挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

にゃんにゃんジュニア

作者:那結多こゆり
 今日は、まなみのたん生日。お昼には、なかよしのけんちゃんやひろみちゃんたちを、まなみの家によんで楽しくあそびました。
 夜、パパの帰りをまって、ママとまなみの三人で、もう一回いわうことになっています。
 テーブルには、ママのやいたまんまるのケーキとちょっぴりこげているお肉がおかれています。

「おいしそう。」

 まなみは、はなをくんくんとかぎました。
 ふんわりとしたあまいケーキや思わずよだれが出てしまいそうな、お肉のにおいがしました。

「パパが帰ってからよ。ね?」

 そう言ってママは、まなみのすきなみかんジュースをれいぞうこからとり出して、まなみのコップにたっぷり入れてくれました。

「ただいまー。」

 げんかんでパパの声がします。まなみの顔は、ぱあっと晴れたようになりました。

「パパぁ、おかえりなさいー。」

 よいしょ、とまなみはイスからとびおり、パパのところへと走って行きました。
 早く、ごちそうが食べられるのと、プレゼントをもらえるのが、ごっちゃまぜになって、まなみはうきうきしています。

「ただいま、まなみ。パパもすぐに台所に行くから、先に行ってて。」

 パパは、まなみの頭をゆっくりなでると、わらいました。

「うん。」

 大きく一回、首をたてに下げると、まなみはどたどたと台所へ走って行きました。
 きがえをすませたパパがイスにすわったので、まなみのたん生日会のはじまりです。

「まなみ、五才のたん生日おめでとう。」
「おめでとう、まなみちゃん。」

 パパとママは、にこにこ顔で言いました。

「カンパーイ。」

 三人のもったコップどうしが、カーンコーンと音をたてました。それから、ママが電気をフッとけしました。
 テーブルにおいたケーキの五本のろうそくの明かりが、ゆらゆらとゆれています。

「フゥーッ!」

 元気よくまなみは、ろうそくの火をふきけします。それから、電気がつきました。

「さぁ、まなみ。パパたちからのプレゼントだよ。あけてごらん。」

 ピンクのリボンでむすばれた小さなはこ箱を、パパはまなみにさし出します。

「ありがとう、パパ。ママ。」

 しゅるしゅるとリボンをほどいて、まなみははこ箱のふたをあけてみました。

「ねこちゃんだぁ!」

 中から出てきたのは、まなみのてのひらにのるくらいの、 小さなねこのぬいぐるみです。

「でも、ほんもののねこちゃんがいいな。」

 しばらくすると、まなみは風船がしぼんだような顔をしました。

「ごめんね、まなみちゃん。ママね、どうしてもねこがさわれないの。」

 まゆ毛をハの字にして、ママは言います。ママは、ねこアレルギーなのです。

「ううん。このねこちゃんでいい。」

 左手の上にねこのぬいぐるこをのせ、まなみは右手でいいこいいこ、と頭をなぜてあげました。

「まなみ、このねこの名前は、ねこちゃんなのかい?」

 パパは、目の前にあったお肉をハシでつかみました。

「うーん。どうしようかなぁ。」

 まなみが考えていると、ママがまなみの分のケーキを、切ってもってきてくれました。

「ねこちゃんでも、かわいいじゃない。」

 と、ママは言います。

「うーん、そうだっ。けんちゃんがいい。」

 幼稚ようち園で一緒のけんちゃんの名前を出しました。

「あたし、女の子だから、いやよ。」

 すると、どこからともなく、小さな女の子の声が聞こえてきました。
 まなみは、びくっとして、それからまわりを見わたしました。

「どうしたの、まなみ。」
「ケーキ、食べないのか? パパが食べちゃうぞ。」

 パパもママも、その声には気がついていないみたいです。

「やだぁ。まなみのだもん、食べる。」

 そう言って、まなみはケーキをひと口、口に入れました。

「まなみちゃん、早くあたしの名前をつけてほしいな。」

 また、まなみの耳に女の子の声が聞こえます。パパもママも、やっぱりわからないようです。
 今度こんどは、テーブルの上にのっているものを見てみました。

「あっ。」

 するとどうでしょう。まなみの左手の中にいた、ねこのぬいぐるみが、まなみにウインクしているではありませんか。

「やっと、みてくれた。ねぇ、あたしの名前、教えて。」

 ねこは、まなみのことを新しいお友だちと思っているらしく、にこにことしています。
まなみは、がたがたとふるえがとまりませんでしたが、 ねこのかわいい笑顔をみていたら、いつのまにかふるえがなくなっていました。

「ねこちゃんのぬいぐるみって、話せるんだね。まなみ、うれしい。」

 ひとり言のようにいうまなみに、パパとママは首をかしげていました。

「やぁね、まなみ。ぬいぐるみがしゃべったりするわけないのよ。」
「そんなことないもん! ほら。」

 ママにむかって、ねこを見せてみました。ママは、ジーッとねこを見ましたが、

「やっぱり、ただのぬいぐるみよ。」

 と、まなみをがっかりさせました。
 そんなことないのに、とまなみがねこの顔を見たとたん。

「パパはまなみの言ったことを信じよう。むかし、パパが小さいころ、ぬいぐるみと話したことがあるんだぞ。」

 パパは力強い声でまなみに言いました。

「ほんとっ、パパ!」
「もちろんだよ。パパはな、ねこが大好きでな、パパのパパにお願いしたんだけど、えなかったんだよ。でも、パパのママが、ぬいぐるみをくれたんだ。」
「ねぇ、パパ。その子がパパとお話ししてくれたの?」
「そうだよ。だから、パパはまなみのことを信じたいんだ。」
「うわぁ。パパもなんだぁ。ねぇ、パパ。その子の名前はなんていうの?」

 まなみの目がキラキラと光っています。パパは、ビールをもっていた手をはなし、テーブルにおきました。

「はずかしいんだがな。」

 もじもじしているパパを見て、ママはくすくすわらっています。

「ママは知っているの?」
「前に、パパから聞いたことあるのよ。」
「じゃあ、教えて。」

 ママはパパを見ました。

「いや、パパが教えてあげよう。名前は、にゃんにゃんだよ。」
「えー! かっわいい。ねぇ、パパ。その名前、ちょうだいねっ。」

 まなみには、どうしてパパがはずかしいと言ったのかわかりません。
 しかし、パパのつけた名前が、まなみにはかわいく思えたのでした。

「ねこちゃんの名前、きまったよ。」

 テーブルの上においたねこに話しかけると、まちくだびれたように大きなあくびをしてみせました。

「うれしい。で、どんな名前?」
「にゃんにゃん。」

 すると、ねこは目をまんまるくしてびっくりしましたが、 にっこりとわらいました。

「うふふ。ありがとう。」

 ママだけが、まだねこの声がとどいていないのか、口をパクパクしています。

「きっと、あのねこがまなみにおれいを言っているんだよ。」

 と、パパがママに耳打ちしていました。

「あなたのぬいぐるみは、どこにあるの?」
「七年位前、この近所きんじょのリサイクル店に引き取られたよ。店長の子どもが、そのぬいぐるみをほしいと言い出したらしい。それまでは、おふくろの仕事場にあったから、大方、その子が見てきにいったんだろ」
「おかあさん、ピアノ教室開いているものね。でも、せっかくのたからものなのに。」
「まぁな。 でさ、まなみのたん生日だと聞いて、店長があのぬいぐるみをまなみにって。おれいのつもりかな。」
「もしかして、あなたがもっていたぬいぐるみをつかって新しく作ったのかしら。にゃんにゃんは。」
「そうかもしれないな。だとしたら、にゃんにゃんジュニアかな。」

 パパとママは、楽しそうに話しています。まなみとにゃんにゃんも、顔を見合わせてわらいました。そして、にゃんにゃんはパパに聞こえるように話しました。

「そうだよ。あたしのママは、じんくんにかわいがってもらった、にゃんにゃんなの。」

 自分の名前を言われてびっくりしましたが、パパは少しなつかしい顔をして、にゃんにゃんを見ました。

「まなみのあそびあい手になってな。」
「もちろんよ、じんくん」

 聞こえていないママも、わかっているような笑顔で、パパを見つめていました。

「にゃんにゃん、ずっとまなみのそばにいてね」
「うん」

 まなみは、にゃんにゃんのおでこにそっとキスをしました。
 五才のたん生日会は、まなみにとって、わすれられない一日となりました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ