挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人食い森のネネとルル 作者:月宮永遠

3章:人食い森と追跡者

28/47

1

 カタルカナユ・サンタ・ガブリールの領主から、ミゼルフォールの森の監察強化という名目で、調査隊が人食い森に大量に送り込まれてきた。
 昼でも薄暗い人食い森を、武装した兵士達、そして黒いフード被った不気味な一団までもが何かを探すように歩いている……。
 その様子を、ネネは茂みに隠れて眺めていた。小声で隣にいるルルに悪態をつく。

「あれが調査兵って顔つきかよ……、なぁ?」

「急に増えたよね」

「密猟者なんて、とうに狩り尽くしたろうに……。あのフードの連中、祓魔師エクソシストだよ。今度は死霊狩でも始めるつもりかな……」

「今日はどうするの?」

「流石に、狩はやめとく……」

 仕方がない、人数が多すぎる。出歩けば見つかる可能性が高い。数日もすれば、彼等も諦めて引き上げるだろう――。


 ところが、連中はしつこかった。
 数日経っても、調査隊一行は相変わらず森に出入りし続けた。まるで何かを探すように、眼を皿のようにして、執念深く、ぐるぐると森を歩き回っている。
 やっかいなことに、専門家を連れ歩くことにより、調査隊は次第に人食い森に慣れ始めていた。最初の頃に比べて、銃声と悲鳴を聞く回数が格段に減ってきたのだ。
 ネネは狩に出歩けず、苛立ちが募り「あいつらこそ死霊だ!」とわめき散らした。

 ――これは、待ってるだけじゃ解決しないな……。このままだと、ここも見つかるのは時間の問題だ……。

 畑仕事をしながら悩んでいると「ウァンッ!」と懐かしい声が聞こえた。

「黒いの――!」

 美しい黒い獣がネネの傍に駆け寄ってきた。姿を見るのは久しぶりだ。首にまふっと抱きつくと、花の良い香りがした。思わず、スンと鼻を鳴らす。とても獣とは思えない、華やかな香りだ。

「――また来たの、そいつ」

 屋根の上で寛いでいたルルは、いつの間にかネネの隣に立っていた。

「黒いの、心配したよ。あいつらに見つからなかった?」

 黒いのは「キューン」と鼻を鳴らすと、きびすを返して茂みに分け入り、野兎を咥えて戻ってきた。

「え、お土産!?」

 三つに分かれた尾を、ぱたりぱたりと嬉しそうに揺らしている。宝石のように綺麗なアメシストの瞳も、喜びに溢れて煌めいている。

「お前って、賢い!」

 思わずがばっと抱きついてしまった。ここ最近は狩に出られず、肉を食べられない日々が続いていたのだ。尖った口元にちゅっとキスをすると、後ろでルルが「あ――っ!」と叫んだ。

「ネネ! ひどい!」

「何が?」

「言っとくけど、そいつはね――」

 ルルが何かを言いかけると、お行儀の良い黒いのにしては珍しく、ぐるる……と警戒するように牙を向いた。

「お前達、仲悪いよね……」

「フンッ、私なら熊だって仕留められるよ」

「アンタ、熊を舐めてかかると、られるよ?」

「あのね……、私を誰だと思ってるの?」

「スケベな魔性」

「違う!」

「じゃあ、何?」

 じっと見つめると、ルルはぐっ、と返答に詰まった。

「お、認めた?」

 にやにや笑っていると、黒いのも、同意するようにフッと鼻を鳴らした。悔しがるルルが面白くて、ネネは「イヒヒッ」と笑ってやった。

「――とにかく、私に出来ないことはないの」

「判った判った、ルルは強くて偉大な魔性だよ。アタシがちゃーんと知ってるから、そう怒らない。でも、熊に手出すのはやめときな。人に気づかれる」

「もう。でもさ……、ずっと隠れているわけには、いかないんじゃない?」

「うん……」

 ルルの言う通りだ。逃げの一手では、いずれ捕まってしまう。
 そもそも、街で聞いた噂が本当なら、森の監察強化は建前で、鉄道完成前に不正密猟の一斉検挙が真の目的じゃないのか。
 執拗な調査隊の追跡により、密猟者なんて一人残らず森から逃げている。この森で息を潜めている生者は、ネネくらいのものだ……。

 森を出歩けない。満足に狩も出来ない。いずれここも見つかる危険性がある。どれもこれも、忌々しい調査隊のせいではないか……。
 考えているうちに、沸々と闘志が込み上げてきた。

「あー、イライラする! あいつらアタシに、どこまで我慢させれば気が済むんだ。隠れるのは止めだ。打って出てやる」

 ルルは楽しそうに目を煌めかせ、黒いのは同意するように「ウァンッ!」と吠えた。



cont_access.php?citi_cont_id=580030222&s nomad-r-88-1.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ