挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ネクストライフ 作者:相野仁

八章「カタストロフ」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

130/185

最終話「ネクストライフ」

マリウスが夢の中でナイアーラトテッフと戦っている間、復興準備は進められていた。
 実際に指示出す者達が健在だったのが、不幸中の幸いである。

「まだまだ始まったばかりですけどね。ゾフィ達は働いてくれますが、アウラニース達が非協力的で……」

 ロヴィーサが一旦言葉を区切り、何かを期待するような目をした。
 それを見て取ったマリウスが、アウラニースに向いて言葉を発する。

「協力してやってくれ」

「む? オレは壊すのは得意だが、直すのは苦手だぞ」

 自慢にならない事を胸を張って言う女魔王には苦笑させられるが、笑ってばかりもいられない。

「そこはほら、復興の邪魔になるものを壊していくとか」

「それなら私達でやっています」

 横から口を挟んだのはゾフィであり、アルとエルも頷く。
 彼女達の尻尾は、褒めてもらいたそうに動いていた。

「そうか。ありがとう。ゾフィ、アル、エルはいい召喚獣だな」

 マリウスがそうねぎらうと、三人の淫魔は嬉しそうに耳と尻尾を動かす。
 こういう時、名前を省略してはいけないのである。
 一度省略したら、された者達が「不公平」だと拗ねてしまった事があった。

(女って面倒くせえ)

 言葉には出来ないマリウスの本音である。

「少しいいですか?」

 そこで手を挙げて発言許可を求めてきたのはバーラだった。

「どうした?」

「どうせアウラニース達に手伝ってもらうなら、モンスター達の方を何とかしてほしいと思います。住処がなくなったのか、エサがなくなったのかは分かりませんが、人里までやってきて暴れるモンスターが後を絶ちません。ゾフィ達が追い払ってくれていますが、復興の大きな妨げになっています」

 マリウスは目を丸くし、ゾフィに尋ねる。

「そんなに多いのか?」

「はい」

 返ってきたのは即答だった。

「私がいる場所では寄って来ないのですが、私一人では自治領全域を守りきる事が出来なくて……」

 申し訳なさそうな顔をしながら説明する。
 耳と尻尾はしょんぼりしたかのように垂れていた。
 マリウスはアウラニースの方を見る。

「モンスター達の統制をアウラニース達に頼みたい。人間と仲よくやれって」

「ん? あいつらだって生きる為に必死なんだろ」

 アウラニースの反応はそっけない。
 生きる為にあがく、という行為を否定する気はないのだ。

「いや、死ねと言っているんじゃなくて、人間と仲よくしろって言いたいだけなんだが。それとも人間がエサなのか?」

「んー」

 アウラニースは考え込み、そしてソフィアを見る。

「人間を食わなきゃ生きていけない奴っていたっけ?」

「いいえ。人間が好物という輩はいますけど、人間しか食べられないモンスターはいないはずです」

「じゃあいいか」

 アウラニースにしてみれば、生きる為に人間を襲う行為は当然だし、そこまで人間に肩入れするつもりもない。
 しかし、人間を襲わなくても生きていけるならば話は別だ。

「ちょっとシメてやるよ。んで人間を襲わないように言い聞かせればいいんだな?」

 アウラニースは笑いながら両手をポキポキ鳴らす。

「ああ」

 マリウスは頷くとアウラニースは部屋を出て行く。
 綺麗ではなく獰猛といった形容がぴったりで、それを見た者達は思わずモンスターに同情した。

「やりすぎないよう監視してきます」

 ソフィアがそう断って出て行ったのも、もっともだとしか思われなかったくらいである。



「人間にちょっかい出すなら、オレが相手だ!」

 アウラニースのその宣言は、ターリアント大陸の東半分に轟いたという。
 俗に言う「アウラニース宣言」である。
 それを聞いたモンスターは、言った相手がアウラニースだと知り、大混乱に陥った。

「ど、どうするんだよ?」

「こっそり襲うか?」

「ばれたら殺されるぞ」

 アウラニースの事は、多くのモンスターが知っている。
 最強の魔王であり、理解不能の災厄であると。
 彼らにしてみれば、アウラニースを敵に回してまで人間を襲う価値などない。
 しかし、全てのモンスターがそう思ったわけではなかった。

「アウラニースは弱い者いじめはしないんだろう? いいのかよ?」

 そう言い放った者がいる。
 ひっそりと生き残っていた魔人だ。
 そんな魔人の言葉をアウラニースは鼻先で笑い飛ばす。

「確かにオレは弱い者いじめをした覚えはない」

 だがと続ける。

「虫けらを踏まぬように避けた事もない」

 つまり自分の意に反する虫けらは踏み潰すと宣言したのだ。

「アウラニースがなんぼのもんじゃあ!」

 一人の魔人がそう叫び飛び出すと、それに続く魔人が数人いる。
 彼らは他の大陸から移ってきた、アウラニースを見た事がない者達であり、それ故の無謀さであった。
 アウラニースはそれを見ても迎え撃つ姿勢を取らない。

「ああ?」

 ただ殺気を込めて睨んだだけである。

「ひっ」

 それだけで魔人達は突進を止め、足元から崩れた。

「あばばば」

 更には全身を震わせ、涙と糞尿を垂れ流して気絶してしまう。
 それを見ていた他のモンスター達も、魔人達の無様さを笑わなかった。
 アウラニースの殺気に当てられ、気絶する者が続出し、笑うどころではなかったのである。

「お前らごときがオレに盾突こうなんて、五千万年早いぞ」

「は、はいぃぃ」

 数少ない、気絶しなかった者達は、必死で首を縦に振る。
 彼らも目に涙を浮かべ、糞尿を垂れ流していたが、そんな事はどうでもよかった。
 とにかくアウラニースの怒りを解きたい一心だったのである。

「他の奴らにも伝えろよ。オレの言う事を聞かない奴は、オレ直々に殺しに行くってな」

「は、はいぃぃぃ」

 こうして悲劇は回避された。
 ただ、悪臭が周囲一帯に立ち込めると言う別の悲劇が起こったのだが、

「アウラニースが怒ったのに、臭いだけですんでよかったじゃないか」

 マリウスがそう言うと誰も反論出来なかったのである。
 一歩間違うと大陸存亡の危機なのは、皆が理解していたのだから。
 ただ、マリウスに宛てて「アウラニースをちゃんと首輪でつないで下さい」という嘆願が殺到したのも事実だった。

「暴れなくなっただけでも進歩じゃないか。なあ?」

 マリウスの言葉にソフィアとアイリスが頷く。

「今までなら、大陸の何割かが消し飛んでいましたね」

「アウラニース様は、我慢を覚えたな」

「何だか納得がいかないぞ!?」

 褒められると思っていたアウラニースは、褒められた気がしないとむくれる。
 マリウスはアウラニースに近づき、髪を優しく撫でた。

「いや、我慢してくれてありがとう。お前のおかげで助かるよ」

 そう微笑みかける。

「お、おう。分かればいいんだ、分かれば」

 アウラニースは頬を赤らめ、小声でごにょごにょと返答した。

「マリウスって女たらしなんですね」

「そうだな。女たらしだから、ハーレムを上手く掌握しているんだろう」

「何でそうなった!?」

 マリウスは叫ぶ。
 むろん二人はからかっているのであり、マリウスもその事は分かっていた。



 マリウスが起きた事でターリアント大陸の復興は急速に進み始めた。
 その原因は、

「いやあ、神を倒したら神の力が手に入っちゃったみたいで」

 などというトゥーバン自治領の主人である。
 まだ不慣れで制御難があるものの、神の力を使えば大陸全体に好影響を及ぼす事が出来た。

「これが神の力か……」

 ティンダロスが滅んだ時、一気に影響が消えたのも分かる気がする。
 理屈的なものではなく感覚的なものだったが。
 マリウスが神の力を手に入れたと知った人間達は、もう何もかも諦めたような表情で応じた。
 もっとも例外的に

「神と戦えるのか! それは楽しみだな!」

 と嬉しそうに両目を輝かせた者もいる。
 その名をアウラニースと言うのは、多分全人類が分かった事だろう。
 最強最悪、災厄の魔王という呼称で知られたアウラニースだったが、恐怖にまみれた伝説はマリウスと知り合った事で終焉を迎える。

「意外と話が分かる」

「強い奴と戦えれば満足するらしい」

「実は綺麗好きで、掃除をまめにやっている」

 といった情報が流れ始めたのだ。
 出所がトゥーバン自治領だったので宣伝工作ではという声も大きかったのだが、アウラニース本人がそれが事実だと証明していく事になる。

「戦ったら面白い相手がいれば、それで満足するらしいな」

 という評価が一つの結論になった。
 アウラニースがマリウスと共に、邪神ティンダロスと戦った事は大きい。
 おかげで彼女が邪神の先兵であるという事は否定されたのだ。
 そればかりかマリウスの頼みで、魔を統制し人類との共存を強要したのである。
 むろん、アウラニースへの恐怖のみでの共存だから、問題が山積みだ。
 しかしそれでも、神の呪縛から解き放たれた世界は、共存へと動き始めたのである。



 邪神討伐から二年後、トゥーバン自治領はトゥーバン王国と名を改めた。
 そしてマリウスが初代国王に即位する。
 「邪神を討った帝王」と呼ばれる人類最強の王マリウスの他、最強の魔王アウラニース、魔王に匹敵するソフィア、アイリス、ゾフィを擁する、人類史上最強国家の誕生であった。
 だが、初代国王の人柄を反映してか、トゥーバン王国は決して侵略行為を行わなかった。
 ターリアント大陸から戦争を追放した、平和の象徴的存在となったのである。

「王様ー」

 マリウスが外を歩くと子供達が笑顔で手を振り、大人達が嬉しそうにお辞儀をしてくれる。
 晴れ渡った空を見ると赤い太陽が元気に大地を照らしていた。
 ナイアーラトテッフの力は消滅したわけではないのに、青い太陽は昇って来ない。
 月も一つになり、マリウスが慣れ親しんだ形になった。
 最初は怯えた人々も今では落ち着きを取り戻している。
 それがマリウスへの信頼の証だと、自覚しているし責任も感じていた。

(頑張っていかないとなぁ)

 マリウスは彼らしくのほほんと決意を固めている。
 後の世において、人魔共存の時代(ネクストライフ)と呼ばれる事になるこの時代は、まだ幕を開けたばかりなのだから。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ