挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ルームメイト 作者:帆摘
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

41/41

41話

噛み合わない不毛な会話に俺は苛立ちながら、柾樹さんの言葉を思い出す。
(いいか、忍、あの手のタイプの女には常に冷静に対処する術を身に付けろ。煽る言葉に惑わされて自分を見失わないようにするんだ。)
「・・目的はなんだ?何故今更俺に付きまとう?」

「あらぁ・・ふうん。少しは成長したのかしら?そうね・・今日はご挨拶に寄ったまでよ。久しぶりに日本に帰ってきたことだし・・」にやにやと信用ならない笑みを浮かべる相手に対して忍はフンと鼻で笑っていった。

「ふざけるな。わざわざ探偵を使って調べてまで来たんだ。何かあるんだろう?」
真弓は今度は意外そうに目を瞬かせて呟いた。「本当に三流ね・・・あの藪探偵もどき・・・まあいいわ。」

「そう・・ね、貴方・・・死ぬ前のユリアから何か預からなかった?」
「・・・はあっ?何を??」突拍子もない質問に面食らう。

(本当に知らなさそうね・・・参ったわ・・今更あんなものが紛失していることに気づくなんて・・万が一アレが表に出たらまずいことになる)

「別に知らないならいいのよ。邪魔したわね。」

「ちょっ、待て!一体何を・・お前、ユリアと一体」

Susserおぼっちゃん・・Misch dich nicht in anderer Leute Angelegenheiten ein. (他人のことに首を突っ込まないことね)」

掴みかけようとした手を払いのけ、真弓はまるで興味を無くしたかのように冷たい瞳で俺を一瞥するとさっさと歩きだした。

「っち、なんだっていうんだ」とっさに追いかけるべきか否か迷ったが、取り合えずは緊急性のないものとしてあきらめ、部屋に戻ると先ほどの真弓の言葉をゆっくりと反すうする。

「・・・死ぬ前にユリアが俺に託したもの?」なんだそれは・・・。付き合っていたといっても短い間であり、手作りのお菓子などは貰って食べたことはあるが、実際に何か形に残るモノをユリアから貰った記憶はなかった。だが、真弓がわざわざ探偵を使ってまで確かめに来た・・というところに引っかかりを感じる。

それにあの言い方・・まるで、生前のユリアを知っていたかのような・・。一時期真弓と付き合っていた頃に同時に体の付き合いのあった女たちを真弓が裏で手を回して排除していたらしきことはゾフィーから聞いていた。だからこそ、ユリアが集団レイプ被害にあったと聞いた時、真っ先に疑いをもったこともある。

・・・それだけではない・・・?ユリアと真弓の間にはほかに何か繋がりがあったのかもしれない。漠然とした考えに浸りながら・・・そういえば実際に自分はユリアがどういう人物であったのか、交友関係や趣味、背景についてほとんど何も知らなかったことに気づかされた。

そして、もう一つ、気が付いたことがあったのだ。なぜ真弓が自分に執着するのか・・・最初に自分が真弓と出会ったパーティーでは、当初、あからさまにあいつ・・俺の親父にターゲットを絞っていた・・・。親父は良くも悪くも亡くなった母の事しか頭にない。あの手この手の色仕掛けは通用しなかった。

だから・・自分に接触してきた?
そうだ・・、何故あの時もっと深く追求しなかった?

元々関係がこじれだし、俺が別れを切り出したきっかけは、あいつが 俺の母親について、やたらと探ってきたことだった。母の過去については家族の一種の禁忌タブーであり父親も、生前の母親もあまり話そうとはしなかった。まさかの自身の母親が由緒正しいドイツの大貴族、アウグステン○ルグ家の一人娘であったことを知ったのは母親の葬式の席だった。大恋愛の末に級友で親友であったゾフィーの母親だけに居所を打ち明け、父親と駆け落ち同然に出奔した母。母親の素性についてはほとんど知る者はいなかったはずなのに・・・。

今考えてみると、いくら親父が売れている建築家とはいえ、母が滞在していたスイスの医療施設の高額な医療費を独りで負担していたとは考えにくい。もちろん、親友であったゾフィーの母親も負担してくれていたのかもしれないが・・もしかしたら、母の実家と親父の間で何かしらの取引があったのかもしれない・・・。
当主に結婚を反対され、駆け落ちした娘は世間体はどうであれたった一人の娘だったのだ。病弱であった母を連れだし、苦労させた挙句の果てに早死にさせたと現当主は親父を今でも恨んでいるという・・。

母の葬式に一度だけ、祖父だというアウグステン○ルグ家当主と対面したことがある。確か、あの時、いきなり親父に呼ばれて向かった先で出会った初老の男は憎々し気に親父を睨み付け、ちらりと値踏みするように自分を見て何かを呟いた・・・。すぐに出て行った祖父の事は、親父も口にしないし、俺も取り立てて聞くことはなかった。良く思われていないであろうことは雰囲気で感じられたからだ。

俺は、思考をストップさせるとすぐにドイツ行きの航空チケットを手配する傍ら、親父と、ゾフィーの母親にメールを出した。

***

次の日、真樹ちゃんに見送られて、マンションに戻ると、忍さんの姿はなく、リビングのテーブルに2通の置手紙が残されていた。ひとつは私宛に、そしてもう一通はお兄ちゃん宛てだ。

私宛の手紙を開くと、そこには、しばらく理由があってドイツに戻ること、その間のセキュリティーについてや、お兄ちゃんに、しばらくの間一緒に住んでもらうことなどの提案が書かれていた・・・。
cont_access.php?citi_cont_id=582009661&size=200

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

アクセサリー

キスは挨拶、セックスは遊び……。 そんな男の行動一つに、泣いて浮かれて、バカみたい。 実咲は付き合っている彼の浮気を見てしまった。 もう別れるしかない、//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全49部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2012/01/23 11:54
Lord of My Heart

オリヴィア・リッチモンドは都会育ちのお嬢さま。二人の出来すぎた兄と、絶世の美女の姉のすみっこで何不自由なく生きてきた19歳。しかし20歳を目前にして、いまだ夢見//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全56部分)
  • 24 user
  • 最終掲載日:2013/09/02 21:18
大地主と大魔女の娘

ある所に大地主がおりました。彼の所有する森の大魔女が亡くなり、後に残された娘が泣き暮らしていると聞き、彼は不承不承訪れてみました。そこで壊れたように泣きじゃくる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全130部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2012/07/17 16:25
銀のMaZe

2011/3/20 大幅改定しました。詳しくは同日の活動報告をどうぞ。 理系大学三年、芹沢硝子。 平凡を愛する彼女が迷い込んだのは、魔物が存在する異世界だった。//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全24部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2011/03/28 10:35
スイーツ王子の人探し

壊滅的な女子力で、彼氏いない歴20年を更新中の野田狭霧。そんな狭霧だがお菓子作りだけはプロ並みの腕前を持つ。 狭霧が差し入れに紛れ込ませたクッキーを食べた学校の//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全89部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2016/04/01 17:00
薬屋のひとりごと

薬草を取りに出かけたら、後宮の女官狩りに遭いました。 花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。現状に不満を抱きつつも、奉公が//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全178部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2017/08/27 02:16
灼熱の氷

社交界きっての美男子ラザフォード伯爵は新しい妻を探しているらしい。 伯爵の義妹の家で家庭教師をしているエミリアは、メイド達の噂話を遠巻きに聞いていた。初めて伯爵//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全24部分)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2012/11/04 00:00
蜂蜜とミルクティー

商社に併設するカフェ「スクラリ」で働くさえないアルバイト店員杏実は3年間片思いをしていた。  「黒の王子」と呼ばれる彼、"朝倉 颯人"。 ちょっとしたきっかけか//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全100部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2013/05/12 08:53
紡ぎ唄のように - Spinnerlied genannt -

『不遇なお針子』と『不運な騎士』の2人が織りなす、紡ぎ唄のように連綿と続く絆の物語

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全45部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2013/05/15 00:00
EYES

17歳のバースデーに告白してふられた阿見香。傷心を慰めていたところに追い討ちをかけて災難が。突然現れた傲慢不遜な外人男に、流暢な日本語で暴言を吐かれ絶句する――//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全10部分)
  • 28 user
  • 最終掲載日:2011/10/13 05:35
素直になれなくて

友人達に誘われて「お見合いパーティー」に連れていかれてしまった真羽。そこで知り合った男は最悪だけど、実は凄い男だった・・・

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全41部分)
  • 30 user
  • 最終掲載日:2015/08/21 19:52
御曹司×妹ばかり可愛がられたせいでコンプレックス持ち少女

露木朱音は自尊心が低めな高校生だ。それは両親が妹・琴音ばかり可愛がってきた事や、妹の自分に対する態度が原因。琴音は幼い頃からずっと朱音が大切にしているものばかり//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全85部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/12/05 22:00
三年目のイリス

後宮に入って三年目、幸運にも王の寵愛を得られなかったイリスは、規則により家に帰される事となった。 しかし荷造り中に偶然王と会ってしまい・・・。 「折角ブサイクに//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全74部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2011/07/05 09:04
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/08/26 00:00
野に咲く花のように

とある王国の後宮の片隅でひっそりと生きる側室、セシル。 このまま、何事もなくひっそりと生きて行くのだと思っていた彼女の日常は思いがけず国王 エドアルドの寵愛を受//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全103部分)
  • 24 user
  • 最終掲載日:2015/10/20 17:42
伯爵様の新妻

国1番の美貌の伯爵、ゼノ。そして前妻の産んだ息子は天使のように愛らしい。 それに比べごくごく平凡な容姿のアイリスは子爵家にも関らず、ド貧乏。ゼノから告白され、ア//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全23部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2011/03/23 15:16
君が私の唯一

澤木 雪菜は兄以外の家族から幼少期から中学2年まで虐待にあっていた。 母からは憎悪の感情を向けられ、妹には親友と兄以外の全てを奪われていく。 初恋の彼//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全48部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/06/28 01:37
上官殿の申すことには。

「単刀直入に言う。結婚しよう」 鉄面鉄皮、軍人の鑑、氷の男などと表現される無表情、でも美形な上官殿はおっしゃいました。 直属上司からの突然のプロポーズで危険と//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全33部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2012/04/30 00:08
盟約の花嫁

お前たちが望む間だけ、お前たちを導くとしよう。その代償として、お前たちは私に人族の花嫁を与えよ。お前達が約束を違えぬ限り、盟約が破られることはない。・・・・・か//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全65部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2015/07/08 20:59
合鍵

両親が海外赴任をする事になり、一人暮らしをする事になった桜音。女の子の一人暮らしは心配だと、両親はある人物との同居を提案してきた。その人は、桜音の通う学校で王子//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全112部分)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2015/06/21 21:56
薬の罠に気をつけて

王弟フィオン・アルファードに『惚れ薬』が盛られた。まったく困った様子も見せず、一人の少女を口説き始めるフィオン。そんな彼にいきなり甘い言葉をささやかれ、戸惑うコ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全71部分)
  • 30 user
  • 最終掲載日:2014/09/20 23:33
愛に帰す

強大な軍事力と政治力を持つ列国最強の国ロゼ。王は23歳という若さながらも賢帝と崇められていた。王妃サラは辛い現実に苛まれていた。結婚して3年。王は一度もサラを抱//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全23部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2011/06/15 00:00
撃ち抜いたのは

蜂蜜色の髪とミントみたいな翠の瞳の軍人と、平凡なちまい娘の物語。 悪い大人の男のイケメン無自覚らぶアタックに翻弄される初心な純朴乙女のときめき無意識らぶアタック//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全23部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2012/12/04 22:06
いつか見た虹の向こう側

社会人一年生の美緒は、自分が提案した結婚記念日デートで姉夫婦を事故で亡くした。そのため美緒は、姉夫婦の忘れ形見である拓都の母親になろうと決意し、仕事と子育てに翻//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全100部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/09/28 23:39
いとしのあなた(シリーズ版)

ずっと大好きだったあなた。例え愛のない政略結婚だったとしても、冷たい目しか向けてくれなくても、手を触れてはくれなくても。あなたはわたしの愛しい人。※本編は完結済//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全18部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2012/03/23 18:15
琥珀色の誘惑

月瀬舞は父が普通の公務員なのに、お嬢様学校に入れられ厳しく育てられた。普通と違うのは高めの身長と母が旧華族出身ということ。ところが、舞の二十歳の誕生日に、クアル//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全80部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2011/03/22 13:50
幼馴染の溜息

王城内に勤めるフレアには幼馴染がいた。近衛隊副隊長になったばかりの彼はご令嬢方の婿候補として『超』優良物件。そんな彼との関係がバレてしまったばっかりに穏やかだっ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全33部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2011/04/07 14:05
侯爵様と女中(メイド)

近代がモデルの異世界恋愛もの。男爵令嬢エステルは侯爵の嫡男と婚約していた。相手は幼馴染であり、初恋の人だった。しかし、ある日、その婚約は一方的に破棄される。それ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全49部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2011/09/07 07:00
カン違いにもほどがある!

美春は駆け出しのWebデザイナー。優秀な弁護士だが中身は?な兄と二人暮らしをしている。ある日派遣先の会社で社内運動会に出て活躍したことから社長に気に入られてしま//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全86部分)
  • 25 user
  • 最終掲載日:2012/09/16 21:00
SPELL NAME

彼の名前は、絶対に言ってはいけない。私の本当の名前も、絶対に知られてはいけない。それは私をここへと繋ぎとめる―――禁句。女神の刻印を胸に持ちながらも、城下でひっ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全34部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2012/06/30 00:14
男爵令嬢と王子の奮闘記

前世で身分違いの結婚をした記憶を持つ男爵家の令嬢シャナ。あんな苦労はごめんだと思っていたのに、ある日、女嫌いの王子を助けたことから運命の歯車が狂いだす。「お前と//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全61部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2016/05/19 05:38
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全181部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/11/09 22:45
ホログラム

恋愛経験ゼロ、仕事に生きる花はある日、母親にハメられてお見合いをさせられる。愛想もへったくれもないお見合い相手の一言にブチ切れて脱走するが、その後再会。 ――と//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全24部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2010/07/01 00:00
愛しいとおもう

たった一瞬のことだった。一目惚れだった。 それから8年間の間ずっとくすぶっていた初恋は、どうやら叔父にバレバレだったらしい。彼の国に嫁げるようそれとなく叔父が父//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全20部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2015/06/13 18:40
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
竜王はご機嫌ななめ

美春は普通の高校3年生。ある日学校からの帰り道事故にまきこまれ、次に目が覚めたとき、そこは異世界だった。 周りには何人もの神官、そして美しくたたずむ一人の男、竜//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全20部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2013/02/11 16:07
↑ページトップへ