挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
囚われの王子と・・ 作者:帆摘
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/105

人物設定

☆囚われの王子と:人物設定(ネタばれ的要素も少しありますので気をつけてお読み下さい)

■リディアーナ(リディア)16歳:緑黒髪に黒い瞳、真珠の様な肌を持つ美貌の主人公、アステール帝国の王位継承者であり、国王夫妻の唯一の娘。性格は素直で活発。恋愛方面についてはまだまだ子供

■ジェラルド王子 18歳:隣国エストラーダの第二王子。リディアの幼馴染み。剣の腕は諸国に知れ渡っている。茶色の髪に青い瞳。エストラーダの時期国王、パトリックの弟

■囚われの王子 18歳:ある理由により、長年、ユフテスの森の中に建つ塔に閉じ込められている少年

■カイル王子 18歳:古国ユフテスの第一王位継承者。どうやら双子の弟がいるらしいが詳細は不明。何を考えているのか謎の多い人物でもある。3人の異母兄妹がいる

■オースティン 15歳:カイル王子の異母兄弟。第一側妃の息子

■クルト(10歳)&ルーシェル(7歳):カイル王子の異母兄妹。第二側妃の子供達

■ベルガリーゼ 37歳:ユフテスの第一側妃、オースティンの母親

■キルケ 年齢不詳:ギルドに所属する魔術師。色々と秘密を抱えていそうだが・・?

■マリアベル 30歳:アステール帝国筆頭メイド長兼、リディアの養育係

■ルーク 12歳:ジェラルドの従者。エストラーダのキュレット公爵の次男。自由奔放なご主人様にいつも振り回されている可哀想な少年。でも誰よりも主人を敬愛し、慕っている

■ナタリー 17歳:アステール王宮で働く新米メイド。リディアのお気に入り

■ギルロイ・ロムド・イルアディア・アステール王 42歳:リディアの父親であり、現アステール帝国の国王。娘には激甘だが、その政治と治世には諸国からも定評がある。娘の幸せを心から願っている

■ロザリア王妃 49歳:リディアの母親。傾国の美女と呼ばれていた。昔は理由があって大の男嫌いだったらしいが、ギルロイに見初められ、猛アタックされた末に結婚、一児を設ける

■ジークフォルン 年齢不詳:いつも奇抜なスタイルで出歩くオカマさん。キルケを文字通り猫可愛がりする。アステールで手広く商売をしているらしいが、謎の多い人物
■オズベルト 7歳:大国グランディスの皇帝

■イルディアス 28歳:大国グランディスの将軍

■ジルベスター 年齢不詳:グランディスの抱える魔術師

■オーセ (カルナ)21歳:褐色、茶色の髪、不思議な文様の入れ墨をもつ謎の男

■イネスタ王妃 38歳:蜂蜜色の髪をもつカイルと囚われの王子の生母

■伝説の竜の一族:トレムの山の頂きに住むと言われる竜の一族

 ーーーミルセディ・リンドルン/オリバー爺

■始祖ユフティア:ユフテス王家の祖となった少女。竜と関わりがあるらしい

■アルファス:白の王と呼ばれた竜


______________________________________________

地理:おおまかには大きく3つの大陸が存在し、他にもまだ未開とよばれるいくつもの島が存在する。もともと大陸自体はひとつだったらしいが、いつの時代かに3つに分け隔てられた。

▼リムド大陸:なだらかな平原と豊かな水流、3つの大陸の中で一番資源も豊富で住みやすい土地。アステールやエストラーダはこの大陸内にある。また、学園都市のリザルもこの大陸に位置する。

▼ウリムナ大陸:4000mを越える山脈が連なり、森も多い。ウリムナ奥地にある山脈は6000m級の山脈でほとんど動植物が存在しない。だが伝説の竜が住むと言われるトレム山はこの険しい山の中に位置するユフテスや、グランディスはウリムナ大陸の国。

▼ドーラ大陸:3大陸の中で一番規模が大きいが、大陸の半分は砂漠で覆われ、各地に点々とあるオアシスを中心に王国が存在する。大きなところでは、パンディッタや、リディアの母、ロザリア王妃の祖国、スミルナなどがある。
cont_access.php?citi_cont_id=610008551&size=300

ランキング参加中です。出来ましたら1日One Click御願いします♪

Newvelのランキング、月1回のクリック御願いします。(。・ω・。)ノ・☆':*;':*
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ