挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

鏡の伊勢、剣の甥

作者:讃嘆若人
大和の大王・大帯彦(景行天皇)は重度の女好きで顰蹙を買いながらも、優れた政治手腕で国をまとめ上げていた。
その頃、筑紫の大王・甕依姫(卑弥呼)の死によって倭国は天界・人間界双方で大変動が起きる。

――ヤマトタケルの悲劇は、なぜ起きたのか?物語は、彼の父・大帯彦と兄・大碓、そして、叔母・ヤマトヒメによって、始まっていた。
Prologue 1
2017/06/14 20:36
Prologue 2
2017/06/15 05:00
1.播磨の事情-1
2017/06/16 05:00
2.播磨の事情-2
2017/06/17 05:00
3.筑紫の政変-1
2017/06/18 05:00
4.小碓と伊勢のおばさん-1
2017/06/19 13:31
5.小碓と伊勢のおばさん-2
2017/06/20 05:00
6.筑紫の政変-2
2017/06/21 05:00
7.筑紫の政変-3
2017/06/24 11:40
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ