挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
アンナリーザは今日も元気 ~私の娘は規格外~ 作者:和久井 透夏

第1章 ある日森の中、魔物を放った♪

13/41

#13 狼男には野望がある

「今に俺がこの地上の人間全てを獣人に変えてやる! 獣人の帝国を! 獣人の世界を作るのだ!」
 満月の月を背に、男が叫ぶ。
 見る影もなく変わり果てた彼を目の前にした私達は息を飲んだ。

 そこに居たのは狼男。
 狼の頭に人間の身体。
 その身体は頭と同じ茶色い毛で覆われていて、その手には鋭い爪と肉球らしいものが確認できる。
 足の形も犬が二本足で立ったらきっとこんな感じになるだろうという見た目をしている。

「すごーい! もふもふ~! ねえママ、この人を私のパパにしてもいい?」
 狼男の腕に抱かれ、ズボンと白衣以外は身に付けられていないせいでむき出しになったもふもふの胸板に顔をうずめながらアンナリーザが言う。

「ダメに決まってるでしょう!?」
 思わず私は声をあげる。
 そんな、犬飼っていい? みたいなノリで聞くんじゃありません!

「えー、なんでー? 私パパ欲しい!」
 不満そうに、猫のような耳と尻尾を生やしたアンナリーザはむくれる。
「パパの話は後で聞くけど、その人はダメ!」
 誘拐犯なうえに危険思想の持ち主なんて、どんな優れた才能を持った人間でも願い下げだ。

「大丈夫だ。今回は魔法の途中で邪魔が入ったせいでこんな不完全で中途半端な姿になってしまったが、次はちゃんとアンを完全な獣人にしてみせる!」
 キリッとした様子で狼男は言うけれど、問題はそこじゃない。
 というか、それ以上アンナリーザを獣に近づけようとするなら容赦なく潰す。

「そんな事は心配してないわよ! あなた自分が何してるかわかってるの!?」
「この世界をあるべき姿に変えるだけさ!」
 自信満々な様子で、高らかに狼男は宣言する。

「ふざけないで! 人の娘を誘拐して、変な魔法で勝手に獣人にしようとして、何があるべき世界よ!」
「あんたは考えた事が無いのか、なぜ、この世界には獣人がいないのかと」
「あるわけないでしょう!? 獣人もエルフも巨人も小人も、全部物語の中だけの話なんだから!」
 本気で彼は何を言っているのだろう。

「そうか。優秀な魔術師のようだが、人生の大半を損してるな、あんた」
「はあ!?」
 やれやれ、と狼男が首を横に振る。
 なんで私が残念な奴みたいな反応されなきゃいけないのよ!?

「獣人とか最高だろう! もふもふの体毛にふわふわのしっぽ! 獣の頭だぞ!? それが実際にいたら素晴らしいと、世界中の人間がそうなったら最高だと、なぜ気づかない!?」
「気づく以前に素晴らしいとも最高だとも思わないわよ!」
 渾身の力で私がつっこみを入れれば、そうだそうだ! と私の後ろにいる自警団の皆が声をあげる。

「そうか……あんたはアンの母親で、俺と同じく学会に喧嘩を売った魔術師だというから、もしかしたらと期待したんだがな……」
 言いながら狼男の耳がぺたんと倒れる。
「あー、ママがジャックをいじめたー」
 アンナリーザは狼男の頭を撫でながら、不服そうに私を見る。
 なぜ、私が悪者みたいな扱いを受けなければならないのか。

「だが、そろそろ儀式の途中に乱入してきたあんた達にも影響が出てきたんじゃないか?」
 狼男は急にニヤリと牙を見せて笑う。

 何事かと思った私は、ふと自分の耳の感覚に違和感を覚えた。
 恐る恐る手を頭の方に持っていけば、ふかふかの毛に覆われた謎の物体に触れる。
 辺りを見回せば、皆の頭に犬や猫のような大きな耳が生えている。

「なあに、心配するな。今に全員仲良く完全な獣人にしてやる」
 邪悪な笑みを浮かべる狼男に、ロッドを構えて対峙する。

 なぜ、こんな事になっているのかと言えば、正直私にもわからない。
 強いて言うなら、きっと私の生まれ育ったこの町に帰ってきた事自体が間違いだったんだと思う……。
よろしかったらこちらもご覧下さい。
主人公がピンチになるほど笑っちゃう? おめでとう、俺は美少女に進化した。
異世界転移でアンジャッシュ状態?! 異世界からきた私は復讐鬼らしいです
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ