挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人食い森のネネとルル 作者:月宮永遠

4章:ネネとルルと恋心

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

38/47

1

 悪夢のような日から数日――。
 ネネは棲家から一歩も出ずに過ごしていたが、森は静かなものだった。銃声も悲鳴も聞こえてこない。
 ルルとはあの場で別れたきりだ。
 強烈な怒りの後には、虚しさが襲ってきた。あの日をまだ消化し切れていなくて、ルルのことは……、なるべく考えないようにしている。
 それでも毎日、ふとした瞬間に思い出しては気持ちが塞いだ。

 隣にルルがいないと、一言も口を利かずに一日が終わる。時々黒いのが遊びに来てくれて、一言二言、言葉をかけるが、それでおしまいだ。

 ――ルルが来る前は、ずっと、一人でやってきたんだ。昔に戻るだけだ……。

 寂しいなんて、思ってはいけないのだ。
 ルルは恐ろしい、リヴィヤンタンなのだから……。
 心を許してはいけない。ミハイルの言う通りだ。精気を与えるうちに、ネネはきっと、すっかり絆されてしまったのだ。
 ルルの綺麗な笑顔を、偽物だとは……今でも、どうしても思えない。もしも今、目の前にルルがいたら、何を口走ってしまうか判らない。

 ――餌でもいいから傍にいたい……そんなのご免だ。ルルに尽くしてきた、餌の末路は辿りたくない。

 だから、これでいいのだ。
 このまま二度と会わなければ、いつかきっと忘れられる。

 優しい笑顔も……。

 髪を梳いてくれる、大きな手も……。

 ネネって、名前を呼ぶ声も……。

 名前を呼ばれることが、あんなに嬉しいとは知らなかった。
 ルルと出会う前は、十五年生きてきた中で、数えるほどしか名前を呼ばれなかった。別に寂しいだなんて思わなかった。それが普通だったから。
 ルルのせいだ。
 名前を呼ばれる喜びを、知ってしまったから……。

 瞳を閉じると、今でもルルの笑顔が思い浮かぶ。

 勿忘草わすれなぐさのように、青い瞳……。

 綺麗な瞳だった。
 出会った瞬間の、第一印象だった。仄暗い森の中で、鮮明に映る青い瞳。光の加減で、虹彩は星の煌めきのように輝いて見えた。
 実は何度も見惚れていた……。
 優しい笑顔の時には、穏やかな青。
 怒っている時には、光彩を放つ魔性を帯びた青。
 ネネの精気を吸うときも――。

 毎日思い出して、苦しんでいる。
 目が覚める度に、ルルのいない現実を思い知らされて、落胆に襲われる。そんな女々しい自分に腹を立てても、翌朝にはまた同じことを思う。
 眠る時もそう。
 ルルが自分のために整えた寝台は大き過ぎて、ネネ一人じゃ片せない。だから、仕方なくそのままにしてある。
 だけど、何度もその寝台で眠りたい衝動に駆られた。
 ルルが恋しい――嘘だ、恋しいだなんて、考えたくない。寂しいだなんて、思いたくない。

 矛盾した感情が苦しい。
 早く楽になりたい。忘れられることが出来たら、楽になれるのだろうか。いつ忘れられるのだろう。また明日も苦しむのだろうか。
 早く忘れたいのに――。

 狩に集中して、畑仕事に没頭している間は、どうにかルルを忘れていられる。それでも森のあちこちに、ルルと過ごした思い出があって、ふとした瞬間にネネを苦しめる。
 早く忘れたいのに、日を追うごとに、苦しさは増していく。どうして、少しも楽にならないのだろう……。

 ――何で、アタシに嘘をついたんだ……。後悔するくらいなら、どうして魂を抜いたりしたんだ……。森からあいつら、追い出してくれたのに……、本当にもう戻ってこないの? もう、会えないの?

 ルルの残していった寝台に、頬を寄せた。ふわりと、ルルの甘い香りがする。

「――っ……」

 ――泣くもんか、泣くもんか……。

「っ……ふぇ……、ぅ……っ」

 呪文のように、泣くものかと思っていても、引き結んだ唇は勝手に戦慄わなないてしまう。開いた隙間から、情けない嗚咽が零れ出した。
 ネネはこんなに弱い人間だったのだろうか。一人でもやっていけるって、ずっと思っていたのに。
 ルルがいなくなっただけで、こんなにボロボロになってしまった。

 ――ルルが恋しい。会いたい……。

 瞳を閉じると、今でもルルの笑顔が思い浮かぶ。
 あの青い瞳が、本当に好きだった。
 勿忘草のように青い瞳。

 ”私を忘れないで”……花言葉の通りだ。ルルのことを少しも忘れられない――。



cont_access.php?citi_cont_id=580030222&s nomad-r-88-1.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ