挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界コンサル株式会社(旧題:冒険者パーティーの経営を支援します!!) 作者:ダイスケ

第二章 人でなくモノを売って支援します

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/721

第12話 新しい商売の理由

その日も宿の一角を占領して、ツアー案内の合間に書き物をしているとサラが入ってきた。

「はーい、予約票持ってきたよ!って何それ!魔法書!?」

「いや、案内者の記録台帳と覚書メモ。」

「はー・・・何十枚あんの、それ?羊皮紙って高いんでしょ?」

確かに、その日暮らしの冒険者に羊皮紙は無用の長物だろう。
大抵のことは覚えておけばいいし、識字率が低いせいもあるだろうがこの世界の連中は驚くほど記憶力はいい。

「まあ、植物紙に比べたら、そこまででもない。癖でね。気になるから集計してたんだ。」

「何が気になるの?」

「まあ、いろいろだよ。
 1日に何人の冒険者を案内したのか。
  案内した冒険者のうち、無事に帰ってきた連中が何人か。
  無事に帰ってきた連中で、もう一度サービスを利用したのが何人か・・・」

「何でそんなこと気にするの?」

「そりゃあ、今の商売の満足度を測るためと、
 あとは新しい商売を考えるためだな。」

「新しい商売?こんなに流行ってるのに?」    

サラは目を見開いて驚きの声をあげた。

まあ、普通に考えたらそうだろうな。

「あのな、俺が気になるのはここだ。無事に帰ってこなかった連中のことだ。
 こいつらはどうなると思う?

 大変はかすり傷だ。

 だが、大きな傷を負ったり、手当てが悪くて手足を切り落とす奴らも多い。そうして、一生を不具者として生きるんだ。

 俺は、こいつらを何とかしてやりたい。」

サラは意外なもの見るような眼で俺を見つめていた。
連載を再開しています。宇宙ゴミ掃除をビジネスにする話  バナーは特設サイトです 

i252243/
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ