挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ネクストライフ 作者:相野仁

おまけ・番外編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

185/185

アウラニースVSソフィア&アイリス(続き)

「今度会う時はもっと強くなっておけ」

 そう言い捨てて去っていったアウラニースの背中を、アイリスとソフィアは悔しそうに見送る。
 明らかに本気ではなく、見逃してもらったという思いが強い。

「どうする? あいつまた来そうだぞ」

 アイリスはソフィアに相談する。
 本当は嫌なのだが、自分一人でどうにかできる相手ではないと思い知らされたばかりだ。
 彼女にとっては苦渋の決断だったし、ソフィアも無視をせず返事をする。

「逃げましょうか。あの女の知らない場所まで。あんな輩にあなたとの決着を、邪魔されてはたまりません」

「賛成」

 二人は頷き合うと早々にその場から離脱した。
 彼女達は多少の休憩を挟み、三つの大陸を超える。

「ここまで来れば平気か?」

 アイリスの発言にソフィアは賛同しなかった。

「いえ、もう少し離れてから様子を見てみましょう。あれほど強いと、我々が戦い始めれば感づくかもしれません」

「面倒だが仕方がないか」

 アイリスは舌打ちをしながらも、彼女の言い分を認める。
 強者ほど感知能力に優れているという認識は、この時すでに浸透していたのだ。
 彼女たちはさらにアウラニースと遭遇した地点から距離をとり、ある大陸にて身を隠す。
 この間、ほとんど会話はなかったが、彼女たちは本来殺し合いの真っ最中だったのだから、無理もないことだ。
 アウラニースというとんでもない存在の理不尽な横槍がなければ、まだ戦っていただろう。
 それともいい加減決着はついただろうか。

「腹減った、何かとってくる」

 アイリスは不意にそう言い、身を隠していた洞窟から出る。
 数百年飲まず食わずでも平気なソフィアとは違い、彼女は適時飲み食いしなければならない。
 食事をするくらいならばいいだろうと見送った矢先、アイリスの叫び声が聞こえてきた。

「ば、馬鹿な!」

 あのアイリスが驚くとは何があったのかとソフィアが外に出てみると、そこにはアウラニースが立っていたのである。

「よお、見つけたぞ」

 彼女はアイリスとソフィアを見て不敵に笑ったが、二人にしてみれば悪夢でしかない。

「どうしてここが分かった?」

「勘」

 アイリスの問いかけに理不尽きわまりない返事が来る。

「ただの勘で分かったとかふざけすぎでしょう」

 ソフィアは不快そうに吐き捨てる。

「信じないなら別にいい。ただ、オレから逃げようと思わない方が、お前たちのためだぞ」

 アウラニースは不本意そうな顔で言う。
 彼女なりの親切心なのだが、言われた方がどう受け止めるかは別の問題である。

「黙れ!」

 アイリスがしかけたため、ソフィアは仕方なく援護に回った。
 一対一ではおそらく相手にならない。
 まして今のアイリスは空腹なのだから余計だ。
 アウラニースはアイリスの正拳突きを普通に避け、下段蹴りを普通に止めてから彼女を殴り飛ばす。

「くっ」

 ソフィアでは当てるのも大変なのに、アウラニースがとても簡単そうにやる。
 これを見れば力の差を嫌でも再認識してしまうが、それでも逃げずに戦いを挑む。
 今回の戦いでは普通に殴られた。

「お前はただ殴っても無駄らしいからな。最初からレッキングありだ」

 非常にうれしそうに解説してくるアウラニースの顔が、ソフィアには大変腹立たしい。
 ところがアウラニースはすぐに怪訝そうになり、首をひねる。

「お前たち、前回より手ごたえがないぞ。もしかして消耗中か」

 一回殴られただけなのに分かってしまうのか、とソフィアは舌打ちした。

「何だ。それじゃつまらない。今日はもう帰る」

 アウラニースはふてくされた顔になると、さっさと立ち去ってしまう。

「な、何なんだあの女は……」

 アイリスは怒りがたっぷりこもった声に、ソフィアは心の底から共感する。

「まるで逃げても無駄だと忠告しに来たようですね」

「どこまでもふざけた女だ」

 アイリスは悔しそうに言う。

「……このまま引き下がりませんよね?」

 と彼女に聞いたソフィアの声は低く剣呑な気配に満ちていた。

「ああ。だが、どうする? 何か手はあるのか?」

 アイリスの質問にソフィアは首を縦に振る。

「やむをえません。本格的に手を組みましょう。まずはアウラニースを片付けるのです」

「……それまでは休戦か。たしかにあいつを何とかしなきゃ、お前と決着をつけるのは無理かもしれないな。いいだろう、手を組もうじゃないか」

 アイリスの決断は遅くなかった。
 二人は握手をかわし、アウラニース対策のために相談する。

「あたしたちをなめてわざと攻撃を受けることがあるから、そこを狙って大技を出すというのはどうだ?」

「あの女、やけに勘は鋭いですよ。回避能力も優秀なので、あまり期待はできません。分かっていてもかわせないような攻撃を考えた方がまだマシでしょう」

 アイリスの提案にソフィアが反論した。
 もっともだと思った彼女はぶつぶつと言う。

「分かっていてもかわせない攻撃か……あたしの真の姿の攻撃もダメだったし、お前もダメだったよな。いっそ合体技でも出すか?」

 彼女は冗談のつもりだったのだが、ソフィアは笑わずに考え込む。

「いえ、ありかもしれませんよ。最初の一撃でいきなりぶつければ、さすがのアウラニースといえども面食らうかもしれません。問題はあのアウラニースが避けられないような攻撃を出せるのかという点ですね」

「より速く、大規模な攻撃を仕かけるしかないか」

「ええ、いくらアウラニースでも大陸一つが消える攻撃は避けられないでしょう」

 二人はどのような技にするか相談し合う。
 

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全377部分)
  • 18550 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 12:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1526部分)
  • 19684 user
  • 最終掲載日:2017/10/21 18:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 17334 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全175部分)
  • 17492 user
  • 最終掲載日:2017/09/08 01:21
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 16010 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
黒の魔王

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全632部分)
  • 16225 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 17:00
理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部分)
  • 17010 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 00:10
甘く優しい世界で生きるには

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全246部分)
  • 16651 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 12:00
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全816部分)
  • 20145 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 00:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 23120 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 20:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全131部分)
  • 18318 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 23:32
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 24947 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全362部分)
  • 15978 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 20:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全846部分)
  • 19130 user
  • 最終掲載日:2017/10/17 10:00
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1267部分)
  • 18618 user
  • 最終掲載日:2017/10/21 00:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全123部分)
  • 19006 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:45
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 25473 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 18242 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 16834 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、次回更新は9月23日、その次は10月14日とさせていただきます。 ※作者都合により後日談は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全223部分)
  • 19200 user
  • 最終掲載日:2017/10/14 07:00
マギクラフト・マイスター

 世界でただ一人のマギクラフト・マイスター。その後継者に選ばれた主人公。現代地球から異世界に召喚された主人公が趣味の工作工芸に明け暮れる話、の筈なのですがやはり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1684部分)
  • 18752 user
  • 最終掲載日:2017/10/21 12:00
ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた

 ◆書籍⑧巻まで好評発売中です◆ ニートの山野マサル(23)は、ハロワに行って面白そうな求人を見つける。【剣と魔法のファンタジー世界でテストプレイ。長期間、泊り//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全189部分)
  • 19657 user
  • 最終掲載日:2017/10/11 21:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 21957 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全112部分)
  • 16325 user
  • 最終掲載日:2017/10/21 01:03
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全284部分)
  • 23655 user
  • 最終掲載日:2017/10/21 19:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全549部分)
  • 24926 user
  • 最終掲載日:2017/10/15 18:00
Only Sense Online

 センスと呼ばれる技能を成長させ、派生させ、ただ唯一のプレイをしろ。  夏休みに半強制的に始める初めてのVRMMOを体験する峻は、自分だけの冒険を始める。 【富//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全342部分)
  • 16380 user
  • 最終掲載日:2017/05/04 00:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全386部分)
  • 19223 user
  • 最終掲載日:2017/10/10 23:44
↑ページトップへ