挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界コンサル株式会社(旧題:冒険者パーティーの経営を支援します!!) 作者:ダイスケ

第三章 一流冒険者の支援をします

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

36/721

第36話 組織を変えるには

 数十秒の緊張に満ちた沈黙の後、ジルボアは口を開いた。

「・・・ケンジの提案は、ひどく魅力的だ。
 だが、俺達にやり切れるものだろうか?」

「簡単にとは言わない。だが、団長あんたが諦めない限り、
 必ずできるとも。」

 俺は請け合う。
 ジルボアのような男でさえ、変化を怖れるのか。
 それとも新しいビジョンに目が眩んで、踏み出しかねているのか。

 組織のリーダーの孤独は理解できる。
 剣牙の兵団の長ともなれば、俺には想像もできない
 しがらみも多いのだろう。

 それでも、剣牙の兵団には、トップクランとして
 冒険者達の先頭を走って欲しかった。
 それは現状に不安を抱いていた兵団のメンバー達も同じ思いだったろう。

「自分は、ケンジの提案ビジョンを支持します。」

 スイベリーは言った。、

「自分は学がないんで、正直、内容の半分もわかってないかもしれません。
 ただ、貴族の連中に使い走りされる現状を変えられるなら何でもします。

 それに、俺たちは剣牙の兵団です。
 もっと強い敵と戦って、もっと強くなりたいんです。」

 それで、ジルボアの腹は固まったようだった。

「ケンジ、お前なら、どうやって進めるかについても、
 何か考えはあるのだろう?」

 俺は頷く。

「ああ。だが、時間はかけた方がいいだろう。
 あんたの腹が決まったのなら焦る話でもない。」
 組織の方向性を決めて、それをどのように浸透させるか。

 物語なら、リーダーが格好良く宣言すれば団員達はついてくる。
 だが、現実では、そうはいかない。

 リーダーが変われば組織は変わる。しかし、変化には摩擦が伴う。
 摩擦が大きすぎれば、組織は割れる。

 ジルボアの理解力は大したものだが、
 団員達を、その水準で測ってはならない。

 組織を方向転換させるためには、徹底したビジョンの共有と
 全員が理解するだけの時間と手段が必要なのだ。   

 理想的な組織の方向転換とは、ある日、急激に変わることではない。
 小さな変化を積み重ね、気が付いたら大きく変化していた、
 というのが望ましい。

 小さな変化を、どうやって作り出すか。
 このディテールが支援の腕の見せ所だ。
連載を再開しています。宇宙ゴミ掃除をビジネスにする話  バナーは特設サイトです 

i252243/
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ