挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ネクストライフ 作者:相野仁

おまけ・番外編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

142/185

問題も生まれたよ

 ボルトナーの王女キャサリンがロヴィーサとバーラの出産祝いにやってきた。

「おめでとうございます」

 持ってきた花をそれぞれ花瓶に入れ、キャサリンは笑いかける。

「ありがとうございます」

 好みの花の香りをかいで嬉しそうな二人に、あどけなさの残る王女は興味津々といった顔で尋ねた。

「それで子供を産むのってどんな感じなのですか?」

「そうねえ」

 二人の元王女は考え込む。
 将来的にライバルとなりそうな相手ではあるが、意地悪をするにはまだ幼い。
 それにキャサリン個人はむしろ好ましい相手だ。

「痛くて苦しいかな」

 バーラがそう言うと、キャサリンは怪訝そうな顔になる。
 出産の際の痛みに関して、キャサリンは一応知識があるのだが、具体的な感覚が知りたかったのだ。
 そうと察したロヴィーサが困り顔になる。

「具体的にと言われても……言葉にすると痛い、苦しい、辛いって感じになってしまうわね」

 筆舌に尽くしがたいというのもあるが、あまり本当の事を言うとこの幼さの残る王女が、怯えてしまうのではという危惧もあった。

「は、はあ?」

 年長者の配慮もキャサリンには今一つ伝わらない。
 頭を使う事が苦手なボルトナー人というのもある。

(言葉では伝えきれないほど凄いのかな……?)

 そして伝えない方がいいと思われていた事が伝わった。
 ただ、その後の反応は予想とは違っていて、

(で、でも痛みなら根性で!)

 とボルトナー人らしい決意をしたのである。
 キャサリンはその後マリウスにお祝いを言いに行った。

「この度はおめでとうございます」

「ありがとう」

 微笑ましさを気恥ずかしさを覚えながらマリウスは受け止める。
 そしてキャサリンはまっすぐに慕う男を見つめて言った。

「私はもう、子供を産める年です」

「そこのボルトナー人、ちょっと来い」

 マリウスはこめかみをひくつかせ、キャサリンに同行していた者を呼びつける。
 これには従者より王女が焦った。

「これは決意表明でして、別にこの者に何か言われた訳では……」

「ああ、そうか」

 「そう言えばこの子も脳筋だったな」とマリウスは思い返す。
 思い立ったから一直線に来たのだろう。

「話はボルトナー王と進めるので」

「は、はい」

 キャサリンは頬を染め、声を上ずらせてお辞儀して走り去って行った。

「おい、皆妊娠したらオレは誰を鍛えればいいんだ?」

 一連の流れを見ていたアウラニースが、今更な事を言い出す。

「自分を鍛えればいいじゃないか?」

「何だとー」

 アウラニースはむくれたが、何やら急に考え込む。

「そう言えば、神の力の残滓はまだあるかな。神の力だから、簡単には消えないはずだよな」

 独り言をつぶやきながらどこかへ歩き出した。

「ちょっと待て、アウラニース。お前何を考えた? どこへ行く?」

 マリウスは何やら激しく不吉な予感に襲われ、慌てて呼び戻そうとする。

「オレ自身を鍛える為だ。そしてオレも神になる!」

「ちょっと待て、お前まで神になったりしたら……」

 アウラニースの姿はあっという間に見えなくなった。

「やべ。致命的なミスをやらかしたかもしれん……」

 マリウスは真っ青になる。
 そして全力で駆け出す。

「助けて、エルえもん!」

 最早おなじみになりつつ展開に、

「はい。どうしました?」

 エルは嫌な顔をせずに出迎える。
 マリウスは事情を説明した。

「アウラニース、絶対神の力を手に入れに行ったよな?」

「まあ、アウラニースの性格を考えるなら、間違いなくそうでしょう。そしてご主人様に勝負を挑んでくるでしょうね。遊べって」

「ですよねー」

 マリウスは意気消沈しながらもエルに縋る。

「どうすればいい? 何か打開案はないか?」

「他の人ならともかく、アウラニースじゃ無理ですよ。勘だけで神の力の残滓探しとか、効率的な鍛錬法とか、全部解決できるんですから」

「だから聞きたかったんだが……」

 アウラニースの恐ろしさ、理不尽さは身をもって知っている。

「アウラニースともう一回戦わなきゃいけないのか? 神と神の力がぶつかったら、この世界はどうなるんだ?」

「むしろ、よく今まで無事でしたよね、この世界」

 主従コンビは揃ってため息をついた。
 もちろん、アウラニースに世界を滅ぼそうというつもりは全くない。
 でなければとっくに滅んでいるだろう。
 今回、神同士の対決になるという事さえ忘れていなければ、大事にはならないはずなのだが……。

「でも、アウラニースだからな」

「アウラニースなんですよねえ」

 楽しんでいると「うっかり」やらかしかねない。
 それが恐ろしかった。
 エルはしばし考えてから言う。

「ご主人様から勝負の内容を決めるのはどうですか? アウラニースの性格だと、挑発はあえて乗ってくるでしょう」

「そうなると、アウラニースが楽しめる内容を考えないといけないな」

 マリウスは考え込む。
 内容次第では充分ありだろう。
 アウラニースは楽しければそれで満足する、扱いやすい性格である。
 ただ、つまらないと確実に暴れるだろうが。

「アウラニースは美味しい物が好きですよね」

「後、掃除好きだったりするし、物作りも嫌いじゃないな」

 「贈り物をしようと思ったら相手が多趣味すぎて困る」ようなパターンになっている。

「楽しければ何でもって逆に困るな」

「そうですね。現状でご主人様がおできになる事の方がよいとは思いますが」

 エルがそんな事を言い出す。

「俺ができる事……?」

「はい。アウラニースは負けるとムキになるでしょうから。そう簡単に遅れを取らないものがあれば、その方がよいでしょう」

「確かにな……」

 一旦ムキになると他の事は吹っ飛ぶだろう。

「アウラニースより俺が得意な事か。料理は基本的に俺の方が上だな」

「では料理勝負が一つ目ですね」

 エルが人差し指を折り曲げる。

「後はそうだな。将来、人口の増加に備えて大陸を一つ作るっていうのはどうだろう。どっちが住みやすい大陸を作れるか勝負」

「作った後、具体的にどう利用するんですか?」

 質問されてマリウスは返答に困った。

「考えてなかったな。じゃあボツか」

「いいえ」

 エルは笑う。

「作りたてで何もない大陸ならば、色々と利用できそうです。アウラニースが暴れる舞台にもなりますし」

「それはそうだが……エルに任せていい?」

「はい」

 忠実な召喚獣に丸投げする事になった。

「それでは創り出した人形同士を戦わせるというのはいかがですか?」

「……代理同士で戦わせるのか?」

「はい。肉弾戦のみでルールも定めれば、大陸が消し飛んだりする可能性は低いでしょう」

 マリウスはなるほどと頷く。

「そうだな。攻撃力の上限を設定すれば何とかなりそうだ」

「自分が創って操る人形が、他者に負かされると悔しいと思うのですが」

「ああ、俺ならかなり悔しいな」

 これはマリウスが元はゲーマーであるという事もあるだろう。
 興味がない人にしてみればどうでもよいはずである。
 もっとも戦いが大好きなアウラニースが、全く興味を持たないというのも考えにくい。

「真剣に考えてみるか」

 さすがのアウラニースも、神の力をそんな簡単に制御できないだろう。

(できないといいな)

 願望がこもっていた。
(突然の読者参加型企画)
マリウスVSアウラニースの第2Rの対決内容を予想しよう。
アンケート結果でドヤ顔ニース、ヤンチャニース、しょんぼりニースが見られるぞ。

(1)料理勝負
(2)物作り勝負
(3)作った物での決闘
(4)まさかのガチンコ戦闘

1から4の番号を感想欄の一言に書いて下さい。
他の場所に書かれた場合はカウントしません。
締め切りは5月29日23時59分とします。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ