)
 帝国七将軍のひとり。

グレゴリオ (ヨーゼフ・グレゴリオ)
 ホーキンス軍紋章官。飛行戦艦オルカーンの艦長。

クローゼ (カール・クローゼ・ハイゼンベルグ)
 帝国七将軍のひとり。

ケンベル (オットー・ケンベル)
 帝国七将軍のひとり。テリーの師。

コッセル (エルンスト・コッセル)
 ラッツィンガー軍紋章官。


※ さ行 ※※※※※※※※※※※※※※※

ササ・メス
 リドラー軍紋章官。

サリエリ (ヴィットリオ・サリエリ)
 ヴァイゲル軍紋章官。

ジャッカル (ウォレン・ストーン)
 魔人。医師。アレサンドロの師。

シュナイデ 
 スダレフによって生み出された娘。

ジョーブレイカー 
 自由区エド・ジャハンの戦士。

スコルピア
 バングの右腕。

スダレフ 
 帝国宮廷博士。

セレン (セレン・ノーノ)
 天才肌の女性科学者。

ソブリン
 西海の悪魔の異名を持つ女海賊。


※ た行 ※※※※※※※※※※※※※※※

ディアナ
 メーテル神殿大祭主。

鉄仮面 
 謎の多い黒騎士。

テリー (テリー・ロックウッド)
 鉄機兵団出身のスナイパー。


※ な行 ※※※※※※※※※※※※※※※

ヌッツォ 
 カジャディールの随身官。


※ は行 ※※※※※※※※※※※※※※※

バイパー (コブラ・パイソン・アナコンダ)
 聖鉄機兵団独立戦闘部隊の通称。隠密部隊。

ハサン (シャー・ハサン・アル・ファルド) 
 魔術師の異名を持つ盗人。ユウの師。

バレンタイン (アルバート・バレンタイン)
 ハイゼンベルグ軍紋章官。

バング (ザ・バング)
 帝都の吸血鬼の異名を持つ男。裏社会の顔役。

ホーク (デューイ・ホーキンス)
 帝国七将軍のひとり。

ボンメル(ウィルヘルム・ボンメル)
 搭載母艦グローリエ艦長。


※ ま行 ※※※※※※※※※※※※※※※

マリア・レオーネ (マリア・レオーネ・リドラー)
 帝国七将軍のひとり。

マンタ
 魔人。自称冒険家。

ミミズ 
 魔人。鍛冶師の老人。

メイ (メアリー・ミラー)
 セレンの助手。

モチ 
 雄の白フクロウ。人造魔人計画の実験体。
挿絵(By みてみん)


※ や行 ※※※※※※※※※※※※※※※

ヤマカガシ (ジョゼッペ・ペルデンドス)
 魔人。化学を専門とする老人。


※ ら行 ※※※※※※※※※※※※※※※

ラッツィンガー (ジークベルト・ラッツィンガー)
 帝国七将軍のひとり。筆頭将軍。

ララ (ララ・シュトラウス)
 十六歳。本作ヒロイン。『レッドアンバー』はコードネーム。
挿絵(By みてみん)




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ