挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ゆめうさぎ

作者:那結多こゆり
 いずみはねる前に、お絵かきをしてからふとんにはいります。その夜、たまたま絵をかく紙がなくなったので、ママの鏡台きょうだいにかざってある、大きく引きのばされた写真しゃしんをつかってしまいました。そこには、子どものころのママのうでにだかれ、にっこりとわらっているうさぎのぬいぐるみがうつっていました。

「いずみ、かえしなさい。」

 ママが気づいて、いずみから写真をとり上げたときには、クレヨンがぬられていました。

「……こんなにしちゃって。ママの大切な写真って言ったでしょ。」

 はあー、とためいきをつくと、ママは赤い色でぬりつぶされた写真を見て言いました。

「このぬいぐるみは、もうないのに。」
「ごめんね、ママ。」

 ママのには聞こえていないのか、ママはいずみにせ中をむけたままです。しかたなく、クレヨンをかたずけて、ふとんにはいりました。
 つぎの朝。おうちでかっている、チャボのチャチャのなきごえで、いずみは目がさめました。

「おはよう、ママ。」

 いずみがママのいるだいどころにいって、朝のあいさつをしても、

「おはよ。」

 ママは、ひくい声で答えたのです。いつもだったら、

「きょうは、はやかったのね。」

 と、 いずみにわらった顔を見せてくれます。
 まだ、ママのごきげんはなおっていないみたいです。いずみは、ほっぺを風せんのようにふくらませました。

「いいもん。ママなんて。」

 そのまま、いずみは外へととびだしてしまいました。テーブルの上においてある、アツアツの食パンとゆげが出ていたミルクは、もうすっかりさめていました。

「ちゃんとごめんなさいしたのに、ママなんてきらい。」

 空を見上げると、うすぐらい雲から明るいたい太陽ようが顔を出していました。きのうからふりつづいた雨はようやくや止みました。
 いずみは、近くにあった水たまりを長ぐつで力いっぱいふみました。 くつのまわりには、水がとびちります。そして、白いわたがしのような雲が、いずみの体をぎょうざみたいにくるみました。

「へんなの。」

 ふしぎな気もちがしましたが、いずみはそのまま公園に行きました。なかよしのたくちゃんやみーこちゃんには会えませんでしたが、ブランコにのったり、すべりだいですべったり、ひとりであそんでいました。
 いずみが空を見ると、水色にみかん色がまざっていました。もう、家に帰らないと、まっくらになってしまいます。
 公園を出て、まっすぐに家に帰ると、ママがげんかんの前にある、花の手入れをしていました。

「ただいま。」

 いずみが声をかけると、ママは首をかしげて言いました。

「うちに、なにかごようなのかな。」

 よその子を見るようなママの目に、いずみはドキンとしました。

「ママ。いずみ、もういたずらしないから、そんなこといわないで。」
「いずみちゃんっていうのね。おばちゃん、あなたのこと知らないのよ。いずみちゃんは、わたしのことを知っているのかな?」

 ママにそう言われて、いずみの心は空っぽになって、 まいごになったようでした。ママの顔を見ていた目は、なみだがあふれだしました。

「なんでー。ママだよ。ぜったいに、いずみのママだよ。」

 いずみは、洋服ようふくでなみだをふきとりました。ママは、こまった顔でいずみを見ています。ほんとうに、いずみのことを知らないみたいです。

「……ママ……。」

 それだけ言うと、いずみはママにせ中をむけて走り出し、いままであそんでいた公園にもどりました。

「ママのばかぁ……。」

 だれもいなくなった公園の中で、いずみはブランコをゆらしながら、なきました。なみだが、いずみのほっぺをたきのようにながれおちて止まりません。
 もう、いずみはママのことをおこっているわけではなく、ママにだいてもらいたくなっていたのです。

「あ、やぁ。」

 とつぜん、どこからか、声がしました。

「え? だ、だ、だ、だれ?」

 いずみの声がふるえています。こわくてしかたがありません。
 すると、 いずみのブラウスのポケットから、てのひらにのるくらいのうさぎのぬいぐるみが出てきたのです。どことなく、ママの大切な写真にうつっていた、 うさぎににています。

「う、わ、わぁぁぁぁー!」

 いずみは、びっくりしてブランコからおちてしまいました。 こし腰に力が入らなくなって、体をささえている手も、ガタガタとゆれています。

「だいじょうぶかい。」

 ぬいぐるみのうさぎが、いずみのすわっていたブランコにとびのりました。

「しゃ、しゃべったぁー!」

 おどろいているいずみを見て、うさぎはやれやれというふうに、りょう手のてのひらを上にむけ、ハの字をつくりました。

「しかたないなぁ。」

 ふうー、といきをついて、うさぎはブランコに腰をおろしました。

「ここはね、きみのすんでいる町とそっくりな、もうひとつの町なんだ。ちがうといえば、どうぶつやぬいぐるみがぼくのように、話したりうごいたりできることかな。」

 頭の中がごちゃごちゃで、いずみにはよくわかりませんでした。

「ママ、ママがぁ。」
「あぁ、ママとそっくりな人がいたんだね。でも、あの人はきみのママじゃないんだよ。うーん、そうだ。こう言ったらわかるかな。この町は『ゆめのせかい』なのさ。」

 いずみは、じぶんのほっぺをつねります。

「いたい。ゆめじゃないもん。うそつき。」

 クスクスと、うさぎがわらいました。
 さっきまで、うさぎのことをこわいと思っていたいずみでしたが、いつのまにかその気もちがなくなりました。

「あのね、いつもならねているときにゆめを見るよね。だけど、ちょっとしたはずみでここに来てしまうこともあるんだよ。」

 にっこりと、うさぎがほほえむと、いずみはなぜか心がウキウキしてきました。

「ちょっとしたはずみ?」
「そう。おかあさんとケンカして、いつまでたってもおこったままでいたりするとね。」

 いずみは、家をとび出してからのことを思い出しました。

「いずみ、ママにあやまったのにゆるしてくれないから、だから頭にきて水たまりをふんじゃった。」
「きみは、いずみちゃんっていうんだね。そうそう。あとはぬいぐるみをなげたりしちゃうと、ここに来てしまうことがあるよ。やつあたりというしぐさかな。」

 とたんに、いずみのまゆげが富士山ふじさんのかたちをえがきました。ママのことを思い出してしまったのです。

「ママ、いずみのことしんぱいしてるよ。ねぇ、帰りたいよー。」

 また、いずみの目になみだがたまりはじめました。うさぎはやさしくなだめます。

「ママをおこっているきもちがなくなれば、しぜんにかえれるよ。ほら、もう……。」

 すると、いずみの目にうつっていたうさぎが、少しずつ遠くになって、やがて見えなくなりました。

「……かおりちゃんによろしくね……。」

 いずみの耳に、かすかにうさぎの声がとどきました。

「ママ……。」

 いずみが目をさますと、ママのうでの中でした。どうやら、公園でうたたねをしていたらしいのです。

「ママもいずみがあやまっているのに、ぷんぷんしちゃってごめんね。」
「いずみも。」

 ママは、いずみの頭をかるくなで、ぎゅーっとだきしめました。

「ママ。」

 いずみは、ママのかたにほっぺを何回もこすりました。

「うふふ。 もうすぐパパも帰ってくるから、いそがなくっちゃね。」

 ママは、はや足になって言いました。ママの腕の中で、いずみはゆられているうちに、ねいきをたてていました。
 つぎの朝、いずみはママからいちまいの写真を見せてもらいました。

「また、この写真を引きのばそうかなぁ。」

 ママは、はなうたをうたいながら、たのしそうです。
 写真には、小さいころのママにだかれた、あのうさぎのぬいぐるみがうつっていました。そして、うらめんいっぱいに、『かおり、五さい。うさぎくんといっしょ』という字がかかれていました。
 いずみは、ママに内緒ないしょで、その写真のうさぎにキスをしてあげました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ