挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人食い森のネネとルル 作者:月宮永遠

1章:底なし沼の珍事と共生のはじまり

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/47

7

 ふわふわした受け答えをする少年に、ネネは呆れた眼差しを送った。

「アンタ、自分のこと、何も判らないの?」

「ん――、本能に近いことは、判るかなぁ。食餌とか、力の使い方とか……。でも私に関する記憶は、全然ない。名前、生まれ、どうして沼にいたのか……」

火石リンタイトのことは知ってたの?」

「うん、そういう知識はある。実は昨日、カタルカナユ・サンタ・ガブリールにも行ってみたんだ。でも、私の知っている街とは大分違っていた」

「いつから睡蓮沼にいたの?」

「さぁ……、覚えてないなぁ。もう随分昔だよ」

「何で沈まなかったの? あの沼に沈んで浮き上がってきたのは、アンタが初めてだ」

「完全に沈まないように、堪えていたから。あの檻は、鉄と聖銀の質量が黄金比で造られていて、私とは相性が悪かったの。大変だった。何とか沼からは出たけど、血でも流さないと黄金比を破れなくて……、昨日は貴方のおかげで、本当に助かったよ。どうもありがとう」

「まぁ、こっちも聖銀もらえるしね。アンタさ……、何でアタシと一緒にいたいの?」

「貴方、美味しいし。カタルカナユ・サンタ・ガブリールより、此処にいた方が面白そうだから」

 美味しいと言われても嬉しくない。けれど、魅力的な取引だ。指でカツカツと机を鳴らしながら、目まぐるしく計算した。。

「火石はすごく欲しいけど……、アンタを傍に置くにあたって、絶対に譲れない条件がある」

「なあに?」

「その一。アタシに危害を加えないこと」

「もちろん」

「その二。アンタは床で寝ること」

「えぇ?」

「当たり前だ。家主はアタシなんだ」

「まぁ……、ちゃんと食餌させてくれるならいいよ」

「食餌の頻度は?」

「毎日食べたいよ」

「一日何回?」

「貴方は、一日何回なの?」

「朝と夜の二回。昼は狩が多いから、殆ど食べない」

「なら、貴方が食べる時に合わせて、私も食べる」

「じゃ、それで。その三。アタシは、街の人間に見つかりたくない。此処は隠れ家なの。だから、アンタを此処に置いて、もし面倒が起きたら即出て行ってもらう」

「どうして見つかりたくないの?」

「その四。なんで此処に住んでいるかは教えない。聞くのもなし、アタシが此処に住んでいることは、もちろん他言無用」

「……」

「その五。アタシの言うことは、守ること。この森は只の森じゃないんだ。アンタは平気かもしれないけど、アタシは生者だってことを忘れずに。アンタがトチって、私まで沼に沈んだりしたら、たたってやるからね」

 少年はおかしそうに笑った。「祟られるの?」と何故か嬉しそうにしている。

「いいよ。譲れない条件は、それで全部?」

 ネネは腕を組んで考え込んだ。
 大分言いつくした気がするけど、他に何かあるだろうか……。

「あ、火石が必要になったら、また採ってきてくれる?」

 条件というよりは、お願いする口調になった。
 少年は笑顔で頷いた。

「いいよ。あとは?」

「……思いついたら、付け足す」

「じゃあ、交渉成立だね。貴方、名前はなんていうの?」

「ネネ。アンタは……」

 ――そうか、記憶がないのか。

 ふ、と笑みが零れた。少年は不思議そうに小首を傾げる。

「いや、アンタを見た時、瞳の色が勿忘草わすれなぐさだと思ったんだ。”私を忘れないで”……なんて花言葉があるのに、自分が忘れてりゃ世話ないね」

「酷い」

 少年の拗ねたような、悲しそうな顔を見て、ネネは「イヒヒッ」と意地悪く笑った。

「じゃあ、アンタのこと、ルルって呼ぶよ」

「ルル?」

「ネネとルル、いいんじゃない?」

 ネネが笑うと、少年も目を輝かせて、天使のような笑みを浮かべた。



cont_access.php?citi_cont_id=580030222&s nomad-r-88-1.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ