挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人食い森のネネとルル 作者:月宮永遠

1章:底なし沼の珍事と共生のはじまり

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/47

10

 棲家へ戻る前に、ブナ林に寄り道をした。鬱蒼うっそうとした茂みだが、この辺りで、ネネの好物であるネマガリタケを収穫できるのだ。数ある山菜の中で、一・二を争う美味である。乱獲はしない主義だが、こればかりは収穫の度に、持ち帰れるだけ持ち帰ってしまう。

「ネネは物知りだね」

 ネマガリタケ採りに夢中になっていると、頭上からルルに声を掛けられて、びくりと肩が跳ねた。またしてもルルのことを忘れていた……。

「昔、いろいろ教えてくれた人がいたんだ」

「ふぅん、どんな人?」

「本物の猟師だよ。獲物を捕って、街に卸してた」

「街って? カタルカナユ・サンタ・ガブリール?」

 返答に迷った。これ以上説明すると、話したくない過去に触れてしまう……。

「ネネ?」

「違うよ……。でもこの話は、もうお終い」

 ルルもそれ以上は口にしなかった。
 聖銀の革袋をルルに持ってもらい、ネネは山盛りネマガリタケを背負って家路についた。
 露の降りた笹薮ささやぶで夢中になって採っていた為、ブーツとズボンがドロドロになってしまった。ちなみに、ルルはずっと樹の上にいたので綺麗なものだ。
 葉っぱで大雑把に泥を落として中へ入ろうとしたら、ぐいっと腕を引かれた。

「ネネ、汚い」

「え? どこが?」

「ドロドロじゃない」

「ちょっと」

 ルルに腕を引かれて、たらいの前に連れて行かれた。どうするつもりだろう、と見ていると、ふわりと手をかざしただけで、盥に水を張った。

「えっ、うそ」

「私に出来ないことはないの」

 ルルは淡々というと、盥の前で片膝をついた。ボロ雑巾に目を留めて、眉をしかめる。不思議に思って見ていると、ルルはびっくりするような行動に出た。
 襟元の真っ白いレースのジャボを外して、水に浸けたかと思ったら、ネネのドロドロのブーツを拭きだしたのだ。

「――ルルッ、汚れる……っ!」

「ネネの方が汚れているよ。ちゃんとお風呂入ってる?」

 ムッとした。そんなの、入っているに決まっている。

「台所の盥で、ちゃんと身体拭いてるよ」

「うわっ、何それ。思うんだけど……、ネネの暮らしって、百年くらい遅れてるんじゃない?」

「大袈裟だなぁ。街に降りたって、旅館でも行かない限り、立派な浴槽なんてないよ。それに森で暮らす以上は仕方ないでしょ。贅沢とは無縁の生活なのよ、お嬢様?」

「私に頼もうとは思わないの?」

「何を?」

「どんな贅沢だって叶えてあげられるのに」

「別に贅沢がしたいわけじゃない」

「森を出て、街で暮らそうとは思わないの?」

「思わないね」

「どうして?」

「――ルル、約束したろ。なんで此処に住んでいるかは教えないって」

 不満そうなルルの手を振り払って、さっさと家の中に入った。
 別に、ルルになら教えても良かったのだが、その為に奴隷として働いていた過去を思い出すのは、十五になった今でも苦痛だった。
 あの頃のことを、忘れられるのなら、忘れてしまいたいくらいだ……。
 気を取り直して、収穫したネマガリタケの調理にとりかかった。掌サイズのネマガリタケを、次から次へと皮を剥いていく。薄く切った猪肉を炒めて、水と一緒にネマガリタケを火にかける。アクをすくいながら、柔らかくなるまで煮込めば完成である。
 ちなみに、シンプルに茹でただけのネマガリタケに、岩塩を振りかけて食べても美味しい。素揚げにしても美味しい……。

「幸せそうだね……」

「うん」

 何故かルルに呆れた目で見られた。

「ルル、ありがとうね。いろいろ手伝ってくれて」

 素直に感謝の気持ちを伝えると、増々変な目で見られた。

「そんなことが嬉しいの……?」

「嬉しいさ。ま、食べてみてよ。美味しいから!」

 腕によりをかけて、ネマガリタケで五品作った。ルルはなんだかんだ言いながら、完食してくれた。
 食べることは生きることだ――。



cont_access.php?citi_cont_id=580030222&s nomad-r-88-1.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ