挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
この連載小説は未完結のまま約2年以上の間、更新されていません。
今後、次話投稿されない可能性が極めて高いです。予めご了承下さい。

通り過ぎる100のエッセイ

作者:通りすがり
思い浮かんだ100個ほどの言葉と、それに関する文章。誰かの暇つぶし程度になれたらいいな、と。8/11追記 休載中。2015/01/12追記 再開。
0.初めに
2014/06/01 07:00
1.どれだけ頑張ったか、は他人には無価値だ
2014/06/02 07:00
2.書くことについて悩む
2014/06/03 07:00
3.階段を上って降りて、また上る
2014/06/04 07:00
4.失って気付く、そういうものだ
2014/06/05 07:00
5.時間の速さ
2014/06/06 07:00
6.計画という名の理想論
2014/06/07 07:00
7.時計に支配される
2014/06/08 07:00
8.取捨選択が下手だった。でも、後悔はしていないと思う
2014/06/09 07:00
9.【小休止】意外とエッセイを書くのはキツイ
2014/06/10 07:00
10.一生に書ける文章量
2014/06/11 07:00
11.物語に引き摺られる
2014/06/12 07:00
12.遠くを見てこずに生きてきた
2014/06/13 07:00
13.何かしたい、けれど何もしない
2014/06/14 07:00
14.躓いて、最初に戻る
2014/06/15 07:00
15.【小休止】缶コーヒーとカロリーメイト
2014/06/16 07:00
16.誇りを持つこと
2014/06/17 07:00
17.いつの間にか視野が狭まっている
2014/06/18 07:00
18.誰も私を見ていない
2014/06/19 07:00
19.言葉は行動の代替にならない
2014/06/20 07:00
20.タイピングが好き、文章を書くのが好き
2014/06/21 07:00
21.年上に対する諦め
2014/06/22 07:00
22.追い抜かれる側になるということ
2014/06/23 07:00
23.絶対が欲しかった
2014/06/24 07:00
24.面白いって何だろう
2014/06/25 07:00
25.一万円を超えるキーボードを買った
2014/06/26 07:00
26.『小説家になろう』の思い出
2014/06/27 07:00
27.久しぶりに絵を描いた
2014/06/28 07:00
28.難しいことは、簡単じゃないから難しいのだ
2014/06/29 07:00
29.RPGが大好きだった
2014/06/30 07:00
30.文章を書く時に音楽を聞く
2014/07/01 07:00
31.変人になりたかった
2014/07/02 07:00
32.小説を書きあげたことが、あまりない
2014/07/03 07:00
33.難しいことが好きだけど
2014/07/04 07:00
34.書くことが尽きてきた
2014/07/05 07:00
35.自分はバカなんじゃないかと
2014/07/06 07:00
36.他人の言葉を引用する文章が嫌い
2014/07/07 07:00
37.ノベルゲームを作ろうとした
2014/07/08 07:00
38.異世界に行きたいか、どうか
2014/07/09 07:00
39.ゲームを作りたかった
2014/07/10 07:00
40.読み間違う言葉
2014/07/11 07:00
41.すぐには上れない
2014/07/12 07:00
42.【小休止】電車の中では眠たくなる
2014/07/13 07:00
43.無料の産物
2014/07/14 07:00
44.楽と楽しさ
2014/07/15 07:00
45.困難の分割
2014/07/16 07:00
46.夢見るままで
2014/07/17 07:00
47.自分の時間、他者の時間
2014/07/18 07:00
48.消しては書いて、消しては書いて
2014/07/19 07:00
49.このエッセイの需要
2014/07/20 07:00
50.ギターを弾こうと思った、挫折した
2014/07/21 07:00
51.読んだところで意味はない
2014/07/21 07:00
52.祈るという行為
2014/07/23 07:00
53.発想は大変だ
2014/07/24 07:00
54.他人の感想を読むことは、読書の代替にはならない
2014/07/25 07:00
55.今まで連載したモノは果たしてエッセイだったろうか
2014/07/26 07:00
56.見えない他者に影響される
2014/07/27 07:00
57.六万字
2014/07/28 07:00
58.五年後の自分へ
2014/07/29 07:00
59.読者への問いかけ
2014/07/30 07:00
60.過去に戻りたい気持ちはない
2014/07/31 07:00
61.電子書籍、紙の書籍
2014/08/01 07:00
62.書くことは尽きない
2014/08/02 07:00
63.電話、メールがあまり好きではない
2014/08/03 07:00
64.時間をムダにするということ
2014/08/04 07:00
65.迷い、誤り、再び迷う
2014/08/05 07:00
66.理論的と論理的
2014/08/06 07:00
67.自由が欲しかった
2014/08/07 07:00
68.視線を合わせることが苦手だ
2014/08/08 07:00
69.先延ばしをすること
2014/08/09 22:56
70.久しぶりの更新
2015/01/02 04:52
71.文章評価1 ストーリー評価1
2015/01/03 02:11
72.ラノベの新人賞に送ったことがある
2015/01/05 02:32
73.やる気がない
2015/02/05 01:16
74.量を書くこと
2015/02/12 09:59
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ