挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界に来たけど戦いません。 作者:カッパ永久寺

北の荒城編

57/102

エピローグ:兵どもが夢の跡

 ひとまず俺たちは、倒した二人の魔女を拘束した。
 二人を仲よく一つの縄で束ねて拘束しておいた。
「は、離せ! せめてとなりのやつと離して縛ってくれ!」
「そうだ! こんな負け犬と一緒なんか嫌だ!」
「そっちも負け犬じゃないか!」
 二人は終始いがみ合い、睨み合っていた。
「プルー、お前がサバト様の魔王復活の仕事を引き受けなかったからこうなったんだぞ!」
「魔王復活の仕事なんか聞いてないぞ!」
「だからそれは伝書鳩で届けたではないか!」
「だからそんなものもらってない!」
 としょうもないことで言いあう。そのしょうもないことによって俺たちは命の危機に瀕したのだが。
「大方、伝書鳩がどこかで不時着したとか、そういうオチじゃないのか?」
 俺が言いあう二人に対しつぶやいてみた。
「そ、そうだ! たぶんそうだ! リュミエル! おまえの伝書鳩、老衰でもしていたんじゃないのか!」
「何を言うか! そんな伝書鳩で大切なサバト様の伝言を届けるわけがない! 私の血統書付きのハトちゃんを愚弄するのか!」
「何をおおおおお!」
「まーいいじゃないか。プルー、ぼっちのお前に友達ができたことだし」
「こ、こんなやつと友達になった覚えはない!」リュミエルが叫んだ。
 そんな不毛な争いを、ずっと見ておくのも飽きたので、俺たちは偽の北の荒城を後にした。
 北の荒城より北にある、丘へと登る。
 丘を登っていると、ちょうど東の空から日がのぼってきた。
「うわあー! なかなかいい眺めじゃないですか! まるでオープンワールドのゲームをしているようです!」
 その比喩はなんかおかしくないか、と突っ込みはせず、俺もユーカと共に朝日を眺める。
「ユーカ」
「ん? なんですか先輩」
「お前にはずっと言ってなかったな。あの事件の話のことを」
「先輩……」
 俺が小学6年のときに巻き込まれた拉致事件。
 その凄惨なる事件について、ユーカには何も言っていなかった。
 なにも、言う必要がないと思っていた。
 だが、今は事情が違う。この世界は、もしかしたら“あの男”のことが関係しているのかもしれないから。
 俺の前に『コロビ』の幽霊が現れた。コロビはあの事件で死んだ人間だ。もしかしたら、俺たちをここへ引っ張ってきた人間も“あの事件”にかかわりのある人間かもしれない。
「ちょうどいい機会だから、あの事件のことを話してやる。あの『笛吹き男事件【パイドパイパー】』のことをな」
 朝日はすでに山際を越えていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ