挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界コンサル株式会社(旧題:冒険者パーティーの経営を支援します!!) 作者:ダイスケ

第十五章 事業を拡大して冒険者を支援します:危機管理編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

236/721

第235話 見えない手

その日も、剣牙の兵団まで警備の相談に行った後、会社に戻る途中の2等街区と3等街区を結ぶ人通りの多い道で、俺は、ふと足を止めた。
隣を歩いていたサラが、俺の顔を覗き込んで尋ねる。

「どうしたの?」

そう聞かれたので、俺は答えた。

「ちょっと用事を思い出したんでね、少し寄って行くよ」

「ふうん。どこに行くの?」

「ああ、ちょっとそこまでだから、大丈夫だよ」

俺が答えると、サラが少し離れた位置で護衛をしているキリクに声をかける。

「ちょっと待ってね。キリク!ケンジが出かけるから準備して!」

サラの奴、何だか大袈裟だな。俺があまりに心配させ過ぎたからだろうか?
ちょっとそこまで行くだけなのに。

「いや、ちょっとそこまでだから、1人で大丈夫だよ」

そう言って、たしなめたのだが、サラは納得しない。

「だって、1人で出かけたら危ないでしょ?自分でも、1人で行動したら絶対にダメって言ってたじゃない」

サラが、今日は妙に頑固だ。心配することなど、ないというのに。

「そうだっけ?まあ、だけど大丈夫だよ」

俺は辛抱強くサラをなだめた。
だが、それでもサラは考えを変えずに、俺を問い詰める。

「なにが大丈夫なの?どこに行くつもりのなの?」

「いや、だからその・・・」

と説明しかけて、俺は自分でどこに行こうとしていたのか、わからないことに気がついた。

「ええと・・・」

なんだ、これ。なにが起きている?
俺は、何をしようとしていたんだ?

俺の様子が妙なことに気がついたのか、サラが護衛のキリクを呼んだ。

「キリク!警戒して!ケンジ、事務所に戻るわよ。走れる?」

「あ、ああ。問題ない」

昼日中の街中で、人通りも多いのだが、キリクとサラは剣を抜いて、俺を挟むようにして小走りに走り出した。

会社までの道のりは、ほんの数分だったのかもしれないが、半時間は走り通しだったように、俺は汗だくになって会社の事務所に駆け込んだ。

「全員、警戒して!魔術師よ!」

サラが、叫んだ。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

それから、会社は大騒ぎになった。
全ての窓と出入口を閉じ、職人達は事務所と工房の中を棒で叩いて回った。
剣牙の兵団から来た護衛達は、交代要員も起き出して、2人が外で、2人が中で警備をしている。

俺はドアが閉じられた事務所の奥で椅子に座らされて、サラとキリクから尋問された。

「それで、何があったの?」

そう聞かれても、答えようがない。

「いや、俺にも何がなんだか。別に何もなかった、としか思えないんだ」

「だけど、あなた変だったわよ?」

サラは追及するが、俺も言葉にしようがない。

「そう言われると、そうなんだが・・・」

キリクは珍しく肩を落としていた。

「俺の責任だ。おそらく人混みの中で魔術を使われたんだ。それに気がつかなかった」

確かに護衛としての責任を言えば、そうだろう。
もし使われた魔術が致死性のものであれば、俺は今頃死んでいた。
だから、単純に慰めることはできない。

「まあな。だが、俺も甘かった。まさか、昼日中に堂々と襲撃してくるとは・・・」

思っていたよりも相手は本気で、仕掛けも早かった。そういうことだ。

「それにしても、その、魔術師は何をするつもりだったのかしら?」

サラが疑問を投げかける。

「とにかく、俺を動かして1人になる状況を作りたかったんだろう。俺を1人にしてしまえば、殺すなり、誘拐するなり生殺与奪も思いのままだと思ったんじゃないか。死体も出ないし、証拠は残らない。逆に、俺が自分でいなくなった、という証拠は残る。誘拐された、と主張しても相手にされないだろう。うまく考えたものさ」

俺は、どことなく他人事のような気持ちで、推量してみせた。
ついさっき、誘拐され死にそうになったのだが、まるで実感が湧かないせいか、恐怖はなかった。

「だって・・・死ぬところだったのよ!それも、どこに消えたのかもわからないように!許せない!」

サラは唇を噛んで、青い顔で震えていた。
本日は18:00にも更新します
連載を再開しています。宇宙ゴミ掃除をビジネスにする話  バナーは特設サイトです 

i252243/
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ