挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
囚われの王子と・・ 作者:帆摘
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/105

8話:殿下の事情1

ーーー所変わってーーー

南向きの客室の1室では従者のルークが主人のジェラルドに外套を着せていた。
「全くもう・・・昨日は何も言わずにいきなりこちらの城に押し掛けるわ・・・今日もこんなに朝早くからいったいどこへ出かけるおつもりなんです?」

「まあ、まあ、そんなぶっちょう顔すんなって。別にお前が思ってるようなとこじゃねーよ。」
ぎろりとルークは主人を睨みつけていった。
「一時期、朝からいかがわしい所に入り浸っていた貴方のお言葉は信用なりませんが・・?」
「お前もリディアに負けず劣らずだな・・・。今回はそういうんじゃない。個人的な所用だ。お前はついてくるなよ?」
ルークはしぶしぶ頷いた。「分かりました・・。で・す・が!くれっぐれも問題は起こさないで下さいよ?!この間だって・・う、、もごっ」
止まりそうにない従者の口を塞ぐとジェラルドは苦笑して艶っぽい目を向けると言った。「わかったよ。そんなに俺がいなくて寂しいんなら、今夜添い寝でもしてやろうか・・?」

ルークは真っ赤になって叫んだ。「ぼ、、僕はそんな子供じゃありません!」
「はははは、じゃあまた後でな。」とジェラルドが部屋をでようとすると、ノック音がした。

「ジェラルド王子、いらっしゃられますでしょうか?」
あれは、、たしかリディア付きの侍女だったか・・?

「ああ、なんだい?可愛い子猫ちゃん、僕に何の用かな?」後ろでルークがかっぱーんと口を開けて固まっている・・ああ、なんだってあの方はあんな臭い台詞をはけるのか・・
新米メイドのナタリーは少し引き気味に身を固くすると言った。

「は、はい・・。あの、リディアーナ様が今晩のお夕食を一緒にどうかと誘われておりますが・・」

「リディアが?」予想もしていなかった台詞に今度は少しジェラルドの方が固まった。

「ーーふ〜ん・・・あのお姫様もいったい何を企んでいるのかな・・?」少し小首をかしげてナタリーをドアの壁にゆっくりと押しつけ耳元で囁く。
ナタリーは泣きそうになっている。生まれてこのかたこのように男性に詰め寄られた事がないのだ。後ろでルークの非難がかった声が上がる。「ジェラルド様!」

ゆっくりと手を離すと軽くため息をつく。「冗談だよ。そんなに熱くなるなって。そうだな・・・わかった、夕食の時間には間に合う様に帰ってこよう。。出席するとリディアに伝えておいてくれ。」

ナタリーはほっとため息をつくとそろそろとドアの方まで移動し、おおげさにお辞儀すると慌てて去って行った。
「ジェラルド様、あんな風に女人をからかうなんて趣味が悪いです!」
「別にからかってなんかないさ、、あのリディアが僕と一緒に夕食だなんて、何か企みがあっての事としか考えられないじゃないか。」
「・・・・嫌われているという自覚はあるんですね・・・。」ルークは深々とため息をつく。

「おっと、もう時間だ、遅れると何言われるかわかんねーからな、、あいつは・・ともかく行ってくる!」そういうとジェラルドは足早に出て行った。
cont_access.php?citi_cont_id=610008551&size=300

ランキング参加中です。出来ましたら1日One Click御願いします♪

Newvelのランキング、月1回のクリック御願いします。(。・ω・。)ノ・☆':*;':*
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ