挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人食い森のネネとルル 作者:月宮永遠

3章:人食い森と追跡者

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

31/47

4

 翌朝、ネネは森に仕掛ける罠の準備を開始した。
 竹で編んだ大きな籠を持って、棲家の近くにある堀へと向かう。堀の岩場へ煙玉を投げ込むと、籠に肘をついて経過を見守った。

「ネネ、何してるの?」

「蛇捕まえるの。あ、ほら出てきた。ルルも手伝って」

「えー……、ネネ、まさか素手?」

「毒は持ってないよ」

「いや、ていうかさ……」

 ネネは手際よく蛇を掴んで籠に入れ始めた。
 煙に炙られてわんさか出てくるので、捕まえるのは簡単だ。ぶつぶつ言っていたルルも、浮遊の魔力で蛇を籠に入れるのを手伝ってくれた。

「大量、大量」

「そんなに捕まえてどうするの?」

「蛇玉にする。枝に仕掛ける罠だよ。でも何匹かとっておいて、夕飯にしようかな……」

「私は、絶対食べないからね」

 ルルはおぞましいものでも見るような目つきで、ネネを見つめた。魔性のくせに……と思うと何だか笑える。

「イヒヒッ、ルルの弱虫」

「ひどい!」

 わめくルルを無視して、納屋の傍に網籠をおろすと、蛇玉の作成に取りかかった。
 数匹の蛇を丸めて、蔓でぐるぐると巻きつける。仕掛け糸を引っ張れば、ばらける仕組みだ。これを枝に吊るしておいて、地面に仕掛けるトリガーと連動させる。足を引っかければ、頭上から蛇が降ってくるというわけだ。

「ルル、小石集めてきて」

「何するの?」

「スリングショットとカタパルトの弾に使う」

 不思議そうにしているルルに、革紐で造ったスリングショット、Y字の枝で造ったカタパルトを見せてやった。どちらも原始的な武器だが、スリングショットの方は十分な殺傷能力を秘めた狩猟武器だ。といっても、今回狙うのは生き物ではなく、仕掛け罠のトリガーである。

「弓は使わないの?」

「矢じりを残すと、こっちの存在がばれるでしょ。だから、石とか枝とか、森にありふれたものを使う」

「ふぅん」

「あと、大王蜂の巣を見つけたら、取ってきて」

「蜂ぃ? そんなもの、どうするの?」

「頭の上から落とすんだよ。大した毒持ってないから、平気だよ」

「いや、ていうかさ……」

「それから……、こういう赤い実を籠一杯に採ってきて。睡蓮沼の傍にもあるから」

 小さな艶やかな赤い木の実を、ルルに渡した。

「何に使うの?」

「すり潰して、血糊に使う」

「なるほど……」

「あとね……」

「ネネ! 人使い荒いっ!」

 まだ頼みたいことはあったが、ルルの我慢も限界のようだ。仕方がない……、立ち上ると、宥めるように頭を撫でてやった。

「ネネ、その手さ……、さっき蛇触ってたよね……」

「細かいこと気にするなよ」

「ネネはもうちょっと、気にした方がいいと思う……」

 ルルはぶつぶつ文句を垂れたが、ネネが撫でる間、動かずにじっとしていた。ひとしきり撫で終わると、仕方ないなぁと言いつつ採取に向かう。ルルが戻ってくるまでに、ネネもやることはたくさんある。
 夜の森には、聖銀装備も必須だ。死霊に目をつけられたら、銀矢や銀弾を撃ち込んで、身を守らねばならない。
 聖銀の欠片を磨いて、スリングショット用の弾を幾つか作った後、試し撃ちをすることにした。
 岩にチョークで的を描いて、十分離れた所から、スリングショットで聖銀を一発――。
 バシッ!
 聖銀は岩にめり込み、周囲に亀裂を走らせた。十分すぎる威力だ。これなら人の頭蓋だって砕ける。

「ネネ、取ってきたよー」

 間もなくルルは、ネネが注文したものを全て持って帰ってきた。巨大な蜂がぶんぶんと飛び回っているが、ルルに臆した様子はない。
 ネネは念入りに虫よけクリームを塗ると、ルルの傍へ駆け寄った。

「ルル、えらい!」

「私に出来ないことはないの」

 ルルは得意そうにいつもの台詞を吐いた。澄ましているけれど、褒められて喜んでいると判る。こういうところは、すごく素直だ。

「――それで、いつやるの?」

「今夜、罠を仕掛けて、明後日の晩に勝負する」

 ネネは大王蜂の禍々しい巣を撫でると、にやりと笑った。



cont_access.php?citi_cont_id=580030222&s nomad-r-88-1.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ