挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界コンサル株式会社(旧題:冒険者パーティーの経営を支援します!!) 作者:ダイスケ

第三章 一流冒険者の支援をします

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

38/721

第38話 今後はどうするか

「それで、今後についてだが・・・俺も少し計画を立てるのに
 時間が欲しい。」

「当然だな。とりあえず、ここまでの報酬を払おう。」ジルボアは頷く。

「いや、金銭かねは要らない。」実際、目先の金に困ってるわけではないのだ。
欲しいのは、もっと別のものだ。


「今、俺は冒険者向けの靴を作ってる。
 丈夫で、疲れにくくて、滑りにくい、画期的なやつだ。
 そいつを、お前さんのところで使ってもらいたい。
 そして、剣牙の兵団の意匠が決まったら、
 それを使わせてもらいたい。」

「ふうん・・・?まあ、俺達にとって損はない話のようだが。
 パトロンの一種なのか?貴族みたいなことするんだな。
 面白そうだから、できあがったら俺にも一足くれ。」

 貴族の中には、自家の名声を高めるため、
 高名な冒険者を支援する者もいる。
 たしかに、表面的には似たようなものに見えるかもしれない。

「あとは、口の堅い革細工職人がいれば教えてほしい。
 靴の作り方には秘密が多くてな、信用できる職人の伝手が欲しいんだ。
 3等街区の職人だと、金銭かねで転びそうな奴が多くて困ってる。」

「うちは貴族も含めた口が堅くないとやってられない取引も多いからな。
 わかった。それでいいなら紹介しよう。」

「よし、契約成立だ。近いうちに、また来る。」

 これで、伝説の男との話し合いは、一旦終わりとなった。
 俺は契約を手に入れ、剣牙の兵団は今後の方針を手に入れた。

 これからは、剣牙の兵団に変化を起こすため、じっくりと
 付き合っていくことになるだろう。

 ジルボアと握手して別れると、3等街区の宿まで
 スイベリーが送ってくれるという。

 何か言いたいことがありそうだったので、
 黙ってついて行くことにした。

 しばらく無言で歩いていたが、スイベリーがポツリと漏らした。

「お前、剣牙の兵団うちに来る気はないか?」

 それは冒険者なら誰もが憧れる一流クランへの勧誘だった。

「俺は、膝が悪くて引退したんでね。戦えない奴は不要だろ。」

 買ってくれるのは嬉しいが、クランの事務所や団員達を見た後では、
 どうしても二の足を踏んでしまう。
 あの脳筋集団で、俺のようなロートルがやっていけるとは、
 とても思えない。

 だが、返事に構わずスイベリーは続けた。

「俺には学がねえ。今日、お前の話を聞いて、つくづく思った。
 俺は、団長シェフについて行って、団員なかまと一緒に盾を掲げて
 剣を触れれば満足な人間だ。

「団員も、俺と大差はねえ。腕は立つが、それだけだ。
 剣牙の兵団を大きくしようと思ったら、頭が使える人間が必要だ。

 俺はこれまで、頭がいい人間ってのは、口先が上手くて
 信用ならねえと思ってた。

 だが、うまい言い方はできねえが、お前の頭の使い方は
 俺みたいな学のない人間にもわかりやすくて、ためになるように、
 考えてくれてるのがわかるんだ。」

 思いもよらぬ、雄弁な勧誘だった。

 だから、考えておいてくれ、というスイベリーの言葉に、
 真剣に検討することを約束した。
連載を再開しています。宇宙ゴミ掃除をビジネスにする話  バナーは特設サイトです 

i252243/
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ