挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界コンサル株式会社(旧題:冒険者パーティーの経営を支援します!!) 作者:ダイスケ

第六章 チームを作って支援します

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

79/721

第79話 烏合の衆

翌朝、2等街区の新しい宿で、茶を飲みながら昨日の会議と、今後について考える。

それにしても、贅沢な宿だな、と感じる。
なにせ、2等街区の宿は、壁の漆喰からして違う。

それまで定宿にしていた3等街区の、不揃いで隙間のあるレンガと適当に修繕した板塀が混在する、地震が来たら一発で崩れそうな壁と違い、壁のレンガも見えないほど贅沢に、厚く白い漆喰が塗られている。天井も広く高く、圧迫感がない。

お茶を淹れるのに、お湯は注文するまでもなく出て来るし、給仕専門の女給もいる。

「あー・・・あたし、お祝い事以外で、白いパンって初めて食べる―・・・」

と、珍しく早起きして、朝食に同席したサラが白パンを食べながら言う。

このあたりの麦の種類は正確にはわからないが、二等街区で食えるのだから地場の小麦ではあるのだろう。
だいたい、雑穀混じりで色がわからなくなっているか、麦粥として食べていたので気がつかなかった。

麦の製粉には手間がかかる。水車小屋を利用して製粉する権利を持っているのは、領主もしくは貴族だけなので、わざわざ麦を持っていって粉に挽いてもらわなければならない。
当然、利用料という名の税金がかかる。
 麦を挽くのも一度ではない。二度挽き、三度挽き、とするたびに粒が細かくなり、雑味や不純物が取り除かれて品質があがっていく。
 このあたりの感覚は、日本酒の吟醸に近いかもしれない。

米食文化で育った自分には、そのあたりの良さ、というのがよくわからない。
一度、小石まじりの雑穀パンを食わされて、宿の親父とやり合ったぐらいだ。

俺は、もっちもっちと味わうように白いパンを食うサラを見ながら、注意した。

「この宿は、上品な客の宿なんだ。朝からエールとか頼むなよ」

「頼まないわよ!」

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

朝食後、サラが冒険者ギルドへツアー案内の駆け出しを捕まえに行ったあと、俺は宿で1人になって考える。

いくら上等な宿といっても、先日のようなことがあってはたまらない。
剣を近くに立てかけて、追加の茶をもらいつつ木版にメモをする。

ハッキリ言って、立ち上げたばかりの「冒険者靴販売製造チーム」は、バラバラだ。
烏合の衆と言ってもいい。

靴の製造で将来得られるであろう利益を人質に、俺という個人が、かろうじて二頭の暴れ馬の手綱を握っている状態だ。

チーム自体への忠誠など、欠片かけらもない。
この状態は長続きしないだろう。早晩、バラバラになり、チームは解体されるだろう。

組織やチームには、戦う理由、目標が必要である。
言い換えれば、組織のリーダーは、良い目標設定者でなければならない。

剣牙の兵団の運営が、いっとき迷走し、団員が不安を覚えたのも、団長ジルボア自身が目標を見失っていたせいである。

それが、俺との話し合いを通じ、この街で終わらない、大きな英雄を目指す、と自覚したおかげで、剣牙の兵団は活性化し、そして街を出ていくための力と準備を整えつつある。

そのことが「冒険者靴販売製造チーム」の将来運営のリスクになっているのは、皮肉と言うしかないが。

そして、俺は「冒険者靴販売製造チーム」に対し、良い目標を設定しなければならない。

自分が英雄なら「俺は国を手に入れる!」とか「世界から戦争をなくす!」とか「魔王を倒す!」などと言うのかもしれないが、生憎、俺は普通の人間だ。

何が適切な目標か。思考を進めて、結論を出す。

冒険者靴の発売キャンペーンを、大々的に張る。それに、チーム全員で取り組むのだ。

俺は計画を練り始めた。
ケンジ達が発売する冒険者用の靴の名称を募集いたします。
感想欄にいただけると嬉しいです。
連載を再開しています。宇宙ゴミ掃除をビジネスにする話  バナーは特設サイトです 

i252243/
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ