挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界コンサル株式会社(旧題:冒険者パーティーの経営を支援します!!) 作者:ダイスケ

第十五章 事業を拡大して冒険者を支援します:危機管理編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

235/721

第234話 訓練

とりあえず、革通りの面々に働きかけるのは明日の朝に回すこととして、その夜は工房の各所に即席の鳴子をとりつけ、剣牙の兵団の新しい護衛に入口で歩哨をしてもらうことで警備を強化した。

サラに大丈夫だ、とは言ったものの実際は緊張していたのだろうか。
どうにも目が冴えて眠れずにいると、隣で寝ているはずのサラが話しかけてきた。

「・・・眠れないの?」

隠しても仕方がないので「ああ」と答えると

「大丈夫。みんな、ケンジのために頑張ってくれるから」

そう言って、そっと右手を包むように両手で握ってきた。

理屈の上では、俺のためにというより、俺が作り出した商売のため、仕組みのため、自分のために頑張ってくれている方が組織としては正しい姿なのだが、それでも、俺個人のために頑張ってくれている人間がいるのは嬉しい。例えば、サラのように。

「ああ、そうだな」

そう言って、手を握り返す。

サラの手は、最近は冒険に出なくなったせいか随分とやわらかくなっていた。
その柔らかさを感じているうちに、緊張が解れたのか朝までしっかりと眠ることができた。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

翌朝から、革通りに立ち並ぶ他所の工房を回って、怪しげな痩せた身なりの良い男が来た際に知らせてもらう旨の約束を取り付けた。通報が事実であった場合には幾ばくかの謝礼を出すことにしたので、それなりに必死に探してくれるハズだ。

同様に、会社の職人達にも、怪しげな魔術が使われる可能性についても共有する。
昨日の枢機卿の靴を作る危険性について説いたのが余程に効いたのか、職人達も気を付けることを約束してくれた。
特に即席の鳴子がなった際の対応については、工房の各所に背の高さぐらいの棒を置き、対応を徹底させた。
鳴子が鳴ったら、その方向を見ること、そこで誰もいなければ棒を振り回すこと、なにか手応えを感じたら剣牙の兵団の護衛に知らせること、である。

滑稽に見えるかもしれないが、一緒に身体を動かして訓練もする。
鳴子を鳴らし、棒を取り上げて振り回す。そして大声をあげて警告する。
この一連の動作を、全員に体験してもらう。
こうしたことは、実際に身体を動かさないと、何か合った時に反射的に動けないものだ。
それに、訓練は職人達の間に安心感をもたらす効果もあった。
実際に対策が有効かどうかはわからないが、どうすべきか知っている、というだけで人間は安心するものだ。

へっぴり腰で棒を振り回す職人の姿を、残りの職人が囃し立てる一幕もあったが、青い顔をして黙り込んでいるよりもずっといい。

「いいか、とりあえず棒を振り回して当てるまででいいんだ。実際の危ないことは、腕利きの本職がいるから、彼らに任せるんだ。いいな」

そうやって、強い味方が工房にいる、と説くことも忘れない。彼らも、剣牙の兵団が身に着けた鎧や剣、そして鍛えられた風格を見て安心感がでてきたようだ。

「なんか、昨日はおっかねえ、おっかねえ、と思ってたけど、何とかなりそうな気がしてきたな」

「ああ、見ろよ、あの腕っぷし。なんつうか、さすが剣牙の兵団って感じだよな」

「うちの姉ちゃんとか、よく閲兵式を見に行ってるらしい。団長さんが、格好いいんだってよ」

やはり護衛は見た目の押し出しも大事だ。大柄な体と、鍛えられた外見はそれだけで威圧感と安心感がある。
剣牙の兵団に追加の護衛を派遣してもらったことは、職人達を安心させるために良い材料となっているようだ。

そうして何事も起こらないまま、数日が過ぎた。
明日も12:00と18:00に更新します
連載を再開しています。宇宙ゴミ掃除をビジネスにする話  バナーは特設サイトです 

i252243/
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ