挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

灰色猫とちびあるじ

灰色猫は夢を見る

作者:昼行灯
闇に包まれたここには日の光は射さない。

それでも日が昇るほんのひと時だけ、わずかに光が射しこむ。

するすると温かな腕から抜け出し。わずかな光の中にちょこんと座る。

艶やかな毛並が光を反射して美しく輝いている。

あるじさま。あるじさま。探検の時間です。

わずかな光を掴もうと前足をてしてしと光に叩きつけながら猫が言う。

「気をつけて行っておいで。帰ってきたら探検の話を聞かせておくれ」

にゃあ! とひと鳴きし狭い隙間に潜り込み灰の中を進んで行く。



魔女の使いが現れたぞ!



あるじさま。今日は南の森まで行きました。

「ずいぶん遠くまで探検しに行ったのね。おいで、南の森の話を聞かせて」

とことことことゆっくり歩きあるじさまの前に座る。

あるじさまの手が優しく撫でながら灰を掃ってくれる。



あるじさま。今日の戦利品です。

綺麗なその実をあるじさまの手にぽとりと落とし。

前足をピンと揃えて、尻尾をピンと立てて待つ。

「これは毒が塗りこまれているわね。食べてはダメですよ」

ぺしっ!

置かれたその実を前足で払う。

戦利品の山から外れ灰の中へと落ちる。

「おいで、灰を掃ってあげましょう」

とことことことゆっくり歩きあるじさまの前に座る。

あるじさまの手が優しく撫でながら灰を掃ってくれる。



あるじさま。あるじさま。探検の時間です。

「…………おいで」

あるじさまに優しく撫でられる。

「あなたに真名(まな)を与えます。私に縛られず自由に生きなさい」

あるじさまに名前をつけてもらった。




あるじさま。あるじさま。探検の時間です。

「…………」

あるじさま...

冷たくなったその手をひと舐めし。それを探す。

うず高く積まれた戦利品の山から外れた。灰の中にあるそれを見つけ。

ひと(かじ)りして、あるじの元へ戻る。

冷たくなった手を温めるように丸まり、ねむりにつく。




灰色猫は夢を見る。

あるじさま、あるじさま。

探検に行きましょう。世界中全てを探検しましょう。

飛び跳ねながら催促する猫に、あるじが優しく笑いながら言う。

また灰だらけになって、おいで灰を掃ってあげるから。

大好きなあるじの手が両手を広げて待っている。


ぶるぶるぶるぶる! 全身を震わせ灰を掃う。綺麗な毛並に戻る。

自分で出来るじゃない。あるじが少し怒りながら笑う。

にゃあ! とひと鳴きしあるじの腕に飛び込む。

灰色猫は永遠の夢を見る。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ