挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界コンサル株式会社(旧題:冒険者パーティーの経営を支援します!!) 作者:ダイスケ

第八章 事業を通じて冒険者を支援します

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

109/721

第108話 金がない

貴族様への謁見騒ぎも終わり、ようやく穏やかな日常が戻ってきた。

これで事業の展開にまい進できる。
そう思っていたのだが・・・

「どうしたの?ケンジ」

「金がない」

俺は帳簿を睨みながら答えた。
いくら睨んでも帳簿の数字は増えたりしないが。

「ええ?だってこないだまで、すごい儲かってたじゃない!お貴族様の注文とか一杯受けたし!」

そう。たしかに受けた。そして儲かった。
だが、その利益も今回の騒動と対策で、ほとんど使い果たしてしまった。
おまけに工房は停止していたから、すぐに金が入る当てもない。

「ど、どうするの?あ、ええと靴の権利ってやつを売ればいいんじゃないの?」

「それも一つの方法だな」

「ええと、あと、ジルボアさんか、スイベリーさんのお義父さんに借りるとか」

「その方法もあるな」

だから、別に倒産したりはしないのだが、本当に腹が立つ。
あの、うすい顔をしたロロの奴がちょっかいさえかけてこなければ、こんなことにはならなかったのに・・・。

と、そこまで思いついたとことで、ちょっとした悪戯を思いつく。

「サラ、剣牙の兵団まで行くぞ」

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

俺の計画を聞いて、真っ先に立ち上がったのはスイベリーだった。

「面白い。自分は乗ってもいいと思います」

ジルボアは黙考している。
計画のリスクとリターンを天秤にかけているのだろう。

正直、俺からすると剣牙の兵団のリターンは少ないと思う。
だから、スイベリーが乗ってきたのが意外ではあった。

「それで、事前情報はこの通りなのか」

俺が集めていた情報を元に立てた計画なので、確認したいのは当然だろう。
だが、俺だってこの情報のためには随分と金を使った。自信はある。

「ね・・・ねえ、これって大丈夫なの?」

と、サラが心配そうに聞く。まあ、普通の冒険者なら、そう思うわな。
だが、心配するサラとは別に、周囲の剣牙の兵団の団員達は、盛り上がっていた。

俺は立ち上がって叫ぶ。

「ようし、それじゃあ一緒に売り込みにいこうぜ!」


◇ ◇ ◇ ◇ ◇

夜明けの街を、男達が進む。

周囲はまだ薄明りがさして来たところなので、詳細はわからない。
人数は20人前後だろうか。
その一人一人が逞しく、大柄で、よく使い込まれた鎧と、黒光りする靴、そして斧槍やクロスボウなどの大型の武器を装備し、ガチャリガチャリと歩いていく。

その集団は、2等街区にある大きな邸宅の前まで来ると、よく訓練された様子でぴたりと停止する。
1人の男が進み出て、大声で屋敷をあげる。

「ロロさまーーーーっ!!靴を売りにまいりましたーーーーっ!!」

「「「靴を売りに来たぞ―――――――っ!!」」

大勢の武装した男たちが唱和し、足を踏み鳴らす。

静まり返っていた邸宅は、途端にパニックになり、門の警備兵が転がるように走ってきた。

「な、なにごとですか!こんな夜明けに!」

俺は進み出て答える。

「先日、お城で約束しましてね。靴を売りに来たんですよ」

「「「靴を売りにきたんだ、とおせ!!とおせ!!」」

面白がって、団員達が武器を盾にガンガンとたたきつけ、足を踏み鳴らす。
クロスボウを振り回すものもいる。

警備の兵は「ひ、ひぃ」と慌てて逃げ出し、屋敷の中へ入っていった。

「通っていいってよ!よし、行くぞ!」

「「「おう!」」」

夜明けの時間帯に、2等街区の警備兵がこの地区を回らないことは予め調べてある。一応、賄賂も送っておいた。

剣牙の兵団の遠征は朝早く出発することも多いから、武装して街を歩いても怪しまれない。
それに、これはただの営業である。剣牙の兵団が遠征に行く際に同行し、ちょっと立ち寄ってもらっただけなのだ。何も疾しいことはない。

屋敷の中を、奥へ奥へと進み続ける俺と兵団達。それを止めようとする使用人はいない。
主人の人望がわかるというものだ。

そこそこの地位にあるはずのロロが2等街区に屋敷を構えている理由が、それだ。
ロロは貴族の中では嫌われ者なのだ。
出身階級が低く、能力はあるが冷遇されていることに反発し、裏金を稼ぎ、賄賂を贈り、脅迫し、上流に食い込もうとしている貴族階級の鼻つまみ者。それが、俺が調査したロロの実相だった。

こんな奴と組んでは、俺まで貴族階級の敵に回ってしまう。
それに、貸しをシッカリと取り立てるのは、商売の基本だ。
剣牙の兵団も、今回の嫌がらせに対抗しないと、舐められて今後の商売に差し支える。

それで、今回の早朝の押しかけ営業となったわけだ。


無人の廊下を進み、奥まった部屋の、一際造りが立派なドアをガチャリと開ける。

すると、大慌てで服を着こんだのか、衣装と頭髪が乱れた、うすい顔の男がいた。

「おや、そこにおいででしたか。ロロ様。剣牙の兵団が靴を売りに参りましたよ」

「「「おおっ!!」」

武装した20人の男たちが一斉に床を踏み鳴らし、武器を盾にガンガンと叩きつけた。

ロロは、真っ青になって口をパクパクと開閉し、言葉がでないようだった。
本日は22:00にも投稿します。
トップページの「今日の一冊」にて本作が紹介されております。
よろしければご覧ください。
(この文章は次の本が紹介されるまで約1週間、続けさせていただきます)
連載を再開しています。宇宙ゴミ掃除をビジネスにする話  バナーは特設サイトです 

i252243/
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ