挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人食い森のネネとルル 作者:月宮永遠

2章:ルルの秘密

18/47

2

 翌日、ネネはルルと共に狩に出掛けた。
 昼間でも陽の射さない深くて暗い森は、いつも以上に仄暗く、不気味な静けさに包まれていた。
 調査隊が睡蓮沼の傍をうろついているので、いつもより遠出することにした。少々不慣れな狩場ではあるが、仕方がない。

 ――いた、鹿の群れだ……。

 幸運にも、草を食む六頭の鹿の群れに遭遇した。立派な牡鹿もいる。
 ネネは息を潜めて茂みに身を隠すと、彼等の様子をじっと観察し始めた。ルルは、いつものように遥か頭上の幹の上で、悠然と狩の様子を眺めている。
 警戒心の強い彼等は、微かな音にも反応する。
 これ以上近付けば、音で気付かれてしまうだろう……。射程範囲にはまだ遠いから、じっとその時を待つ――。
 野生の鹿は、とても美しい。
 あんなにも強く、美しい、輝くような生命力に溢れた彼等を、生きる為に奪うのだ。
 狩と聞くと荒々しい印象だが、実際は、探索と空気のようにじっとしている待ちの時間の方が遥かに長い。
 呼吸を静かに整えて、鳥の羽音一つ逃さぬよう、集中力を高めていく。
 獲物から目を逸らさず、機会を狙ってじっと待ち続ける。

 ――一歩、二歩……、次で射る。

 真っ直ぐ獲物だけを見つめて――つがえた矢を射った。
 仕留める時は一瞬だ。首を射られた鹿は、死にもの狂いで暴れ出す。あちこち飛び跳ねながら、森の奥に消えて行く鹿の後を、見失うものかと追いかけた。

「ネネッ!」

 ルルの鋭い声が聞こえたが、鹿から目を離せなかった。五日ぶりの獲物だ。何が何でも仕留めたい。
 気が急いていたのだろう。いつもはしないミスをした。足場が不安定なことに気付かず、大きく足を踏み出し、岩場から危うく転落――しかけたところを、ルルが腕を掴んで引き寄せてくれた。

「――っ、ぅ……!」

 太腿に鈍い痛みが走った。突き出た枝で切ったようだ。

「ネネ!?」

「平気、とちった。ごめん……」

 出っ張った岩の上に腰を下ろすと、すぐ傍にルルも跪いた。

「ネネ、血が出てる……」

 人食い森で血を流すと、魔を引き寄せる。
 直ぐに水筒の水で洗い流そうとしたら、ルルは太腿の布を器用に裂いて、傷口を露わにした。

「ルル!?」

「勿体ないから……、舐めさせて」

 ルルは赤い舌をちろりと覗かせて、血のしたたる太腿に舌を這わせた。
 ずくん、と鈍い痛みが走る――。
 傷口をなぶるように舌を這わせるルルが、少しだけ怖くなった。瞳の色も、優しい勿忘草わすれなぐさより尚青い、魔性を帯びた光彩に変わっている。

「……っ、いたっ、ルル……!」

 押しのけようと肩を押しても、ルルは腰と太ももをしっかり固定して、執拗に舐め続けた。
 次第に痛みは遠のき、代わりに甘い熱が傷口から広がっていく。強く吸われて、こんな場所だというのに、変な声が出そうになり慌てて唇を噛みしめた。

「ん……、美味しかった。綺麗に治しておいたよ」

 ルルは満足そうに笑う。綺麗な顔を睨みつけてから、太腿に視線を落とすと、ざっくり切れたはずの傷跡は綺麗に治っていた。
 しかし、何故だろう……、素直に感謝する気になれない……。

「あれ、ネネ、唇から血が出てるよ」

「ん」

 口の端をぺろりと舐めると、確かに血の味がした。さっき、きつく噛みしめたせいだろう。覆いかぶさるように乗り上げてくるルルを見て、慌てて膝蹴りをお見舞いしてやった。

「調子に乗るな! こんなもの、舐めときゃ治るよ」

「う……っ、乱暴なんだから。どうせ舐めるなら、私に舐めさせてよ」

 ルルは腹を押さえながら、恨みがましそうにネネを睨んだ。無視して立ち上ると、周囲をぐるりと見渡した。

「致命傷だ、そう遠くヘは行けないと思うんだけど……」

 手負いの鹿が気になる。ぽつりと呟くと、ルルは、ポォン……と高く跳躍し、器用に木々の幹を蹴りながら、深緑の頂上へと消えた。
 探索してくれているのだろうか。しばらく待っていると、梢を揺らして、軽やかにネネの傍に着地した。

「直ぐ近くにいたよ。回収する?」

「やった! でかしたルル!」

 葉っぱのついた肩を叩いて労ってやると、ルルは嬉しそうに表情を綻ばせ「うふふ」と無邪気に笑った。ネネも満面の笑みで応える。
 ルルの言った通り、鹿は枯草の上で静かに息絶えていた。
 その場で頭を落とし、牡鹿の立派な角を切り落とす。腐りやすいはらわたを取り除いて、ある程度小さな肉片にしてから革袋にしまった。

「内蔵は、直ぐに食べないと痛むんだけどな……」

 思わず未練がましい声が出た。いつもならこの場で調理して、食するところだが、今そんな余裕はない。仕方ないから、頭と一緒に埋めることにした。

「さっき上から見たら、睡蓮沼に調査隊が大勢いたよ」

 ――全く……。連中、何でそんなに睡蓮沼にこだわるんだろう……。あそこにはもう、何も残っていないはず……。

 一抹の不安を覚えながら、ネネはその場を後にした――。



cont_access.php?citi_cont_id=580030222&s nomad-r-88-1.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ