挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この連載小説は未完結のまま約2ヶ月以上の間、更新されていません。

夏の小説道場

長いうつ病との闘病生活で、ガクンと執筆能力が下がってしまったわたし、なつのあゆみがもう一度「小説家になろう」と奮起するため、リハビリを開始することにした。どうやって小説を書いていたっけ・・・・・・そうだ、書き方をエッセイにして思い出そう!と開いた夏の執筆道場。ポンコツなつのは果たして小説の書き方を思い出すのか!?こんなヘロヘロボケボケ回顧録みたいなんでええんか!!?? 執筆の息抜きにどうぞ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

セレスティアル・ブルー

それは、遠い遠い昔。力導器機(りきどうきき)と呼ばれる機工技術が発達した世界の真ん中に、ぽつんと佇む、古の集落がありました。 森の緑に囲まれ、古くから変わらない//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全91部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/12/18 19:46
一人の花好き変わり者 アスペルガー手記

発達障害者(アスペルガー)である著者の手記。

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全15部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/09/14 12:36
石ころテントと歩く異世界

 余命僅かな森須淳は神界のイザーダ神に呼ばれ、異世界で生きる事を選択した。そこはかつて、従弟の快が召喚された世界。 快から譲られた物は『小さな剣』と『指輪』そし//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全100部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/17 19:07
邪視

 夫が単身赴任で留守にしている生活にもようやく慣れてきた朋子。寂しさを紛らわせようにも友人たちにも社会人としてそれぞれの生活があり、なかなか発散できずにいた。あ//

  • ホラー〔文芸〕
  • 完結済(全10部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/10 18:00
サイコパスの狂奏曲 ―だから僕は考えるのをやめた―

「共感覚―シナスタジア―」。文字や声に色や味を感じるなど、ある刺激に対し、通常の感覚に加えて異なる種類の感覚を同時に生じさせる特殊な知覚現象。この共感覚の持ち主//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全50部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/07/31 23:00
真夏の雪に逢いに行こう

《大正後期〜昭和初期》  新しいもの好きがゆえ、ときに“破天荒”と称される秋瀬夏南汰は、中性的な容姿に似合わない程の並々ならぬ野心を持った男子である。  //

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 20:00
ツェペシュからヴァルコラキへ

美しく、舞い踊るはサン=サーンス。 描き魅せるはダンス=マカブル。 ___________矢張り、黒が一番落ち着きます。 *ツギクル様で重複投稿して//

  • ホラー〔文芸〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 22:46
どないやねん!

大阪在住の専業主婦が、思い考えたことを関西弁で書いたったで。家事に創作にうつ病とのバトルに、なんでもアリのお買い得。読んだって!

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全2部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/02/17 18:01
雪紅 ―――或る少年の一日―――

ある少年の冬の一日に関する考察。

  • 純文学〔文芸〕
  • 短編
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/24 22:34
覇王の走狗(いぬ)

平原にその名を轟かせる超大国『禍国』 三代皇帝・景の御代に『覇王』の宿星を持つと占われた皇子が誕生した――名を戰 皇子・戰が18歳になった年、父帝・景より祭国攻//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全322部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 10:00
まちがいシンデレラ

黒山田一族の女は40歳の時点で独身であれば、魔女になる。 遙か昔からえんえんと引き継がれてきた掟だった。 気付けば40の大台に乗ってしまった「わたし」。 その//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全30部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/09 00:00
空玩具

『空玩具探偵事務所』の秘書が綴る、風変りな所長との日々。 背徳の恋に酩酊する―――――――――――――。 カクヨムさんにも掲載させていただいております。

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全35部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 09:00
君影草

――両親から愛された記憶がない。俺は誰をも愛さず生きていくのだろう。  孤独な人生を送るのが自らの宿命と決めた青年が出会う人々。果たして彼の人生にはどのよう//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全126部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 12:00
花の調べを君たちへ

花を使い、人の心身の患部を癒す花療法士の物語。

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全4部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/23 09:11
はじめの妻

一には、強い絆で結ばれた恋人がいた。 「わたしは、あなたの妻なのだから」 遠く離れても、一途にその背中を追い続ける「てい」。 何があっても伸ばした手を諦めない「//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全108部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/24 00:00
夜の動物園

特に意味も脈略もない独り言。生き物成分多めですが、その他の独り言もあります。

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全22部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/06 15:43
まぼろしにゆれている

世界から存在という神秘がうしなわれ、全てはまぼろしであるから、寂寥と不安にふるえるのだ。

  • 詩〔その他〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 18:30
セロファン師は気が進まない

人の最期に降り立ち、望まれる色彩を見せる「セロファン師」が主人公の掌編連作。 纏うは喪の色、漆黒の。彼が取り出すのは極彩色のセロファンの数々。 それぞれ、迎える//

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全17部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 09:08
徘徊少女

夜を徘徊する「私」は、いつも入らない公園へと気紛れで足を向けた。 そこには思いも寄らない世界が拡がっていて。 純文学を目指して書いてみました。 九藤朋さまの「//

  • 純文学〔文芸〕
  • 短編
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/09/29 14:56
コトノハ縛り 

ツイッターでいただいたお題や診断メーカーで出されたお題で、140字内で綴られたSS。 あなたのお気に召すものがあるでしょうか。

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全11部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/09 17:09
祭囃子が弾けて

帰郷した村で響く祭囃子。引き寄せたのは遠い昔から定められた縁。

  • 純文学〔文芸〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/30 23:59
物語の嘘くささと時間に関する中途半端な論考

わけのわからない文章になってしまいました。あまりおすすめできません。抽象的な事によほど興味のある人には少し意味があるかもしれません。重複

  • エッセイ〔その他〕
  • 完結済(全3部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/02 20:00
桜の樹と若者

町外れにある桜の樹は、いつもと変わらず静かに佇んでいた。 【耽美コンテスト参加作品】

  • 純文学〔文芸〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/19 00:00
雨と海棠

ある傘を忘れた日の出来事。 九藤 朋さんのコンテストに参加させてもらった作品です。

  • 純文学〔文芸〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 00:00
礼装の小箱

現代、時の止まったような家の中に生きる旧家の令嬢・華夜理(かより)の日常。彼女は過去の出来事により心に傷を負っていた。 彼女を見守り、暮らしを共にする従兄弟の晶//

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全64部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/19 09:00
閉店三十分前

21時30分になると、夜更けのスーパーマーケットの空気が変わる。誰もいないのに開く自動ドア、見えざる手によって落とされるリンゴ、奇妙な客、静かな店に響く子供の笑//

  • ホラー〔文芸〕
  • 連載(全6部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 21:00
夢鏡

「耽美」テーマで掘り起こしました。 昔(2014.12)書いた遊女ものです。手直ししています。多分、吉原ラメントあたりを聞いて作った?ような、違うような…

  • 詩〔その他〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/11 09:33
魔術書師ルルディの顧客帳

魔力が込められて書かれた本は、人の姿と意志を持つ魔術書となる。彼女が繋いでいく、本と人との出会い。いつも笑顔、明るいルルディが出会う顧客と、彼女の奮闘記。魔術書//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全53部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/10/11 13:33
光と水の語り草

幼いころから二人だけの世界で成長していく従兄妹・密と渓。彼らはまた、前生においても神として在り、愛し合っていたがその愛情の過激さゆえに非業の死を遂げた。今生で、//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全17部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/02/15 10:05
澄行かば藤の花房匂ひけり

戦国時代。美濃国・関において、名人と名高い刀工がいた。 名を赤七。 ある事件を境に、赤七はまともに刀を打つことが出来なくなる。 そんな赤七に、是非とも名刀を打っ//

  • 歴史〔文芸〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/04/24 06:50
コトノハ薬局

言葉に宿る音色と力・「コトノハ」を処方する薬剤師・音ノ瀬ことの物語。 四季折々の暮らし、人との触れ合い。 やがて物語は、音ノ瀬一族の核心・暗部へと迫る――――//

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全180部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/10/14 09:37
そよ風雑記帳

日常を歩きながら、感じたことなどをふわっふわしながら記している、摩訶不思議?な日常物語です。 現実か夢かは、読み手のあなたにおまかせします。

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全7部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/14 15:47
琥珀

 サスペクトパシーという、感染性の精神疾患のお話です。パンデミックを扱ったパニックものではなく、怖くて痛々しくて切なくて、いじらしいラブストーリーです。アメブロ//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全15部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/05/01 21:44
小説が書けるようになりますように

知っている、と書ける。 書ける、と物語ることができる。 物語をシーンとして思い描ける、とストーリー展開ができる(小説が書ける) この間に隔たりがあり、ストーリ//

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全9部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/11/23 19:33
文体と認識

わかりにくいタイプの文章です。僕の文章は結論を予め考えているパターンと考えていないパターンがありますが、今回は考えていないので、もやっとするかと思います。ただ本//

  • エッセイ〔その他〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/16 17:23
ジャガイモの花は薄紫色

 “Anne of Green Gables”のヒロイン、アン・シャーリーはシェイクスピアの“Romeo and Juliet”の台詞に対して疑問を口にします。//

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全58部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/17 12:00
↑ページトップへ