挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界コンサル株式会社(旧題:冒険者パーティーの経営を支援します!!) 作者:ダイスケ

第三章 一流冒険者の支援をします

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

32/721

第32話 道の先には

 現代世界では偉いさんへの営業プレゼンは散々やったんだ。
 それに、剣牙の兵団をどうするか、確固としたイメージはある。

 俺は口を開いた。

「結論から言うと、剣牙の兵団はもっと強くなるべきだ。」

 と言うと、ジルボアもスイバリーも意表を突かれた顔をした。

 わかるよ、この不利な状況で如何に低コストで戦闘力を保つように
 するのか、そういうコストカット的な話をされると思ったんだろう?

 新人冒険者かけだし達には、それを指導してきたわけだからな。
 スイバリーも、そのあたりの評判を聞いて俺に接触してきたのだろう。

 だが、剣牙の兵団のようなトップクランが、そんな方針をとったらダメだ。
 これまで育成してきた戦闘力、という掛け替えのない価値が死んでしまう。

「あんた達は、この街近郊で活躍するには、強くなり過ぎた。
 だから、もっと広い地域で活躍できるようになるべきだ。

 別の地域なら、あんた達の望む広い土地、強く打倒すべき敵、
 戦うべき戦場があるだろう。

 そのためには、もっと強くなる必要がある。」

 この世界では怪物モンスターの脅威があるため、街は、
 そのまま都市国家としての性格を強く持っている。

 冒険者も大抵は都市に所属して生きているものだ。

 別の地域に行くとは、元の世界では別の国家に所属しろ、
 という意見に等しい。

 そうかもしれないが、そんなことは可能なのか?という意見でもある。

「それができれば苦労はしない。1人の冒険者なら別の街でも
 仕事ができるかもしれんが、
 俺達の規模になれば、そう簡単に、拠点を移して仕事はできん。
 それに、俺達を支援している貴族達との付き合いもある。
 それを放り捨てていくわけにはいかんのだ。」

 スイバリーが顔をしかめて、それは机上の空論だという。

 俺も机上の空論は嫌いだ。だから言う。

「違う。剣牙の兵団が移動するんじゃない。別の街に来てもらうのさ。」          
連載を再開しています。宇宙ゴミ掃除をビジネスにする話  バナーは特設サイトです 

i252243/
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ