挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人食い森のネネとルル 作者:月宮永遠

2章:ルルの秘密

19/47

3

 久しぶりに狩を成し遂げて、ネネは意気揚々と棲家へ戻った。
 新鮮な生肉への興奮が抑えられない。帰るなり納屋に閉じこもり、日が暮れるまで解体作業に熱中した。

「ルルーッ! 畑に火石リンタイト入れておいてー! あと椎茸もー!」

 納屋から叫ぶと、ルルはぶうぶうと不平を垂れた。

「ネネ、人使い荒いっ!」

「いつも、”何でもしてあげる”……って言ってるじゃん」

 ルルの口真似をしたら、「後でたっぷり食餌させてもらうからね!」と言い返されて、若干自分の言動を後悔した。ねちっこいルルの食餌を思うと、「うぅ……」と思わず呻き声が出る。
 気を取り直して、さあ調理しようと台所に立ったところで、遠くからすっかり聞きなれた銃声と、微かな悲鳴が聞こえてきた。
 連中もそろそろ学習して、森から出て行けばものを……。
 ネネはやれやれと首を振らずにはいられなかった。
 しかし、こんがり焼けた鹿肉を見ると、思わずにんまりと笑顔になる。
 新鮮な鹿肉は素晴らしく美味だった。
 腹一杯食べて満足していると、ルルはいそいそとネネの後ろへやってきて、腕をまわして首に抱きついた。

「ネネ、獣臭い……」

 顔をしかめるルルを見て、ネネは意地悪く「イイヒッ」と笑った。実はわざとだ。鹿をさばいてから、まだ湯を浴びていないのだ。

「ほらほら」

 掌を陶器のようなルルの頬に押しつけてやった。

「もー、外に浴槽を作ってあげたのに。入ってきなよ」

「明日でいいよ。今日はもう疲れた」

「疲れてたって、湯を浴びることくらい出来るでしょ」

「いいや、面倒くさいね!」

「うわっ、信じられない。ネネって、それでも女の子なの?」

「見て判るでしょ。失礼な奴だな」

 食餌をするつもりがないなら、結構なことだ。しめしめと思いながら、席を立つと、さり気なく腕を掴まれた。

「――食餌、まだしてない」

 ――チッ……。

「うわっ、今舌打ちしたの? 酷くない?」

「うっさいな、早くしてよ」

 諦めて木椅子にどかりと腰を下ろすと、ルルはネネの正面にまわり跪いた。青い勿忘草わすれなぐさの瞳にじっと見つめられる。
 とっとと済ませてしまおう。ネネの方から左手を差し出したが、ルルはその手を取らずに、両手でネネの頬を包み込んだ。人形みたいに綺麗な顔が近づいてくる――。

「――っ!」

 逃げる暇もなく、唇が重なった。食餌の時に、唇から吸われたことは一度しかない。納屋で猪を捌いていた時、不意打ちみたいに奪われた、あの一回きりだ。
 目を閉じることもできずにいると、唇を割って舌が口内に潜り込んできた。

「――っ!?」

 ――何で……っ? さっきの仕返し!?

 舌をからめ捕られて強く吸われた。展開についていけない、ルルの胸に添えた手に少しも力が入らない。後頭部を大きな手で押さえられて、口づけは更に深くなった。

「っ、は……、ぅ……!」

 自分のものとは思えない、弱々しい声が喉の奥から漏れた。

 ――ルル……ッ!!

 怒りが芽生えて、無遠慮に口内を荒す舌に噛みついてやった。
 ルルは小さく呻いて顔を離したが、それくらいじゃ腹の虫が治まらない。綺麗なつらを叩いてやろうと手を振り上げたら、「おっと」と言いながらひらりとかわされた。

「何で逃げるの!」

「逃げないと、叩かれちゃうじゃない。ネネの乱暴者」

「唇はなしって言ったでしょ!?」

「えー、聞いてないよ」

「アタシとの約束、その六! 唇からの食餌はなしっ! 分かった!?」

「ネネって、お子様だよね……。私にキスされて、そんな反応するの、ネネくらいだよ」

 ブチ切れそうになった。怒りのあまり唇が戦慄わななく。拳を握りしめて仁王立ちでルルの前に立つと、罵詈雑言の限りを頭に思い浮かべた。よっぽど口にしてやろかと思ったけれど、なけなしの理性を総動員させてどうにか思いとどまった。

「――ルルの尺度で測るな。アタシは、唇は嫌。分かった?」

「そんなに怒らなくてもいいのに……」

「気に入らないなら、出て行きなよ。どうぞ?」

 ルルは傷ついた顔をした。冷たく睨みつけていたネネだが、その顔を見たら、何だか罪悪感が込み上げてきた。
 怒っているのはネネの方なのに……。



cont_access.php?citi_cont_id=580030222&s nomad-r-88-1.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ