挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この連載小説は未完結のまま約半年以上の間、更新されていません。
今後、次話投稿されない可能性があります。予めご了承下さい。

夏の小説道場

長いうつ病との闘病生活で、ガクンと執筆能力が下がってしまったわたし、なつのあゆみがもう一度「小説家になろう」と奮起するため、リハビリを開始することにした。どうやって小説を書いていたっけ・・・・・・そうだ、書き方をエッセイにして思い出そう!と開いた夏の執筆道場。ポンコツなつのは果たして小説の書き方を思い出すのか!?こんなヘロヘロボケボケ回顧録みたいなんでええんか!!?? 執筆の息抜きにどうぞ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

春告草

春を告げる花・梅が咲いたと女性が綴る手紙は、恋しい相手への恋文だった。 霜月透子さん主催される「恋文企画」への参加作品です。

  • 純文学〔文芸〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/02/10 09:19
一人の花好き変わり者 アスペルガー手記

発達障害者(アスペルガー)である著者の手記。

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全15部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/09/14 12:36
徘徊少女

夜を徘徊する「私」は、いつも入らない公園へと気紛れで足を向けた。 そこには思いも寄らない世界が拡がっていて。 純文学を目指して書いてみました。 九藤朋さまの「//

  • 純文学〔文芸〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/29 14:56
真夏の雪に逢いに行こう

《大正後期〜昭和初期》  新しいもの好きがゆえ、ときに“破天荒”と称される秋瀬夏南汰は、中性的な容姿に似合わない程の並々ならぬ野心を持った男子である。  //

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全132部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2018/02/21 22:36
バイオレット、バイオレット、シークレット

人の発する負の感情から生まれる汚濁という異形の化け物や人に害を為す妖怪。 それらを滅することを生業とする隠師(おじ)の一人、神楽菫(かぐらすみれ)。 彼女は幼//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全15部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2018/02/25 09:00
ジャガイモの花は薄紫色

 “Anne of Green Gables”のヒロイン、アン・シャーリーはシェイクスピアの“Romeo and Juliet”の台詞に対して疑問を口にします。//

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全81部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/02/13 14:34
紫陽花孤狼

言葉に宿る音色と力・コトノハを処方する音ノ瀬一族。 その流れを汲む音ノ瀬隼太は、コトノハを処方出来る人間の優位性を信じる選民思想の持ち主であり、自らの理想とする//

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全4部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2018/02/23 11:45
文学と文学でないもの

タイトルの通り重複しています

  • エッセイ〔その他〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/11/07 18:27
おれ、源九郎

こにゃんこ源九郎の、のんきな毎日。

  • 童話〔その他〕
  • 連載(全17部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/02 20:32
小説が書けるようになりますように

知っている、と書ける。 書ける、と物語ることができる。 物語をシーンとして思い描ける、とストーリー展開ができる(小説が書ける) この間に隔たりがあり、ストーリ//

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全9部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/11/23 19:33
文体と認識

わかりにくいタイプの文章です。僕の文章は結論を予め考えているパターンと考えていないパターンがありますが、今回は考えていないので、もやっとするかと思います。ただ本//

  • エッセイ〔その他〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/16 17:23
コトノハ薬局

言葉に宿る音色と力・「コトノハ」を処方する薬剤師・音ノ瀬ことの物語。 四季折々の暮らし、人との触れ合い。 やがて物語は、音ノ瀬一族の核心・暗部へと迫る――――//

  • 純文学〔文芸〕
  • 完結済(全190部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/12/23 09:00
コトノハ縛り 

ツイッターでいただいたお題や診断メーカーで出されたお題、写真、画像により、140字内で綴られたSS。 あなたのお気に召すものがあるでしょうか。

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全22部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 10:58
閉店三十分前

21時30分になると、夜更けのスーパーマーケットの空気が変わる。誰もいないのに開く自動ドア、見えざる手によって落とされるリンゴ、奇妙な客、静かな店に響く子供の笑//

  • ホラー〔文芸〕
  • 連載(全6部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 21:00
小説とは料理である

小説を書くための心構えのようなもの。 誰かのために、というよりは、自分が忘れたくないので書きのこしました。 個人的見解だったりします。

  • エッセイ〔その他〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/05/14 16:03
雪紅 ―――或る少年の一日―――

ある少年の冬の一日に関する考察。

  • 純文学〔文芸〕
  • 短編
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/24 22:34
角田光代と夏目漱石を比較して、文学を考える

聖域追放https://monogatary.com/story_view/124 連載中です。こっちもよろしく。重複しています

  • エッセイ〔その他〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/11/27 20:32
ビー玉遊び

戦時中、家族に先立たれ、ビー玉で遊ぶ少女と、その少女に連れ添った少年のその後の物語。

  • 純文学〔文芸〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 20:33
まぼろしにゆれている

世界から存在という神秘がうしなわれ、全てはまぼろしであるから、寂寥と不安にふるえるのだ。

  • 詩〔その他〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 18:30
礼装の小箱

現代、時の止まったような家の中に生きる旧家の令嬢・華夜理(かより)の日常。彼女は過去の出来事により心に傷を負っていた。 彼女を見守り、暮らしを共にする従兄弟の晶//

  • 純文学〔文芸〕
  • 完結済(全82部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/11/12 09:00
物語の嘘くささと時間に関する中途半端な論考

わけのわからない文章になってしまいました。あまりおすすめできません。抽象的な事によほど興味のある人には少し意味があるかもしれません。重複

  • エッセイ〔その他〕
  • 完結済(全3部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/02 20:00
小説辺境地獄

ここはどこ?小説を発表する場所? あらあら、穴に落っこちた

  • 詩〔その他〕
  • 短編
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/18 20:00
魔術書師ルルディの顧客帳

魔力が込められて書かれた本は、人の姿と意志を持つ魔術書となる。彼女が繋いでいく、本と人との出会い。いつも笑顔、明るいルルディが出会う顧客と、彼女の奮闘記。魔術書//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全57部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 18:23
まちがいシンデレラ

黒山田一族の女は40歳の時点で独身であれば、魔女になる。 遙か昔からえんえんと引き継がれてきた掟だった。 気付けば40の大台に乗ってしまった「わたし」。 その//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全30部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/03/09 00:00
底辺なろう作家の「創作って楽しいですよ」

ネガティブなエッセイが流行る昨今、 底辺なろう作家である僕があえてポジティブに、創作の良し悪しを書いていきます。 これから創作を始める人や心の疲れている人に見て//

  • エッセイ〔その他〕
  • 完結済(全18部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/02/06 02:04
紙の本がスキ!

読書感想文……いえ、感想文などには程遠い、覚書程度のコメントです。 自分の好み全開で、友達にメールするくらいのラフな感じで書いています。

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全196部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 22:55
『あい』を失った女

一話完結型の短編集です。 特定の文字や語句を入れないなど、制限付きの作品(掌編)を書く予定です。 第一話からの現行ルール。 タイトルでカギカッコに入った文字を//

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全15部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/02/22 13:14
おしごとエッセイ ~きぐるみそのほかつめあわせ~

 これは作者が経験した仕事の数々を綴るエッセイです。  ほのぼのライトなノリでお送りします。 内容はこちら。 1章ゲームセンターときぐるみ 2章古本屋 3章//

  • エッセイ〔その他〕
  • 完結済(全50部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 22:18
夢鏡

「耽美」テーマで掘り起こしました。 昔(2014.12)書いた遊女ものです。手直ししています。多分、吉原ラメントあたりを聞いて作った?ような、違うような…

  • 詩〔その他〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/11 09:33
雲や風のようにふわふわ

九藤のつれづれなるままなエッセイ。

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全29部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/11/07 23:59
花の調べを君たちへ

花を使い、人の心身の患部を癒す花療法士の物語。

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全6部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/11/15 12:00
おんきょう

無季自由律の歌、五行歌、短歌など。 カクヨムさんにも抜粋して掲載させていただいております。

  • 詩〔その他〕
  • 連載(全39部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/02/24 09:27
どないやねん!

大阪在住の専業主婦が、思い考えたことを関西弁で書いたったで。家事に創作にうつ病とのバトルに、なんでもアリのお買い得。読んだって!

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全2部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/02/17 18:01
石ころテントと歩く異世界

 余命僅かな森須淳は神界のイザーダ神に呼ばれ、異世界で生きる事を選択した。そこはかつて、従弟の快が召喚された世界。 快から譲られた物は『小さな剣』と『指輪』そし//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全128部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/22 16:44
下垂体の大事な役目(双子女子高生探偵)

秋の夜は、殊の外長い。それに比べて、人の命は案外短い――。 ある一軒家の床の上で転がる男女2体の死体を見ながら、「その人」は思った。 こうして、始まった事件。捜//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全10部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/04/09 08:19
セロファン師は気が進まない

人の最期に降り立ち、望まれる色彩を見せる「セロファン師」が主人公の掌編連作。 纏うは喪の色、漆黒の。彼が取り出すのは極彩色のセロファンの数々。 それぞれ、迎える//

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全19部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2018/02/15 14:43
↑ページトップへ