挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

雨と紅茶とルーブ・ゴールドバーグ・マシン

作者:蒼井 拓
雨の日には紅茶を。それが彼女の不文律らしい。彼女の名前は、霧原希更という。ぼくはこの名前を復唱するときに、三回噛んだ。情報科学研究部の部員にして、部長だ――「ぼく」こと黒宮慧佑と「部長」こと霧原希更との、回りくどい(まるでルーブ・ゴールドバーグ・マシンのような)部活動のひとときについての話。
2014/06/01 00:00
2014/06/01 00:38
2014/06/01 00:41
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

黒姫の魔導書

帰り道の交通事故にて死んだ杜人(もりひと)は、次に目覚めた時なぜか異世界の魔導書に宿っていた。そこから数奇な運命を辿り、使い手となる落ちこぼれの少女、レネと出会//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全155部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/01/02 19:00
↑ページトップへ