挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

詩集

作者:愁
遠くに行きたかったわけじゃなく
ただ ちょっと 離れてみたかっただけ
あなたが
探し出してくれる
追いかけて来てくれるだけの距離を
確かめたかっただけ


ふと 不安になった時
ふりかえり そして また止まっては
ふりかえり


少しずつ
広がって行く 距離が
いつ 止まれるか わかるまで


遠くに行きたいんじゃなく
少しだけ
遠くに行ってみたかった
ただ ちょっとだけ
今から 動くために




「幸せ」

幸せって簡単に壊れるのに
幸せを作るのは難しい

でも、小さな幸せ
自分で見つけて感じていけば
幸せも、簡単に作れるんだよ






「神様から与えられた時間」

生まれるとき、神様から時間を与えられる

それには期限があり

その期限が、生きていられる寿命

いわば、人生の時間

みんな、生まれた瞬間、その期限がいつまでなのか忘れてしまうの

だから、何のためにいきるのか?

何故、死ぬのか?

そうして、何を生きている時間で成すのか?

生きている間に、見つけないとならない



「さよなら」

悲しみを乗り越えて、ひとはつよくなるのかな

悲しみを乗り越えれず、悲しみに飲まれたら?

大きく育った悲しみは
どこへゆく、

いつか、この悲しみが、誰かの悲しみにかわるのだろうか?

悲しみは、旅をする。



突然悲しみに襲われた

この悲しみは、いつか去るのかな?

去って、誰かの悲しみに代わり

変わりに、あたしは、癒えるのだろうか?

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ