挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

ご近所はヴァンパイア

作者:平中なごん
※ジャンルは一応「ホラー」ですが、主に恐怖を目的とするという意味においてのホラーとは少々違いま す。読んでいただければわかるかと。
 実際に起きた「ヴァンパイア(吸血鬼)」を巡る二つの事件を下敷きにして、
 それらをモデルに描いたフィクションです。

 一応、四章立てにしてありますが、さらっと一気読みできる短篇小説です。

 「魔法のiらんど」にも掲載し、なかなか高評価受けてる作品です。
 http://s.maho.jp/book/cbf535e0ba35d6cd/6621624001/

〈あらすじ〉
 ロンドン郊外、〝僕〟ことジョナサン・エドワーズの家の裏に住むポーランド移民の老人ウラシマウ氏は、どういうわけか吸血鬼(ヴァンパイア)の存在を頑なに信じ、しかも、その吸血鬼が近隣住民の中に潜んでいて、常に自分のことを狙っているのだという奇妙な妄想を抱いていた。ある日、間違って届いたウラシマウ氏宛の小包を届けに行った僕は、いきなり聖水を顔に浴びせられるという散々な目に遭い、その復讐を悪友のジャックにそそのかされて、「ヴァンパイアのコスプレをして彼を驚かす」という悪戯を敢行することになったのであるが……。
 Ⅰ 妄想の中の老人
2017年 01月 12日
 Ⅱ 悪戯の代償
2017年 01月 12日
 Ⅲ 老人の思い出
2017年 01月 12日
 Ⅳ 嘘から出た真実
2017年 01月 12日
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全271部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/15 23:34
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う

自他共に認める自動販売機マニアである彼は、交通事故から自動販売機を守って死んだ。 そこで人生を終える筈だった彼が目覚めたのは、自然豊かな湖畔だった。 何が起こっ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全270部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/12/18 12:00
↑ページトップへ