挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人食い森のネネとルル 作者:月宮永遠

3章:人食い森と追跡者

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

29/47

2

 畑仕事を終えた後、黒いのも交えて納屋で作戦会議を始めた。
 ここ最近、調査隊を遠巻きに観察し続けた結果、分隊で行動していることは把握している。順番に罠にかけようとネネが提案すると、ルルはきらきらと眩しい笑顔を浮かべた。

「私に任せて。一人残らず消してくるから。ね?」

「却下」

「えぇ? 何で?」

「当たり前でしょ。大勢の人間が行方も知れず消えたり、死んだら、余計怪しまれる。警戒されて、今度はもっと怖い部隊が送られてくるよ」

「でも、打って出るって……、他にどうするの?」

 ネネはにやりと笑った。

「彼等本人が、もうこんな所いたくない、帰りたい……そう思ってくれればいいんだよ。勝手に逃げてくれたら、万々歳なわけだ」

「ふんふん……、なら、やっぱり私に任せてよ」

「何する気?」

 身構えて問いかけると、ルルはきらきらと眩しい笑顔を浮かべた。

「まとめて洗脳すればいいんだ。人食い森は怖い、もう二度と立ち寄るものかってね」

「却下」

「えぇ? 何で?」

「というか……、そんなすごいこと、ルルに出来るの?」

「私に出来ないことはないの」

 ルルは偉そうに胸を張った。

 ――コイツの自信は、どっから出てくるんだ……。

「まぁ仮に出来たとしても……、洗脳するには、対面する必要があるでしょ? 姿をさらすと、周りに見られる可能性もあるし、向こうには祓魔師エクソシストがいるんだから。返り討ちにあったらどうするのさ」

「心配いらないよ」

「とにかく駄目」

「もう。あれも駄目、これも駄目って、じゃあどうするの?」

 ネネはにやり笑った。ルルに向かって両手を上げると「わっ!」と大声を張ってやった。驚かそうと思ったのに、ルルは微塵もひるまなかった。

「ネネ……、真面目にやってよ」

 白けた眼差しを向けられて、カチンときた。

「生意気! ルルのくせにっ!」

「うわっ、酷くない? 人がせっかく真面目に相談に乗ってるのに」

「相談……?」

 ルルの意外な言葉を聞いて、苛立ちは戸惑いに変わった。一人で生きてきたネネは、誰かに何かを相談したことなんて無かった。

「ネネ?」

 無言でルルを見つめていると、よしよしと頭を撫でられた。前髪をするりとかき分け、露わになった額に優しいキスが落ちる。

「大丈夫だよ、私がついている……」

 顔がカッと熱くなって、髪に触れている手を振り払った。

「別に、不安なわけじゃない。えっと、だからさ……、あいつらを脅かせばいいんだよ。思いっきり、容赦なく、身の毛もよだつくらいに」

「何それ、面白そう」

 ルルは乗ってきた。ネネは「イヒヒッ」と笑うと、納屋にある道具をいろいろと作業台に並べてみせた。

「あいつらが行く先々に、罠を仕掛けておいてさ、人食い森を怒らせた、ここにいたら殺される……そう思わせればいいんだ」

 黒いのも、賛同するように「ウァンッ!」と吠える。

「黒いのも、やるって」

「黒いのは駄目だよ、お前は綺麗だから……、見つかれば捕まえられちゃうよ」

「私と扱いが違う……」

 ルルの不満そうな声を無視して、ビロードのような毛並みを撫でていると、黒いのは「キューン」と鼻を鳴らした。

「気持ちだけ、もらっておくね」

「獣じゃ役に立たないってさ」

 ルルが意地悪く笑うと、黒いのは、ぐるる……と牙を剥いて威嚇した。ルルが悪い。



cont_access.php?citi_cont_id=580030222&s nomad-r-88-1.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ