挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界コンサル株式会社(旧題:冒険者パーティーの経営を支援します!!) 作者:ダイスケ

第十九章 研究者と協力して冒険者を支援します

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

300/721

第299話 護衛の理由

「なかなか愉快そうな御仁じゃないか。ベルトルド男爵という貴族様の名前は知っていたが、そういった人となりだとはな」

おそるおそる護衛の依頼を切り出すと、ジルボアは思いの外、上機嫌で引き受けてくれた。
聞けば、剣牙の兵団で有翼獣グリフォンを仕留めた際に、素材を高値で買い取ってくれた貴族の一人として取引があったのだという。
言われてみれば、あのアトリエに有翼獣らしき羽や素材が積まれていたような、素描の中にそれらしき姿絵があったような気がする。

「それに、ゴブリン討伐か。何とも懐かしい。最近の相手は大物ばかりでな。骨休めにはちょうどいいかもしれないな」

剣牙の兵団も人数が順調に増えている。ジルボアも剣だけを振っていればいい立場ではなくなり、多少のストレスが溜まっているかもしれない。

「前回の依頼は、亜龍の討伐の遠征でな。戦いそのものよりも、山道に難儀したよ」

ちょっと待て。今、なんて言った?

「りゅう、って言ったか?」

「亜龍だよ。空を飛んで炎を吐くような伝説級の怪物じゃない。言ってみれば、ひたすらに大きいトカゲだ。家ぐらいのサイズで、岩に紛れて襲いかかってくる上に体表の鱗が固くてな。首を落とすのに苦労した」

「なんていうか、呆れるな・・・」

話から察するに、首を落としたのはジルボア本人なのだろう。
家のサイズのトカゲの首を落とすとか、こいつは人間だろうか。
一歩引いて組織の運営に注力するどころか、今だに最前線で剣を振るっているらしい。

「実際、守護の靴は役立っているぞ。岩場で滑らず踏みとどまれる、というのはやはり大きいな。踏ん張れるから、攻撃を受け止める剣盾兵の連中の怪我も、随分減っている。前にも言ったが、お前の靴に投資したのは、我ながらいい勘をしていたな」

「勘、ね」

「そう、勘だ。その勘によれば、ベルトルド男爵の件は、なかなか興味深いことになりそうだ。それと、ケンジが配ろうとしている冊子とやらもな」

ジルボアの勘を疑うつもりはないが、冊子については買い被りに思える。

「俺が作ろうとしている冊子は、どちらかと言えば駆け出し冒険者連中のためのものだ。剣牙の兵団のような一流クランには、あまり関係ないと思うがね」

そう否定したのだが、ジルボアはにやりと笑って言った。

「ケンジが守護の靴を持ってきた時の話を思い出すな。あの時もお前は、駆け出し冒険者のために大銅貨で帰る靴を作りたい、とだけ言っていたな。あの時、俺がなんと言ったか憶えているか?あれからどうなった?俺とお前、どちらの勘が正しかった?」

それを言われてしまうと、俺も苦笑いを返すしかない。
駆け出し冒険者へのアドバイスで暮らしていた俺は、たまたま依頼のあった剣牙の兵団の事務所で試作品の守護の靴を見せて、ジルボアに無知を指摘されたのだ。
あれから紆余曲折はありつつも、靴の製造は事業として立ち上がり、何とかやってこれたのにはジルボアの後ろ盾が大いに力になっていることは否めない。

「まあ、そういうことだ。ベルトルド男爵の護衛は、剣牙の兵団に任せてもらおうか」、

そういって、ジルボアは愉快そうに笑った。
明日も18:00と22:00に更新します
連載を再開しています。宇宙ゴミ掃除をビジネスにする話  バナーは特設サイトです 

i252243/
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ