挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ネクストライフ 作者:相野仁

おまけ・番外編

132/185

アカシック・レコード

 神の力を手にしたマリウスだったが、それ故にオリハルコンやヒヒイロ鉱石は不要となってしまった。
 アウラニースの全力に耐えられる結界を張る事が可能になったのである。

「これイジメですよね? 私、怒ってもいいですよね?」

 イザベラは泣き怒りながらホルディアに帰って行ったが、皆が同情的だった。
 せめてもの詫びにとオリハルコンとヒヒイロ鉱石は、ホルディアへの贈り物とする。
 もっとも、戦いがなくなった今、贈られても困るだけかもしれないが。

(そのへんはあの女に期待しよう)

 性格の悪いアステリアならば、何かいい案をひねり出すかもしれない。
 むしろひねり出せとマリウスは思った。


 戦いがなくなったとは言え、為政者がすべき事は山積みである。
 と言ってもマリウスがする事はそれほど多くはない。
 他国からご機嫌伺いにやってくる使者と会ったり、臣下達が作成した書類に判子を押すくらいだ。
 マリウスが政治家として役立たずなのは周知の事実だし、妻達の方がずっと優秀である。
 「邪魔にならないから構わないさ」「あの人の役目は政治以外の部分にあるし」と臣下に思われていた。 
 そしてマリウスの役目の中で一番大切な事はアウラニースを構う事である。

「なあなあ、修行しようぜ? ラグナロクと合成禁呪の撃ち合いやろうぜ?」

 子供達が「鬼ごっこでもしようぜ」と言うようなノリで、恐ろしい提案をしてくる魔王とマリウスはお茶を飲んでいた。

「嫌だね。うっかり力を振るったらまずいだろうし」

 マリウスは断るが、アウラニースは引き下がらない。

「でも神の力を使う訓練はしておいた方がいいんじゃないか? その訓練に付き合えるのってオレくらいじゃないか?」

「それはそうだけどな」

 決して馬鹿ではない点が、この魔王の厄介なところだとマリウスはため息をつく。
 ちらりとアイリス、ソフィアを見るが二人は沈黙を守っている。
 助け舟を出す気はないらしい。
 妻達は業務に追われているし、ゾフィ達は地域の巡視に行っていて、今いるのはマリウス専属侍女のアイナ、レミカくらいなものだ。

(皆の邪魔をしないってのは、立派な仕事なんだ)

 心の中でだけ、誰ともなく言い訳してみる。



「ラグナロク、三連!」

 アウラニースはいきなり「ラグナロク」を三連発してきた。
 マリウスはワープでそれをかわす。
 そして驚愕を隠せずに問いかける。

「連射出来るのか、それ」

「修行したら出来た」

 アウラニースに朗らかに答えられ、マリウスはげっそりとした。

(さすが“理不尽ニース”だわ)

 威力を保ったまま連射とか、理不尽にも程があると思う。
 「ぼくがかんがえたさいきょう」を地で行っているのではないだろうか。

「いや待て。いつ修行してたんだ?」

 そんな時間あったかとマリウスは疑問に思った。

「ん? お前らが寝ている間だよ。暇だったから、大陸跡地に行ってさ。あ、ちゃんと誰も殺してないし、壊したりもしてないぞ」

 慌てて言い訳したりしているが、そんな事はもうどうでもいい気がする。

「そう言えば、お前らは別に寝なくても平気だったっけ」

「うん、一年くらいならな。それ以上だとさすがに少し眠い」

「そうですか」

 突っ込んだら負けだとマリウスは肩を落とす。
 確かにこんな奴、野放しには出来ない。
 マリウスにしか出来ないので、マリウスが制御するしかない。

「戦いが終われば平和になる。そう思っていた時期が俺にもありました」

 短い平和だったよな、と思う。

「何を言う。生きてる限り、平穏とは無縁なんだぞ」

 アウラニースは楽しそうに笑う。

「強い奴が見つからなくて八つ当たりしていたって、ソフィアが言っていたんだが」

「聞こえんなー」

 アウラニースは再び「ラグナロク」三連発してくる。

(やれやれ)

 とりあえず満足するまで付き合うしかないようだ。
 アウラニースのおかげでモンスター達の被害がなくなったのだから、ある程度は報いねばならない。
 ただ、それでも言っておきたい事はある。

「子作りもこれくらい熱心にしろよ」

 マリウスがそう言うと、アウラニースは舌を出した。

「嫌だね。こっちの方が楽しいし」

 いつもアウラニースはこう返してくる。
 マリウスは反論出来なかったのだが、今日は違う。
 エルに更なる切り返し方を教わってきたのだ。

「そんな事を言って怖いから逃げているんだろう?」

「む」

 アウラニースの動きが一瞬止まる。

「強い奴と戦うのが楽しいと言いつつ、ベッドで俺と戦うのは嫌なのか。案外、臆病なんだなあ」

「ぬぬぬ」

 アウラニースの顔が真っ赤になり始めていた。

(効きまくっているな)

 マリウスも驚いたくらいの効果である。
 彼としては「こんな単純な挑発、効くのか」と疑問だったのだが、助言したエルは「アウラニースですよ? 単純です」と自信たっぷりだった。
 どちらが正しかったのか、目の前のアウラニースを見ればよく分かる。

「いいだろう。今日はお前を倒してやる。明日、寝不足って文句を言うなよ!」

 アウラニースは右人差し指を突きつけ、そう宣戦布告してきた。

「返り討ちにしてやるわ」

「ぐぬぬぬ」

 マリウスがそう笑うと、アウラニースは真っ赤な顔で悔しそうに唸る。
 これまではアウラニースの全敗なのだ。
 マリウスが「性王」と呼ばれる理由の一端かもしれない。

「アイリスとソフィアにも手伝わせてやるからなぁ」

 アウラニースはそう叫んで逃げ出した。

「ちょ、待て。それは反則……」

 アウラニース単体ならば問題はない。
 その後で妻達の相手するのも構わない。
 ゾフィとアルは空気を読んだエルが操縦してくれるから大丈夫だ。
 問題はアイリスとソフィアが参戦してきた場合である。

(いや、待てよ)

 アイリスとソフィアが房事に参加してきた事はない。
 勝手にやってくれという姿勢を崩した事はなかった。
 健全な男としては割と残念ではあるが、敵の強大さを考えるとむしろありがたいかもしれない。
 せっかくなので、アウラニースがいなくなった後も訓練を続ける。
 少しずつであるが神の力にも馴染んできたし、それ故に判明した事があった。
 世界は無数に広がっていて、ここも元の世界もその一部という事である。
 ここはゲームを元にした世界などではない。
 この世界と瓜二つな設定のゲームを偶然作った人間がいただけのようだ。
 ナイアーラトテッフがマリウスを選んだのも、マリウスならば馴染みやすいと判断した為らしい。
 いくつもの計算違いのせいでかの神は滅び、マリウスは生き残ったのだが。
 ナイアーラトテッフの記憶によると、元の世界の人間達の想像力は驚嘆に値するらしく、似たような例はいくつもあるとか。

(アカシックレコードを読み取る人間、か)

 別の世界によく似た設定のゲームをいくつも作られているのが、ただの偶然とするのにはさすがに無理がある。
 アカシックレコード……無数にある世界の創造から滅亡までが全て記されているそれを、断片的に読み取った者がいるのでは。
 というのがナイアーラトテッフの推測だった。
 全てを読み取るのは神をもってしても不可能らしいが、断片を一瞬見る程度ならば、ただの人間でも可能だとか。
 そして全てを読み取れないからこそ、神であっても敗れて滅びる事がある。
 マリウスは神の力を使い、アカシックレコードへの接続を試みた。
 知りたい事があったのである。
 もし、元の世界に帰還を試みた場合はどうなるのか。
 もし、この世界に転生させられなかった場合は。
 アカシックレコードは教えてくれる。
 山田隆司があの日、死ぬ事は確定事項だった事を。
 転生させられなかった場合、植物に生まれ変わっていた事を。
 そして、元の世界に帰還を試みた場合、この世界か元の世界のどちらかが、必ず滅びる事を。

「ふう」

 マリウスは疲弊し、接続を中断する。
 もしかしたらベストな未来も記されているのかもしれない。
 しかし、神の力でもそれを探し当てるのは不可能だ。

(まあ仕方ないよな)

 寂寥感がないと言えば嘘になるが、今の世界を放棄するつもりはない。
 アカシックレコードに接続したのは、あくまでも諦める為だ。
 今の世界を捨てたいなど思えば罰が当たる、とマリウスは思う。
 神の力を得たマリウスに罰を当てられる存在がいるのかどうか、不明ではあるが。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ