挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

準決勝にうってつけの日(再構成版)

作者:右下 カノイ
※この作品は以前掲載していた「準決勝にうってつけの日。」を再構成したものです。ご了承ください。

 前回まで(があると仮定した場合)のあらすじ。
 初の栄冠を期待される聖峰学園は、夏の甲子園準決勝第一試合で、二年連続の春夏連覇を狙う〝王者〟浦川第一と相まみえる。下馬評どおりの投手戦となった試合は四回の表――聖峰学園の四番、キャッチャー高梨ユウキの技ありタイムリーで、打線では劣ると見なされていた聖峰学園が先制に成功。守っては聖峰のエース梛原トオタが、〝王者〟浦川第一の超重量打線を六回までノーヒットに抑える快投を披露して、春夏を通じて初の決勝進出まで、アウトカウント九つを残すのみとなっていた。完封――それどころかノーヒッターさえ現実味を帯びてきていた七回の表。ワンアウトランナーなしで聖峰バッテリーが迎えたのは、〝王者〟浦川第一の四番――〝天才〟都築ハジメ。ワンボールワンストライクとなったあとの三球目。梛原トオタの投じた白球は、〝天才〟のバットに完璧に捉えられてしまい――。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ