挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

小説サイト見てたら貴方の端末はウィルスに感染してますとか言われたんだが

作者:情強くん
 困った。

 日曜、夕方。
 寝っ転がって扇風機に当たりながら、スマホで小説サイトを眺める。
 ブックマークしていた作品が幾つも更新されていて、うきうきしながら更新分を読んでいたときにそれは起こった。

「貴方の端末にはウィルスがあります。至急OSをアップデートしてください」
 とか
「今すぐウィルス対策ソフトをダウンロードしてください」
 とか出てくる。

 まじか!?いつのまに!?
 と、思ったのは一瞬。
 すぐによくある悪質な広告だと分かった。
 パソコンでえっちなサイト見てるとたまに出てくる奴だ。
 それかパソコンが変なウィルスに感染してても出てくる奴だ。
 すげえ邪魔な奴だ。
 バックしても、いや、バックボタンを連打しても元のページには戻れない。くそくらえだ。
 タブから消すなり、ホームに戻ってブラウザアプリを消すなりしないといつまで経っても消えてはくれない。
 なんか端末が震えだした。やば。はやくきえろ。おら。

 りんごOSの端末が壊れて、今はロボットOSの端末を使っていた。
 こいつはまだ使って日にちも立っていないし、変なフリーソフトも入れていない。
 往く運命ゲームはダウンロードしたが、まさかそれのせいだとも思えない、仮にそうならなぜ今頃なんだと言う思いもある。

「まさかOSのアップデートを放っておいたから、ネットサーフィン中に変なのに感染したのか…?」
 えっちなサイトとか。

 まあそれはいい。何かやばめのものをインストールとかダウンロードした覚えはないから、キャッシュだかなんだかを消せばいいだろう。
 ぐーぐる先生もそういっている。

 しかしこの端末、使い慣れてないので四苦八苦。
 ブラウザのキャッシュと履歴とパスワードと保存されたなんやらデータを全消去。
 それとどうやら裏で起動していたアプリも一応終了しろって書いてある。OK、バックグラウンドで起動している電話やらメールやら線やら鳥やら笑顔やらを終了する。

 これでまた一々、登録制のサイトをこのブラウザで見るときにはパスワードを入れなきゃいけなくなった。めんどくささでため息がこぼれる。
 入力フォームに登録されていたメルアドやらも綺麗さっぱり消えているから手打ちだ。あっとやほーどっとこどっとじぇーぴーのめんどい事この上なし。

 でも、これで快適に小説を見ることが出来るんだ。やったー。ざまあみろ。
 そう安心していた。

 しかしいざ、サイトを見ていると

「貴方の端末にはウィルスがあります。至急OSをアップデートしてください」ぷるぷる。

 ふぁっきん。

 え、だめなの? これじゃだめ? じゃあなに?ほんとになんか悪いものインストールしてた?
 こうなりゃ、OS初期化とか、アプリ全消去とか超めんどいことしなきゃいけないのか……?
 だるいわーだるるいわー。だるるるるるいわー。

 ふてくされながらも、まだ解決方法があるかもしれないと裏で願う。願って再度先生に聞いた。
「小説サイトを見てたら広告が出てくる」
 二番目の候補にやっほー先生がいた。
「サイトの管理が甘い」
 的な事がかかれてた。

 つまり俺の端末は悪くない?
 俺のセキュリティは万全?(特に何もしてない)
 はー、よかった。俺が情弱になったかと思ったぜ!(事実)

 おら!サイト管理人はよなおせや!
 なんて悪態をつく前に、もしサイト側が悪いってのが本当なら俺以外にも困っている人がいるはず。
 そういう報告があるような場所ってこのサイトにあっただろうか。

 質問版? これっぽい。

 見てみるとどうやらビンゴのようだ。
 俺以外にも被害者がいた。最初からここを見ておけば俺もアタフタせずに済んだと言うものを。
 やはり俺は情弱だった。

 そしてこの被害者たちもどうやら今日被害にあったようだ。コメントの投稿日時的に昨日以前の被害は無く…いや、4月頃にも似たようなことが合ったらしいが、置いといて、とにかく今日か、それか昨日ごろからこの問題が発生しているようだ。

 俺は運よく思いついて質問版をみて、あぁ、こういう出来事が今起こっているんだなぁって知ることが出来た。
 だが、もしかしたら、その昔、えっちなサイトに、いい様にしてやられた俺のような、無垢な利用者もたくさんいるかもしれない。
 そしてそんな純真な彼らは、気づかないうちにこのクソみたいな広告にしたがってあれやこれやと怪しいソフトをインストールだのダウンロードだのしてしまうかもしれない。
 先生に聞くことが出来る人はいい。質問版に気づくことが出来る人も大丈夫だろう。
 でもそのきっかけが無かった人達は?
 このまま運営の対処が遅くなった場合、被害者が増えていくかもしれない。
 なんか俺にも出来ることはないかと考える。

 そうだ、この一件を小説にしてみるか。
 もしかしたら、被害を受ける前の、誰かの目にとどまるかもしれない。
 うまく書けるとは思わない。
 誰かが書いてくれているかもしれない。
 でも、暇だし…。書いたろ!


 そのウィルス注意喚起しているページ、デマの可能性が高いぞ!!!
すでにインストールしちゃった人は……わかんない!調べて!
皆も質問板とか見てみよう!

あと、俺の端末だともう直ってるんだけど、質問板見るとまだ直ってない人もいるっぽいので投稿しました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ