挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ネクストライフ 作者:相野仁

第二章「新天地」

35/185

設定(いい加減注意)

 ランレオ王国
 フィラートをライバル視する国。
 ホルディアに奇襲食らっても本気で怒る人は少数派。
 王女バーラを筆頭に講和派がいるが少数派。

 ホルディア王国
 動員可能兵力は大陸一だけど、ある意味一番分裂してる国。
 奴隷産業が柱の一つだがそれだけじゃダメになっている。
 作中で描かれるのだろうか。

 ベルガンダ帝国
 名前は強そうだけどあまり強くない。

 ボルトナー王国
 フィラートとかなり仲のいい国。
 でもあまり強くないのでアテには出来ない。

 その他、ガリウス王国など。




 アステリア=ホルディアス
 人類全体の為なら国の一つ二つ消えてもいいと本気で考えているやばい人。
 関わると危険、関わらなくても危険。
 ……え?

 ミレーユ
 アステリアの幼友達でイグナートの姉。
 弟以外の親族は既に他界。

 イザベラ
 アステリアがほぼ唯一の理解者だったマジックアイテム狂い。
 いくつかマジックアイテムを開発している。
 ホルディア(アステリア派)の力をこっそり底上げしてる。

 バネッサ
 ホルディア最強。
 上記二人を含めて侍女をやってるのはおかしいくらい存在だが、主人が一番おかしい人なので今更誰もつっこまない。

 イグナート
 ミレーユの弟で一番(下手したら唯一)常識人。
 だから一番の苦労人。
 独善的で秘密主義な主君のせいで胃が痛い日々が続く。

 フィリップ=アドラー
 ランレオ最強の魔法使い。
 まともだがフィラートに相手にされてない事に気づいてない。

 ボリス=バルトシュ
 ランレオ最強の騎士。
 まともだがフィラートに相手にされてない事に気づいてない。

 バーラ=ディッケンス
 ランレオ王女。
 まともな講和派、フィラートに相手にされてないと気づいてる。

 ヘンリー四世
 バーラの父。
 フィラートに相手にされてないと気づいてない。

 ヘムルート
 セラエノの魔法使い。
 ルーカス、フィリップと並び称されている。

 フレッグ
 マリウスがいたおかげで首の皮一枚つながった。


 魔人ゲーリック
 主に情報収集担当している魔人。
 魔人の中では弱いけど、魔人基準での話。

 魔人ルーベンス
 偉そうな魔人。

 魔人ザムエル
 かませっぽい魔人。

 魔人アルベルト
 強そうな魔人。

 魔人フランクリン
 礼儀正しそうな魔人。

 魔人ルパート
 クールな魔人。

 魔人パル
 丁寧な魔人。

 その他、名前を省略された魔人。


 魔王デカラビア
 今更のように名前が出てきた魔王。

 魔王アウラニース
 やっと名前が出てきた魔王。

 魔王ザガン
 やたらと厳しい魔王。

 邪神ティンダロス
 魔人達の最終目的。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ