挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人食い森のネネとルル 作者:月宮永遠

1章:底なし沼の珍事と共生のはじまり

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

15/47

14

 弱いところを見せてしまったことが恥ずかしい。
 照れ臭かったけれど、ルルの食餌がまだだから、そっぽを向いたまま左手を差し出した。

「ネネ……、右手を見せてごらん」

「――っ」

 小さく息を呑んだ。
 右手の甲には、奴隷の焼き印がある。二つの輪が絡まる、鎖のような焼き痕……。だから食餌の時は、ずっと左手を差し出してきた。
 けれどもう、秘密を明かしてしまった。右手でも構わないだろう。ネネは瞬巡した後、ゆっくり右手を覆う革の手袋を外した。

「ごめんね、本当は右手に痕があることは、前から知ってたんだ」

「え……?」

「ネネってば、水に触れる時ですら手袋を外さないから……、かえって怪しかったよ。森で採取している時、手袋に入った土を捨てようと、手袋を外しているところを樹の上から見ていたんだ」

「そっか……」

 ルルは火傷の痕を、親指の腹で優しく擦った。赤く引き攣れた醜い痕に、そんな風に触れたのはルルが始めてだ。

「気持ち悪くない……? 左手でもいいよ」

「気持ち悪くなんかない。でもネネが嫌なら、治してあげる」

「え?」

 ルルは、吐息を吹き込むように、火傷の痕に唇を押し当てた。暖かい吐息が肌を濡らして、いつものように……いや、いつも以上に身体が熱くなった――。

「く……っ!」

 ――手が、熱い……っ、燃えているみたい……!

 目は開いているのに、見慣れた室内はおぼろに揺れて、灼熱の炎が視界いっぱいに拡がった。
 思い出してしまう、あの頃を――。
 しなるほど、背中を鞭で叩かれた。力いっぱい頬を張られて、棒切れみたいな身体は、何度も壁に打ちつけられた。骨の軋む鈍い音。嗚咽おえつ。意識が飛んでも尚、襲いかかる暴力。
 どうして、あんなにも辛く当たられたのか、今でも意味が判らない。あんなの、指導でも懲罰でも、なんでもない。ただ自分より弱い者をいたぶっているだけだ。意味なんてなかった。
 右手が熱すぎて、呪わしい記憶と混濁こんだくする。

 ――違う……っ! これは暴力じゃないっ!

 おののくネネを宥めるように、ルルは与える灼熱の合間に、痕を舌で舐めたり、唇で吸ったり、ネネの恐怖心を散らしてくれた。

「ん……、もう少し。大分綺麗になったよ」

 恐る恐る右手を見ると、あんなにはっきりと残っていた痕が、大分薄くなっていた。

「大丈夫だよ、あと少しだから……、ね?」

 ルルの青い勿忘草わすれなぐさの瞳が、魔性を帯びて煌めく。背筋はぞくりと震えたけれど、声も表情もすごく優しかったから、唇を引き結んで頷いてみせた。
 この熱の先を、見てみたい。痕が消えてなくなるというのなら、どんな痛みだって耐えてみせる――。
 覚悟を決めた途端、ルルは強く肌に吸い付いた。

「……っ、あ――っ!」

 身体中の血が勢いよく駆け巡り、火が出そうなほどに、どこもかしこも熱い。痛みというより、酒に酔ったような、酩酊感だ。くらくらする――。
 ようやくルルが唇を離した時には、息をするのもやっとの状態だった。肩を上下させて、テーブルに突っ伏しそうになる。

「ネネ、よく頑張ったね。見てごらん」

「――うそっ」

 奴隷の焼き印は、綺麗さっぱり消えてなくなっていた。信じられない。滑らかな肌を何度も指でなぞった。

「私に出来ないことはないの」

 ルルは得意そうに、けれど優しく微笑んだ。

「ありがとう……」

 ――夢みたいだ……。絶対に消えないと思っていたのに……。

「ネネ、今度一緒に、カタルカナユ・サンタ・ガブリールに出掛けてみようよ」

「それは……」

 いくら奴隷の痕が消えても、人に見られるのは怖い。視線や仕草で、奴隷だとばれてしまわないだろうか……。

「大丈夫、私がついているから。聖銀を換金して、買い物しようよ。卵を食べたいって、言っていたじゃない。小麦もパンも油もいっぱい買えるよ」

 ――卵に小麦にパン……。

 買い出しに行きたい気持ちがむくむくと膨れ上がってきた。欲しいものはいろいろある……。とうとう誘惑に負けて頷くと、ルルは「約束ね」と綻んだように笑った。
 ウァンッ!
 じっと様子を見守っていた黒いのも、嬉しそうに吠えた。



cont_access.php?citi_cont_id=580030222&s nomad-r-88-1.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ