挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人食い森のネネとルル 作者:月宮永遠

4章:ネネとルルと恋心

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

47/47

10(4章完)

 ルルと一緒に堂内に戻り、正面の扉へ歩いて行こうとしたら、祭壇の前へと連れて行かれた。
 祭壇に立つミハイルを見て、思わず逃げ出そうとしたら、すかさずルルに捕まった。ミハイルは慈愛に満ちた笑みを浮かべている……。
 白々しい微笑みが空恐ろしくて、剥き出しの腕にぶわっと鳥肌が立った。

「大丈夫だから、ネネ。ほら、聖水をもらって……」

 震える手でどうにかゴブレットを受け取った。清らかな聖水を喉に流し込むと、空いたゴブレットを勢いよく傍に控えている修道士に手渡した。
 逃げるように主身廊を走るネネの後ろから、くすくすとルルが笑いながら追いかけてくる。

「怖くないよ、ネネ。ほら、走らないの」

「まぁ、ネネ!」

 交差廊にぶつかったところで、アウロラに声をかけられた。ほっとした表情で、こちらへ走り寄ってくる。

「アウロラ……!」

「探したのよ、ネネ」

 絶世の美女は、ほっとしたように息をついた。慈しむようにネネの髪を撫でる。
 こんな綺麗な女性に、黙っていなくなろうとしたことを、今更ながら申し訳なく感じた。

「ごめん……」

「見つかって良かったわ」

 ルルは不機嫌そうに、ネネの髪を撫でるアウロラの手を跳ねのけた。

「こんな所まで、何しに来たの?」

「あら、いいご挨拶ね。わたくしが、此処までネネを連れてきてさしあげたのよ」

 まるでお互いを知っているような会話に、ネネは不思議そうに首を傾げた。

「知り合い……?」

「ん……? ネネ、気付いてないの?」

「何が?」

「彼女は――」

「おだまり。自分で話しますわ。さぁ、和解もできたようですし、帰りましょう」

 ――和解って……、アタシとルルのこと、知ってるのかな。

 アウロラは、疑問を浮かべるネネの顔を見て、思わず見惚れるような笑みを浮かべた。

「わたくし達の棲家……、愛すべき人食い森へ帰りましょう」

「えっ」

 聞き間違いだろうか。それとも本当に、人食い森へ帰ると言われたのだろうか。
 ルルとアウロラはネネの手をそれぞれ左右から取ると、唖然とするネネを引きずるようにして歩き始めた。
 外に止めてある黒塗りの馬車に、ルルは迷わずネネを乗せようとする。

「ネネ、いい子だから、乗って」

 ルルとアウロラの関係が分からず、眉を潜めるネネに、アウロラは「帰り道でお話ししますわ」と約束した。
 渋々相乗りを許可し、馬車が動き出すと、アウロラはぽつぽつと話し始めた。

「実はわたくしも、人食い森に棲んでいるの」

「えっ!?」

「昔は、王都で筆頭魔術師を務めていたのだけれど……、いろいろ煩わしくなってしまって、今は森で静かに過ごしているわ」

「ネネと同じ、引きこもりなんだよ」

 ルルの暴言にむっときて、ぺしりと頭を叩いてやった。

「人嫌いなのは否定しないけれど、外の情報は死霊達を使って集めているのよ」

「死霊……? アウロラってまさか……」

「見つからないように、普段は変装までしているのに。噂って怖いわね。いつの間にか、森に棲む恐ろしい死霊遣い、なんて呼ばれているのですもの」

 ――噂じゃ、なかったの……!?

 アウロラは「騒がれるのは嫌い」とおっとり呟いている。全身真っ黒で、近寄りがたい雰囲気はあるが、たおやかな絶世の美女であることに間違いはない。
 とても噂されているような、恐ろしい死霊遣いには見えなかった。
 アウロラの衝撃の告白は更に続く。

「ネネの棲んでいる家は、わたくしの集落でしたの。昔は魔女達がたくさん棲んでいたのよ。すっかり空き家になっていたけれど、いつの間にか人が棲みついて、気になって様子を見にいくうちに、ネネのことを好きになってしまったわ」

 アウロラのような美女に好きと言われて、心はふわふわ浮きたった。しかし、反応すべきはそこではない。

「魔女達の集落だったのか……! アウロラは、どうして出て行ったの?」

 今も人食い森に棲んでいるのなら、集落を出る必要はなかったのではないだろうか……。

「棲んでいたと言っても、何百年も昔の話ですもの。久しぶりに戻った時には、わたくしの棲家はもう風化していたわ。ならいっそ、新しい家を造ろうと思って。今は樹海の最奥に棲んでいるわ。良かったら、今度遊びにいらしてね」

 アウロラは「うふふ」と少女のように微笑んだ。

「アタシは、あの森に二年前から棲んでるんだ。アウロラはいつから……?」

「とーっても昔よ。ネネがミハイルに攫われそうになった時は、用事があって、森を空けていたの。助けにいけなくて、ごめんなさいね。森に古い魔法をかけ直したから、そう簡単には不届き者もやってこれないわ」

 恐ろしくも頼もしい言葉に、ネネは苦笑いを浮かべた。
 ネネとアウロラが一緒なら、この先もし、調査隊が再びやってきても、切り抜けられる気がする。

「ルルはアウロラのこと、知ってたの?」

「まぁね。というかネネも、よく知っているはずだよ」

「うふふ」

 何の話だか、ちっとも分からない。楽しそうに笑うルルとアウロラを見て、ネネは腕を組んで首を捻った。
 それにしても……、ついこの間まで一人きりで暮らしていたのに、急に身の回りが賑やかになった気がする。
 しみじみと美貌の二人を見つめていると、目元を和ませて「なあに?」と言うようにそろって小首を傾げた。
 その瞬間、何とも言い表せない、暖かな気持ちが胸を満たした。

 ――幸せって、こういうことなのかなぁ……。

 ネネは実に晴れやかな気持ちで、慣れ親しんだ愛すべき人食い森へ降りた。背伸びをして、後ろに立つ二人を振り返った途端、アウロラは、なんと、黒いのに姿を変えた。

「えっ、黒いの!?」

「アウロラの仮の姿だよ」

「えぇ――っ!?」

 ここ最近で一番驚いた。
 正直、ルルがリヴィヤンタンだと知った時以上に、驚いた。
 黒いの、いや、アウロラは「黙ってて、ごめんね」とでも言うように、ネネの手をペロリと舐めた。
 美しいアメシストの瞳でネネを見上げてくる。

 ――あ……っ! そうか、アウロラを初めて見た気がしなかったのは、黒いのと瞳が似てるって思ったからか……!

 ようやく、気になっていた胸のつかえがとれた。

「すっきりした?」

 ルルの青い勿忘草わすれなぐさの瞳が、楽しそうに煌めいてる。さては知っていたな……。
 ようやく、先程のルルとアウロラの含み笑いの意味が分かった。
 大好きな彼等を見て、ネネもゆっくりと笑顔を浮かべた。

「――うん、帰ろう!」




- Fin -



cont_access.php?citi_cont_id=580030222&s nomad-r-88-1.gif


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

 ある日 異世界 

拾ってくれた(?)のは、街一番(凶悪な)傭兵ギルド。そこで少年と勘違いされました――って、ちょっオッサン、剣を持たすな、鎧も着んわ! 異世界にトリップをしてしま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全102部分)
  • 209 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 16:16
薬屋のひとりごと

薬草を取りに出かけたら、後宮の女官狩りに遭いました。 花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。現状に不満を抱きつつも、奉公が//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全178部分)
  • 216 user
  • 最終掲載日:2017/08/27 02:16
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全179部分)
  • 209 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 12:00
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 316 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 206 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
平凡なる皇帝

ハルはとある領主の元で下女として働く、普通の少女だ。しかし亡くなった母親が遺した指輪に使われている宝石が、竜の国でしか採れない希少なものだと分かってから状況が変//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全102部分)
  • 249 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 00:00
妹ですみません

腐女子と相反する者、それはリア充。 これは美形の義兄と暮らすことになったオタクな妹の孤軍奮闘物語である。 ※2017年8月12日 KADOKAWAビーズログ文//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全54部分)
  • 228 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 21:40
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 218 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
さよならイエロー

幼馴染の婚約者が竜殺しの英雄になった。 よくわからんが、給料上がったら生活が楽になるねと喜んだ矢先、貴族のお嬢様との結婚が決まったってどーゆーことだ。 恐れ多く//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全13部分)
  • 202 user
  • 最終掲載日:2015/11/23 15:50
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全94部分)
  • 215 user
  • 最終掲載日:2017/12/04 21:54
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 234 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 283 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 206 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 11:58
神様は、少々私に手厳しい!

須山一樹は、ちょっと名前が男の子っぽいだけで花も恥らう普通の女子大学生だ。そう、普通だ。少々、十か月前に異世界に行っていただけだ。そんな一樹は、何の因果か再びそ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全100部分)
  • 237 user
  • 最終掲載日:2015/10/22 17:36
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全43部分)
  • 210 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 02:04
払暁

「賭けでもするか?」 戦場にてうっかり言った言葉を本気にされてしまった。 騎士と男装魔術師の、双方の思いがすれ違う。試練と葛藤の話。

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全68部分)
  • 198 user
  • 最終掲載日:2017/12/08 14:39
ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです

 リコリスは奇妙な既視感に悩まされる大人びた子供だ。ある日父親から自分の婚約者について聞かされたリコリスは、それが前世でプレイした乙女ゲームのキャラクターである//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全69部分)
  • 278 user
  • 最終掲載日:2016/02/10 22:51
隅でいいです。構わないでくださいよ

気づいたら周りは着物を着た人達ばかり。川の水を覗けば、そこには小さな子供が…え、私っ!? 流れ着いたのは綺羅びやかな町、吉原だった。あれ?でも見れば格子の中に//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全106部分)
  • 205 user
  • 最終掲載日:2017/12/13 00:34
異世界の魔女は夢を見る

 彼氏いない歴=年齢の私は、気が付くと異世界にいました。特殊な魔法も使えるようになりました。前代未聞のモテ期がくる!?……なんて一瞬でも期待した私がバカでした。//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全22部分)
  • 212 user
  • 最終掲載日:2014/08/25 14:18
スイーツ王子の人探し

壊滅的な女子力で、彼氏いない歴20年を更新中の野田狭霧。そんな狭霧だがお菓子作りだけはプロ並みの腕前を持つ。 狭霧が差し入れに紛れ込ませたクッキーを食べた学校の//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全89部分)
  • 216 user
  • 最終掲載日:2016/04/01 17:00
転生してヤンデレ攻略対象キャラと主従関係になった結果

七歳にして初めて魔法を使ったセシル・オールディントンはその日、前世での記憶を取り戻した。華の女子高生だったにも関わらず交通事故で亡くなった元日本人の彼女は、どう//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全43部分)
  • 295 user
  • 最終掲載日:2015/03/12 23:55
盟約の花嫁

お前たちが望む間だけ、お前たちを導くとしよう。その代償として、お前たちは私に人族の花嫁を与えよ。お前達が約束を違えぬ限り、盟約が破られることはない。・・・・・か//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全65部分)
  • 210 user
  • 最終掲載日:2015/07/08 20:59
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全113部分)
  • 249 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 00:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 348 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 198 user
  • 最終掲載日:2017/08/26 00:00
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全26部分)
  • 269 user
  • 最終掲載日:2017/11/10 17:50
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部分)
  • 242 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部分)
  • 303 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 01:28
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 270 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
ドラゴンさんは友達が欲しい

アース・スターノベルにて書籍化されたドラゴンさん。「!」マークをつけてⅣ巻まで発売中! ぼっち女子大生の”わたし”はぼっちを克服すべく新歓コンパに行く途中、 バ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全151部分)
  • 221 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 20:00
リングリング

三年前、大学生の詩織は、異世界トリップして日本に来てしまった騎士の男をかくまった。彼は無事に元の世界に戻れたのだが、なぜか今度は詩織が彼の世界へトリップ。頼れる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全36部分)
  • 250 user
  • 最終掲載日:2014/08/20 00:00
↑ページトップへ