挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
織田家の長男に生まれました 作者:いせひこ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

25/84

お白州にて

白州は江戸時代からのものなので、当然この時代だと先取りです。
信広の趣味ですね。名前の読み上げや鼓もそうです。

「其方らも降りに参ったと!? 一体どうして……」

「どうしてとはおかしな話よ、安城次郎殿も知っておろう? 出仕停止命令を受けたのでな」

「今の広忠殿には諫言を吐く家臣は要らぬらしい」

「拙者は内通を疑われてな」

信孝の問いかけに、旧松平家臣はそれぞれ理由を口にする。

「出仕停止命令を受けたからと言っても……」

「安城次郎殿の城と領地が横領されたのでな、このままでは儂も危ういと思ってな」

「今の広忠殿では三河を治められぬ。民を労っているのは五郎三郎殿の方よ」

「まぁ、実際拙者と将監殿は内通しておった訳だが」

「何!? 内膳正殿!? それはどういう事か?」

「与一殿、今それを言わんでも良いであろうよ?」

「なに、折角だから全て話してしまおうではないか。単純な話よ。今川方から五郎三郎殿を調略するよう命令を受けておったのだ」

あー、忠尚と清定のおっさんは偶にウチに来てたんだよな。
弾正忠家を滅ぼし、尾張を獲った暁には、尾張守護の地位を、と言われてたんだけど、正直それまでどうすんだよ? って感じだった。

「まぁ、無駄であったがな。けんもほろろとはあの事よ」

「仕方あるまい。あの時の五郎三郎殿は弾正忠家宗家から資金提供を受け、それで領地を開発しておったのだ。同じ額を出せと言われても、松平は勿論、今川でも不可能であっただろうからな」

そうそう、受ける意味が無いんだよねー。
正直家督とか要らないし。どう考えても面倒臭いよ、家督争いなんて。俺を巻き込まないでくれ。

「三左衛門殿はどうして……?」

「さっきも申した通り、安城次郎殿の領地が横領されたのでな。三木が奪われたのだ。上和田も危ういと思って当然であろう。矢作川の向こうに逃げ場を作っておきたかったのだ」

忠倫は結構明け透けに言うよね。
ついでに言うとこの人の本領は矢作川西()岸の佐々木郷らしいんだ。
なのに東岸の上和田城乗っ取ってそれ土産に寝返ってきたんだから。
この時代の世知辛さを感じるよ。一応一門なのにね。
俺もこうならないように注意しないと。

ちなみに佐々木郷にある佐々木城には弟の忠就さんが入っていて、近々寝返り予定。
もうちょっと待ってな。今目立つと色々まずいから。

「さて監物」

「はは」

それまで俺の背後に控えていた古居ふるいに声をかける。

「其方の危惧したような事はないと思うが、どうか?」

古居は、この降って来たオジサン達が、松平側の間者ではないか? と疑っていた。
まぁ、ついこないだまで敵対してた家の家臣が突然「寝返ります」と言ってやってきたら、内通を疑うよね。

「敵を欺くには、と申しますが、流石にこれは演技ではないように思われます」

「儂もそう思う」

古居の言葉を肯定し、俺は改めて、信孝に向き直る。

「さて、松平安城次郎信孝よ。儂は其方を信用しようと思う」

「ありがたきお言葉」

「しかし儂の家臣や、尾張の織田家には当然、其方らの忠誠を疑う者も居る。そのためまずは協力体制とする事でどうか?」

「と申されますと?」

「うむ。そこな酒井将監忠尚、松平三左衛門忠倫、松平内膳正清定も含めた四人、それぞれを独立領主として、我が弾正忠家に力を貸して貰う形だ。現在の弾正忠家と水野家の関係が近いな」

「昨日まで敵だった者をすぐに信用できないのは当然の事と思われます。今後の働きにて、信を得たいと考えております」

信孝が頭を下げると、改めて、先に降っていた三人も頭を下げた。

「ではそれぞれはそれぞれの城に戻って周辺を治めよ。必要があればこちらの作事衆を貸し、田畑の開発、街道の整備も行う故、後日文書にてその旨伝えよ。それと、これから三年は協力の証として、年貢の一割をこちらに寄越せ。但し、その分を民から取ってはならぬ」

「「「はは」」」

三人は即座に了承するけど、信孝だけが戸惑っている。

「そうせよ、と命じられたなら、さようにいたしますが、恥ずかしながら、拙者には今城も領地も……」

そう言えば、信孝は何もかも奪われた後だったな。
今安祥城の西北に城を作ってるけど、尾張との間に位置するこの城に、降ったばかりの将を入れるほど、俺も楽天家じゃない。

「そうか、ならば城を獲りにいこうではないか」

「は?」

「其の方らも軍勢を率いてついて参れ。今回の槍働きでもって信用の証の一つとしよう」

「戦をするという事ですかな? しかしどちらに?」

尋ねたのは忠尚。

「矢作川西岸に食い込んだ松平方の城の一つ、姫城よ」

さて、人生初の城獲りだ。安祥城? あれは俺主導じゃなかったからノーカン。
まぁ今回も、俺が主役な訳じゃないけどさ。
信孝含めて今回降った四人も例に漏れず資料の少ない人達です。
特に全員年齢不詳。父親や甥、兄、弟などの年齢からある程度の範囲を決めたくらいですかね。
松平信孝 30代
酒井忠尚 40代
松平忠倫 30代
松平清定 40代
それぞれの通称に関しても、酒井忠尚と松平清定は資料にありましたのでそのまま。
松平信孝は無かったので、安城松平家に属する事と、次男である事から「安城次郎」に。
松平忠倫に至っては、存在そのものが怪しい武将。「三河物語」の佐崎三左衛門と同一人物とする資料があったのでそれに倣いました。なので通称も三左衛門。

そういうものだとご了承ください。

2/20追記
姫城は額田郡ではなく碧海郡でした。安祥城も碧海郡なので、「碧海郡は姫城よ」では違和感があるので、「姫城よ」だけに修正しました。

2/28追記
松平忠倫と上和田城について、大久保氏との兼ね合いから矛盾が少ないように修正しました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ