挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界コンサル株式会社(旧題:冒険者パーティーの経営を支援します!!) 作者:ダイスケ

第五章 靴作りをはじめます

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

59/721

第59話 覚悟を決める

結局、話もそこそこに剣牙の兵団から帰ることにした。

靴は開発中のサンプルということで、何とかスイベリーから返してもらった。

実は他にも剣牙の兵団と、いろいろと話し合う必要もあったのだが、
ジルボアの指摘の所為で大きく前提が崩れたため、
仕切りなおすことにしたのだ。

3等街区の宿に向かって歩きながら、誰か、相談相手が欲しい、
と痛切に思った。

この世界では、法律は強者の味方だ。特許など守られない。

技術や事業の秘密は、技術者や事業を丸ごと抱えて暴力と権力で守るのだ。

有望な事業は、大きな利権となる。
おそらく、事業の成長過程で猛烈な戦いがあるだろう。

商売上の戦いならまだいい。政治的な戦いも多いだろう。
ひょっとすると、誘拐や暗殺などの暗闘があるかもしれない。

冗談じゃない。

自分はただの、膝を悪くした元冒険者だ。
現代世界の知識は少しあるが、それだけの普通の人間なのだ。

自分は、ただ駆け出し冒険者達が最初の冒険で足が滑って不具になるのが
見ていられなかったから、靴を作っただけなのに。

ただ、楽に暮らしていけるだけの小銭があれば充分なのに。

冒険者用の靴を事業化して、育成するという自分には畑違いの利権など
他人に任せて売ってしまえ、とも考えた。

だが、自分でも心の底では判っていた。

この靴作りを他人に任せることはできない。

製造プロセスを分割して、原価管理をしたり、抜き取りの品質管理もできない
改善も知らない、この世界の連中には製造ラインを任せられない。

金に目が眩んだ素人しょうにんに任せれば、冒険者用の靴は
品質が下がって価格が上がり、駆け出し冒険者には手の届かない
高級品になることが目に見えている。

貴族えらいさんに任せれば、軍需品となり、一部の高位冒険者以外には、
目にすることもできない製品になるかもしれない。

以前、自分の作った冒険者靴の値段が大銅貨2枚だ、と自慢したときに、
サラが「欲しいけど高くて手が届かない」と溜息をついた光景が目に浮かぶ。

この靴を最も必要とする冒険者達かけだしの手に届けられないなら、
ここまで苦労して作った意味がない。

冒険者が履かずして、何のための冒険者の靴だろう。

とにかく、1年間だ。

最初の1年間は自分が隅から隅まで監督する。

職人の手配から、靴紐の種類、縫い針の選定まで自分が責任を持って
事業を軌道に乗せる。

そのために必要なことは、借金でも貴族との交渉でも暗殺者との戦いでも、
全てやる。

そう、ケンジは覚悟を固めたのだった。
連載を再開しています。宇宙ゴミ掃除をビジネスにする話  バナーは特設サイトです 

i252243/
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ