挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
多分僕が勇者だけど彼女が怖いから黙っていようと思う 作者:花果 唯

後日談

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

29/29

わたしがまもるの

 ずっとおうちにいなかったおとうさんが帰ってきた。
 おとうさんが帰ってくるって聞いてから「まだかな、まだかな」って待っていたから、おうちにいた時は嬉しかった。
 最初に見た時に、おかあさんのことをぎゅーってしていたからびっくりしたけど!
 おとうさん、おかあさんのこと大好きなんだねえ。
 わたしも大好きだとぎゅーってするから一緒!

 おかあさんはおとうさんが帰って来てからずっとニコニコしているし、あまり怒らなくなったの!
 おにいちゃんは……気にしないふりしているけどすーっごく気にしている。
 本当はおとうさんのことが大好きなくせに!
 だっておとうさんと仲良くするわたしのこと「いいなあ」って目で見てるもん。
 ぎゅーってすればいいだけなのに本ばっかり読んでいるから、からだより先に頭が動いちゃうんだよ。
 わたしみたいにいっぱい動いていたらからだはすぐに動くのにね。

 おとうさんが帰ってきてよかったことがある。
 それは……やっとおうちでごはんを食べる時のイスがあまらなくなったー!
 なんだか欠けているような気がしていやだったの。

 四つあったイスの一つはいつもおにいちゃんがごはんを食べている間、おばあちゃんの魔法書を置く場所になっていたけれど今はおとうさんの席。
 おにいちゃんは「……置くところなくなった」とか文句を言っていたけど、ごはんの時まで持ってくるのが悪いと思うの。
 それに本当は四人でごはんを食べられるのが嬉しいのに、文句を言っておとうさんを泣かせるのはやめてほしい。
 おとうさん泣き虫だからやさしくしてあげなきゃ。

 おかあさんによしよしされているおとうさんを見たら「本当に勇者なのかなあ」と思うけど、キリッとしているときのおとうさんは凄くかっこいい。
 何もしていなくても、まわりがビリビリする感じがして「強い」って分かるの。
 あれ、凄くかっこいい……わたしもあんなになりたい~!
 めざせ、おとうさんみたいな勇者!

「おとうさん! でしにしてください!」
「でし……ああ、弟子? ……弟子!? ええ!?」
「うん! わたし、おとうさんみたいになりたいのっ! 剣をおしえて!」
「……っ!!」

 困った顔をしていたおとうさんだったけど、必死に頼むと両手で顔を覆ってしまった。
 これ、おかあさんが「放っておきなさい」って言うときのおとうさんだー。

「父さん……娘が……僕みたいになりたいって……!! 剣を教えて欲しいって……!!」

 おとうさんが一人でお話ししているから、おかあさんに言われた通りに放っておいた。
 今のうちにおかし持って来ようかな~。

「グレイス!」

 あっ、おとうさんが意外に早く復活した。
 すでに五歩くらい離れてしまっていたから慌てて戻った。

「力になってあげたいけど、まだ早いんじゃないかな? 危ないからもう少し大きくなってからの方がいいと思うんだ」

 そう言うおとうさんの目元は赤くなっていたけど真剣な顔だった。
 かっこいい時のおとうさんだ。
 大好きだけど……。

「やだ!」

 困らせたくないけれど、絶対に嫌だ。
 今すぐ教えて欲しい、今すぐ強くなりたい!

「でもね……」
「いやよ!」
「小さい頃のアリアみたいで可愛いっ……じゃなくて。やっぱり危ないし、剣以外のことなら……」
「剣がいいの! おじいちゃんの剣はわたしが貰うの!」
「えっ?」

 わたしとおにいちゃんが触ると危ないから、飾るのをやめたというおじいちゃんの剣。
 前は玄関から入ってすぐの部屋に並んでいたのよっておかあさんから聞いた。
 少しだけ片付けているのを見せて貰ったけど、何本かあった剣はどれもとても綺麗だった。
 特に剣の鍔にお城の旗にあった絵と同じ物がついている剣がかっこよくて一番すきになった。
 だからまたすぐに片付けられてしまって悲しかったなあ。
 おかあさんはわたしがあの剣にふさわしい強い子になるまで触っちゃ駄目だって言う。
 早く強くなって、暗いところに閉じ込められてしまったあの剣をわたしが出してあげるの!
 それを言うと、お父さんの目がまた赤くなった。

「剣はグレイスがっ……ありがとう。おじいちゃんは絶対に喜ぶよ!」
「じゃあおしえてくれる!?」
「それは駄目だよ」
「えー……おとうさーん……」
「だ、駄目!」

 教えてくれると思ったのになあ。
 結局その時はおとうさんはよい返事をしてくれなかった。

 でもその日の夜――。
 みんなでごはんを食べているときにもう一度おとうさんに教えて欲しいと頼んだら、おかあさんが味方をしてくれてあっさり教えて貰えることになったの。やったあ!
 そっか、おとうさんに「駄目」って言われたらおかあさんに頼めばいいのね。
 いいことが分かってよかった。
 おにいちゃんにも教えてあげよ。



「グレイス、疲れたら歩いてもいいんだよ?」
「ううん、ずっとはしるわ!」

 今はおとうさんと朝の特訓中、並んで村の中を走っている。
 と言っても、これはおとうさんが帰ってくる前からしていること。
 前は村を囲う塀の内側を一周りしていたけれど、今日は三周走ってみせる!
 これで最後の三周目……はあ、つらいよお!

「くるしっ……」
「無理しちゃだめだからね」
「うんっ!」

 わたしの隣を走るおとうさんは全く疲れていない。
 わたしなんて口を大きく開けてお魚みたいになっているのに、おとうさんは口を閉じたままニコニコ笑っている。
 むー……くやしい。
 やっぱりおとうさんは凄いなあ。
 いっしょに走っていると、村のみんなもおとうさんを見ているのが分かる。

 やっぱり勇者ってすごいんだなあ。
 おにいちゃんは、おとうさんがあの火竜にも勝ったことがあるって言っていた。
 うそだと思うけど、おにいちゃんが「本当だ!」って怒っていたから本当なのかなあ?
 うーん、でも絶対うそだよ。
 だっておとうさん、お空飛べないもん。

 でも、竜には勝てなくても世界で一番強い人っていうのはまちがいなのよね?
 どんなにからだが大きくてこわそうな人でも、おとうさんには敵わないのよね!
 ……わたしもおとうさんに負けないくらい強くなる。
 おじいちゃんの剣を貰って……剣で大好きな人を守るんだ!

 おかあさんとおにいちゃんは、おとうさんに任せるの。
 だって、誰にも……おかあさんにも言っていないけど……わたしの一番守りたい人は別にいるから!

「ほら、グレイス! 家が見えて来たよ。あとちょっとだ!」
「うん!」

 家の前から出発したから、家に着いたら終了。
 あと少し……この角を曲がったら!
 気合を入れて最後の力を振り絞った。

「っはー! おわりー!!」
「……よし、到着! グレイス、おつかれさま」
「はあっ……やったあ! はしりきったわ! ……っておにいちゃんっ! せまい!」

 全力疾走で家の前に着くと、木陰で本を読んでいるおにいちゃんは凄いものに背中を預けていた。
 最近よくおにいちゃんの近くで見るようになった真っ赤で大きなかたまり。

 ――グルルルッ

「『せわしく動きまわらなくても、行きたいところがあるなら私が運んでやるぞ』だって」

 本から目を離したおにいちゃんが、火竜を見てからわたしを見た。

「ありがとう?」

 わたしには「ぐるる」って聞こえただけだったけど、おにいちゃんは火竜の話していることが分かるらしい。
 いいなあ。
 それにしても……。

「おにいちゃん、もっとひろいところでよんだら?」

 家の前が火竜の大きな身体でぎゅうぎゅうになっている。
 火竜はからだを丸めてなるべく場所を取らないようにしてくれているけど……そもそもここにいることが間違いだと思うの。

「移動するのが面倒……うん? 静かなところに連れていってくれるのか?」

 どうやら火竜が、動きたくなさそうなおにいちゃんに素敵な提案をしたみたい。
 おにいちゃんは本をぱたんとたたみむと立ち上がった。

「お父さん。おれ、火竜と行ってきていい?」
「ああ。あまり遠くには行くなよ? 頼んだよ、火竜」

 火竜はおとうさんが話し終えると、器用に大きな羽でお兄ちゃんをすくい上げて背中に乗せた。
 もう慣れた感じがしている。
 いつもこうやって乗せて貰っているんだなあ、いいなあおにいちゃん。

「あ! かぜがすごいんじゃ!?」

 こんな狭いところから火竜が飛び立つと家が壊れちゃう! と思って慌てたけど、火竜はちゃんと気をつけてくれたようで羽を動かさないままスーッと空に上がり、雲と同じくらいの高さになってから羽ばたきはじめた。

「魔法で上がって行ったね。あんなことも出来たのか。火竜はすっかりエミールに懐いてしまったなあ……」

 おとうさんは少し寂しそうに笑いながら空を見上げていた。
 太陽の光を浴びて赤い宝石のように輝く火竜の姿は、移動をはじめるとあっという間に小さくなり、山の向こうへ消えて行った。
 おとうさんは火竜のことをおともだちだって言っていたっけ。
 仲良くしていたおともだちが他の子ともっと仲良くなって、あまりあそんでくれなくなったらさみしいよね。

「おにいちゃんがかえってきたら、おとうさんもいれてあげてってたのんであげるね」
「グレイスは優しいね。ありがとう」

 おとうさんにしゃがんで貰い、いいこいいこと頭を撫でてあげると笑ってくれた。
 キリッとしているおとうさんはかっこいいけど、笑うおとうさんは綺麗だなあ。

「ルークッ! 帰ってる!? 来てー!」

 おうちの中からおかあさんの大きな声が飛んできた。
 おとうさんに何か手伝って欲しいのかな?

「はーい! アリアが呼んでいるからおとうさんは行くね?」
「うん! わたし、遊びに行ってくる!」
「ははっ、走った後なのに元気だなあ。気をつけて行っておいで」
「はーい」

 お父さんが家の中に入るのを見てから、背伸びをして身体を伸ばした。
 うん、もうからだの調子はばっちり!
 苦しかった息も元に戻っているし、おうちにいてもおにいちゃんがいないからつまらない。
 そうなったらわたしの頭の中に浮かぶのはひとつ。
 大好きな人に会いに行くの!
 わたしは思い当たる場所を目指して走り出した。
 待っててねー!!



 村の中を駆けていると、村の男の子達が木の棒で打ち合いをしているのが見えた。
 わあ、楽しそう!
 足を止めずに眺めていると、打ち合いなのに相手の木の棒を取り上げているセルジュをみつけた。
 あれは負けたのを木の棒のせいにしているなー?
 本当に棒がボロで弱かったから負けたのだとしても、ああいうことをしたらかっこわるいわよねえ。
 セルジュ、弱いのにおにいちゃんに偉そうであんまり好きじゃないし。

「あ! グ、グレイス! よう!」

 もう通り過ぎようと思っていたのに、セルジュに気づかれちゃった。
 んー……でもそのまま行っちゃおう!

「またねー!」
「え!? 待てよ、一緒に……!」
「ばいばーい」

 ごめんね、セルジュに構っていられないの!
 だって……もうすぐ大好きな人に会える!

 目的地の牛舎まであと少し!

「あ!」

 道の先に目を向けると、牛舎の方から歩いてくる人影を見つけた。
 目に入ってきた大好きな赤色に嬉しくて思わず飛び跳ねてしまった。

「ロイおにいちゃ~ん!!」

 ロイお兄ちゃんの赤い髪は綺麗だ。
 お母さんとおにいちゃんも一緒の赤い髪でずるい!
 おとうさんと同じ髪も綺麗で良かったけど、わたしも赤が良かったなあ。
 おかあさんに「それをお父さんの前で言っちゃ駄目よ! 泣くから面倒臭いわ!」って言われているから、おとうさんには内緒だけど。

「わああああいロイおにいちゃんだあっ!!」
「うわっ!? こらグレイス! 突進して来るなって昨日も言っただろ!」
「えへへっ」

 全力で走って行って抱きつくと、昨日と同じように叱られてしまった。
 怒られるって分かっているんだけど……でも、我慢出来ないんだもん!
 わたしは誰よりもロイおにいちゃんのことが大好きなのだー!

 わたしがロイお兄ちゃんを大好きになったのはきっかけがあった。
 あれは……一年前くらい前のことかな。



 おにいちゃんよりも走り回っていたわたしは、村を囲う塀に穴が空いているのを見つけて、そこから外側に出てしまった。
 木の棒で剣の練習をするわたしに村のみんなは「グレイスはお父さんに似て強いのね」「女勇者の誕生ね」と言ってくれていた。
 だから魔物退治はまだ無理でも、狩りくらい出来ると思っていた。
 わたしより弱いセルジュが大人達の狩りについて行って「たくさん獲物を仕留めた」と言っていたし、狩りなんてものは簡単なのよ! と本気で思っていた。

 だからおかあさんの大好きな兎を狩って帰ろうと、わたしはハイデの森の中を一人で突き進んだ。

「いたー! わたし、すごい!」

 兎はすぐに発見!
 こちらにおしりを向けてむしゃむしゃと草を食べている姿を見ると、木の棒という頼りない武器でも簡単に仕留めることが出来ると嬉しくなったけど……。

「え……」

 木の棒を振り上げ、狙いを兎の小さな身体に定めた瞬間、突然わたしはこわくなった。
 兎が襲いかかってくるんじゃないかとか、そういう「こわい」じゃない。
 木の棒を振り下ろすことがこわかった。
 兎は可愛いけれどわたしは何回も食べているし、可哀想だけどおいしいし、『獲物』になるのは仕方ない……って村の人が言っていた。

『だから命を奪うことは悪いことじゃない。食べるためなんだからいいのよ』

 そう言って微笑む、いつもやさしい村のおばさんの姿が頭の中に浮かんだ。

「いいこと……いいことなのよね?」

 ぽつりと呟くと兎の耳がピクリと動き、パッと振り向くとこちらを見た。

「!」

 兎の真っ黒な瞳と視線がぶつかった瞬間、わたしの身体は動かなくなった。
 兎は今、何を考えているのかな……わたしがこわい?

 ごめんね。
 でも、仕方ないから。
 おかあさんが喜ぶから、これは『いいこと』なの。
 だからわたしはあなたを狩るの。
 木の棒を握る手にぎゅっと力を込めた。

 再び仕留めようと、狙いを兎に定めたけれど……。

「……できないよお」

 結局わたしは兎を逃がしてしまった。
 兎はわたしから目をそらすと一目散に逃げていった。

 簡単だと思っていた狩りが出来なかったこと、兎を狩るのが怖かったことがショックだった。
 セルジュに出来ることがどうしてわたしには出来ないの?
 そんなことを考えているといつの間にか涙が出ていた。
 くやしいのか悲しいのか、それとも怖いのかよく分からないけど涙がぽろぽろ零れた。

 おかあさんに会いたくなって家に帰ることにした。
 兎肉のおみやげは手に入れることが出来なかったけど早く会いたい。
 おにいちゃんにもこの話をして、わたしはどうして狩りが出来なかったのか教えて貰いたかった。
 物知りでわたしのことなんてなんでもお見通しのおにいちゃんならきっと分かるはずだもの。

「? え……ここ、どこ……」

 ぼーっとしながら歩いたわたしは村への戻り方が分からなくなった。
 ああ……また「こわい」だ。

 おうちに帰れなくなったらどうしよう。
 魔物が出てきたらどうしよう!
 その恐怖が込み上げて来たのと同時に……バサッという羽音が聞こえた。

「なに!?」

 顔をあげると、周囲の木の枝に十匹くらいカラスが止まっていた。
 わたしを取り囲むように、少しずつ間隔をあけてとまっているのが気持ちわるい。
 そういえば……カラスとよく似ている魔物がいるって聞いたような?
 目の前にいるカラスたちは「カア」って鳴かないし……魔物?

 いや、カラスでもカラスに似た魔物でも、わたしならどちらも倒せるはずだ!
 そう意気込んだけど……。

「むり、かも……」

 今のわたしはおかしい。
 どちらにも手を出せない……倒せない……そんな気がする。

 わたし、全然強くなかったんだ!

「うー……こわいよお。おかあさん……」

 カラスの視線がわたしに集まっているのが分かる。
 狙われている……!
 このカラスは、さっき木の棒を振り上げたわたしと一緒だ。
 バサリと一羽がとまっていた木から離れた。

「!」

 カラスの行く先にいるのは間違いなくわたし。
 わたしを食べる気!?
 悲鳴をあげることも出来ないわたしを狙い、他のカラス達も動き始めた。
 続々と木を離れ、こちらに向かってくるのが見えた。

 そんなに速い動きじゃない。
 叩き落とそうとすれば出来ると思う。
 なのにからだが全然動かない。
 こわい!
 どうすることも出来ず、ぎゅっと目を閉じたその時――。

「グレイス!」

 誰かがわたしの名前を呼んだ。
 そちらの方を向くよりも前に抱きしめられて、誰かのからだで前が見えなくなった。
 でもとても近くでバサバサとカラスの羽ばたきが聞こえる。

「うわあ、痛えなあ! クソカラスもどき! グレイス、それ貸せ!」
「え? ロイおにいちゃん?」

 聞き慣れた声の人はわたしの手にあった木の棒を奪うと、あっという間にカラスを追い払ってしまった。

「なにやってんだよ、お前は」

 抱きしめてくれていた身体が離れて、それと同時に怒っているような声が降ってきた。
 カラスはいなくなったけど、怒られるのもこわいよお。
 びくびくしながら顔をあげると、怖い顔をしたロイおにいちゃんが手でからだについた羽を払っていた。

「あ」

 怒っているロイお兄ちゃんの顔に血がついていた。
 ち、血だ……どうしよう!

「うん? あ、ちょっと切ったんだな。まあ、突かれた時にくちばしか爪が掠ったんだろ」

 血を見て固まったわたしを見て、ロイおにいちゃんはケガに気がついたようだ。
 顔を触って手についた血を見て「大したことはない」と笑っている。
 よく見たら他にも小さな傷がたくさんあるし、服に穴が空いているところがある。
 ロイおにいちゃんはたぶん村からいなくなっていたわたしを探しに来てくれたのんだと思う。
 わたしのせいで……ロイおにいちゃんに怪我をさせてしまった。

「ロイおにいちゃん……ごめん、なさっ……」

 止まっていた涙がまた流れてきた。
 おかあさんにごめんなさいをするときは泣いちゃだめだって、ちゃんと謝らなきゃだめだって言われているけど涙は止まらなかった。

「とりあえず帰るぞ」

 そう呟くと、ロイおにいちゃんはわたしの頭に手をぽんと乗せた。
 何も言えず足も止まったままでいると、ロイおにいちゃんはわたしをだっこして歩き始めた。
 からだが大きくなってきて、最近はだっこなんて誰にもして貰っていなかったから嬉しいけど、歩くのが大変じゃないかな?
 自分で歩いた方がいいのは分かっているけど……歩けって言われるまでこのままでいよう。
 思っていた以上にこわかったようで、知らないうちにからだがぶるぶる震えていた。
 でも、ロイおにいちゃんにくっついていると安心する。
 ……安心するとまた兎を狩れなかった情けなさも思い出してしまった。

「ロイおにいちゃん……わたし、つよくなかった。いっぱいこわいことがあって……なにもしない兎がとてもこわかったの」

 はじめて体験した「こわい」だった。
 あんな「こわい」があるなんて知らなかった。

「おお! とうとうそこまで来たか! やっぱりグレイスは早いなあ!」
「え?」
「いやあ、おれも通ったな、その道。おれはもっと遅かったけどな。さすがだなあ」
「……?」

 てっきり呆れられるか、グレイスってそんなに弱かったのかってがっかりされると思ったのに、ロイおにいちゃんは嬉しそうに声を張り上げた。
 どうして……?

「兎、狩ることが出来るのに狩れなかったんだろ?」
「……うん」
「それはお前が良い子に育っているってことだ。よかったよかった」
「?」

 出来なかったら良い子なの?
 がっかりじゃないの?
 どういうことかよく分からなくてロイおにいちゃんを見た。
 わたしが見ていることが分かったようで、ロイおにいちゃんはちらりとわたしを見てくれたけど、すこし笑っただけで何も言ってくれなかった。

「ルークだったらこんなことで怪我なんてしないんだろうなあ。おれはまだまだだな」
「え?」
「お前の親父は凄いよ。世界中の人を守っているんだから。誰にでも出来ることじゃない」

 ロイおにいちゃんはわたしのおとうさんだという勇者様に憧れているんだって。
 ロイおにいちゃんの口からは、よく『ルーク』という名前が出てくる。

 子供の頃のロイおにいちゃんは、知らない間に守られていたらしい。
 村の近くの魔物を倒してくれていたり、外に出るときはこっそり見守ってくれていたりしたそうだ。

「ルークにはなれないけど……でも、おれにも出来ることはある。なあ、グレイス」

 呼ばれて顔をあげると、ロイおにいちゃんは真剣な表情でわたしを見ていた。
 怒られるのかなと思ったけど……違った。

「ルークがおれにしてくれたみたいに、おれがお前を守ってやる。だから、お前のお母さんは怒るかもしれないけど、お前はお前の好きにしたらいい。ルークみたいにこっそり助けるなんて芸当は出来ないから、どこかに行ったり何かしたいときはおれに言え。一緒について行ってやるから」
「……いいの?」

 おかあさんもおじいちゃんもおばあちゃんも、危ないから村の外に出ちゃだめ、勝手なことしちゃだめって言うのに……。

 ロイおにいちゃんはつよくなかったわたしにがっかりせず、すきにしていいと言ってくれた。
 こどもだから、おんなのこだからだめって言わなかった。
 どうしよう……うれしい!

 それに守るって言ってくれてすごくうれしい!
 うれしすぎて胸がドキドキしている。

「怖いままでいたくないだろう?」
「!」

 ロイおにいちゃんに言われてハッとした。
 そうだ、わたしはこのまま、『狩りはこわかった』でおわりたくない。
 強くなりたい。
 また外に出たい!

「うん!」

 大きな声で返事をすると、ロイおにいちゃんも大きな声で笑った。

「ははっ! お前は絶対強くなるよ。お父さんみたいに人を守れる強い奴になれる」

 人を守れるようになれるなら、ロイおにいちゃんを守りたい。
 もうロイおにいちゃんに怪我をさせたくない。
 ううん、絶対にさせない!
 この時にわたしは決めた。

 ロイおにいちゃんがわたしを守ってくれるなら、わたしがロイおにいちゃんを守る!

 わたしはそれから、ロイおにいちゃんをあちらこちらに引っ張り回すようになった。
 怒られることもあるけど、やめろと言わずに一緒にいてくれるロイおにいちゃんが大好き!



「おはよう、グレイスちゃん」

 牛舎から歩いて来たロイおにいちゃんの隣に人がいることは分かっていた。
 それが誰かということも。

「む。……レナさん、おはようございます」

 最近とても気に入らないことがある。
 それはこのレナさんが、ロイおにいちゃんと一緒にいることが多いということ!
 なんで!
 思わずじとーっとレナさんを見てしまう。

「グレイス、どうした?」
「なんでもないよ」

 ロイお兄ちゃんは口を尖らせているわたしを不思議そうに見ているけど、レナさんは苦笑いだ。
 わたしが思っていることを分かっているのだと思う。
 だったら来ないでよー!
 べーって舌を出したいけど、ロイおにいちゃんに見つかったら叱られるからがまんだ。
 その代わりに、ロイおにいちゃんの腕にギュッとしがみついた。

「ロイおにいちゃん、どこかにいくの?」

 ロイおにいちゃんを見ると、村の中では必要のない剣を持っていた。

「え? あ、ちょっと湖の方に……」
「あそこ、まものがでるからあぶないって……」
「危ないのは湖の中だけだから。水辺に近づかなかったら大丈夫だ」
「じゃあ、わたしもいく!」
「え! あー……今日はちょっと……。また今度連れて行ってやるからな」
「どうしてきょうはだめなの?」

 ロイおにいちゃんはちらちらとレナさんの方を見ている。
 レナさんも村から出るようなしっかりとしたローブを着ているから湖に行くにちがいない。
 どうしてわたしだけのけ者なの?
 ロイお兄ちゃんの腕にしがみついたままレナさんを見ると、また困った様に笑われた。
 むっとしそうになったけど、次の言葉を聞いて飛び跳ねた。

「いいじゃない。グレイスちゃんも一緒に行きましょう」
「やったー!」
「ええ!?」

 なんだ、レナさん、わるい人じゃないかも!
 ロイおにいちゃんはなぜか不満そうだけど私達は三人で湖に出掛けることになった。
 わあい、おでかけだ!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

クラスが異世界召喚されたなか俺だけ残ったんですが

【2017/9/30 モンスター文庫様より書籍化しました。また、デンシバーズ様にてコミカライズ連載が決定しました!】 突然異世界の神からの半ば強制的な依頼で俺//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全164部分)
  • 2868 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 23:41
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 3121 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全267部分)
  • 3111 user
  • 最終掲載日:2018/02/23 00:00
即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。

※書籍化しています。4巻まで発売中! 成長チート? 無限の魔力? 全属性使用可能? そんなもの即死能力で一撃ですが? 本当に最強なら、戦いにすらならない! 全//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全105部分)
  • 2823 user
  • 最終掲載日:2018/01/27 00:49
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 3525 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全362部分)
  • 2879 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 01:48
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全127部分)
  • 3120 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 03:49
甘く優しい世界で生きるには

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全255部分)
  • 2758 user
  • 最終掲載日:2017/12/22 12:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全138部分)
  • 3036 user
  • 最終掲載日:2018/02/21 12:16
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全537部分)
  • 3452 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 23:34
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全143部分)
  • 2849 user
  • 最終掲載日:2018/01/01 00:48
魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった

【富士見ファンタジア文庫から書籍版の刊行が決定しました!】 アルベイン王国に突如として現れた、千年に一度の才能を持つ『奇跡の子供たち』。彼らは十歳前後にして、並//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全120部分)
  • 2751 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 20:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全194部分)
  • 2824 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 00:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 )

◆カドカワBOOKSより、書籍版12巻+EX巻、コミカライズ版6巻発売中! アニメ放送は2018年1月11日より放映開始です。【【【アニメ版の感想は活動報告の方//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全567部分)
  • 3580 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 18:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全405部分)
  • 3770 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 23:00
没落予定なので、鍛治職人を目指す

前世でプレイしていたゲームのキャラに生まれ変わった主人公。そのキャラとは悪役令嬢とともに没落し、晩年を夫婦として一緒に暮らすクルリ・ヘランという男だった。 ゲー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全113部分)
  • 3072 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 14:02
外れスキル【地図化】を手にした俺は、最強パーティーと共にダンジョンに挑む

 【地図化(マッピング)】——。    15歳になったノートが贈与の儀で与えられたのは【世界地図(ワールドマップ)】や【地図(エリアマップ)】の下位互換とされて//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全47部分)
  • 2856 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 15:18
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全444部分)
  • 3087 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 01:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 3525 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
冒険者になりたいと都に出て行った娘がSランクになってた

 駆け出し冒険者の頃に片足を失い、故郷のド田舎に引っ込んで、薬草を集めたり魔獣や野獣を退治したり、畑仕事を手伝ったり、冒険者だか便利屋だか分からないような生活を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全71部分)
  • 3743 user
  • 最終掲載日:2018/02/23 16:51
真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました

 勇者の加護を持つ少女と魔王が戦うファンタジー世界。その世界で、初期レベルだけが高い『導き手』の加護を持つレッドは、妹である勇者の初期パーティーとして戦ってきた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全86部分)
  • 4297 user
  • 最終掲載日:2018/02/23 17:24
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 3579 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~

とある世界に魔法戦闘を極め、『賢者』とまで呼ばれた者がいた。 彼は最強の戦術を求め、世界に存在するあらゆる魔法、戦術を研究し尽くした。  そうして導き出された//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全177部分)
  • 2994 user
  • 最終掲載日:2018/02/22 03:06
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全306部分)
  • 3959 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 18:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 3169 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます

 ―最上級職から初級職になったのに、より強くなるだけでした―  最強の《竜騎士》アクセルは、王家の依頼により勇者パーティーの一人として魔王を倒した。その後、多大//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全62部分)
  • 2762 user
  • 最終掲載日:2018/02/10 00:22
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全218部分)
  • 2967 user
  • 最終掲載日:2018/02/23 18:43
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全866部分)
  • 2784 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 10:00
↑ページトップへ